2013年1月6日日曜日

由布院 岩下コレクション#3




 ここから3台はキャブトン。


 排気の取り出しの上に立ったフィンがかわいい。


 ヘッドライトは横ヒンジで開くタイプかぁ。


 シルエットが凄く低い。ダートトラッカーみたいやわ。。。。当時の道路事情からいって、このくらい抑えこみのきく車体やないと辛かったんかなぁ。


 こちらも低い姿勢。


 最低地上高もかなり低い・・・・・


 シフトの玉に入れた赤線は何なんやろかなぁ。


 ヘッドライトのレンズも自製。


 渋いガーターにはフリクションダンパーもついてるなぁ。


 肩ハブのドラム。シューの幅はかなり狭い。


 これはだいぶん英国車を意識してるなぁ。


 ヘッドライトを高く上げるのは車格を大きく見せるためだとか・・・・・・・


 グリップがエラいことになってる・・・・・随分短めの鉄板折り曲げレバー。


 ドラムには冷却フィンが・・・・・


 鉄アウターのフォーク。この形状はええなぁ。大げさなバンパーがついてるけど、そらコケて壊したら大変やもんね。

 タイヤの減り方からしても、かなり走ってたんやろなぁ。




 ウェルビー・・・綺麗にレストアされてるけど・・・・色が・・・・・


 おもしろい造形のエンヂン。


 サイドバルブかぁ。


 ややボルトオンなフレーム。これの再生は大変やったやろなぁ。


 いい車両が荷箱に載ってる。。。。


  そしてなぜかスズキのCCI坊や・・・・・


 相変わらず不気味なマツダ・・・・・・


 デフが驚くほどデカい。シャフトは中空やなくて無垢やから細い。


 スイッチ類はシャープで美しいのになぁ。


 ブラケット類はごっついリベット締め。


 ヘッドライトはダットサンやわ。。。。。。


 コイツは頭でっかちやからなぁ。。。。。ネックを寝かしてもうちょい大径のホイールにしたらカッコよくなるかなぁ。。。。。


0 件のコメント:

コメントを投稿