2019年2月18日月曜日

XL883R。


みなさまごきげんよう。


今回はこちらの2002年式883Rのイメージチェンジ作業を承りまして

とは言えども、オーナー様より暖かくなってからの仕上がりでも良いと仰って頂いており

そのお言葉に甘えさせて頂き、長期入庫となっております。


元はこのような車両ですが既に色々と改造されておりまして


黒エンジンに合わせるように黒いパーツで構成されていて

ワークスカラーとのコントラストもよろしい感じですが

もうちょっと大人っぽく、尚且つ地味に他と違うというか

マニア好みな感じに外装チェンジすると共に、消耗品をリフレッシュしていきます。


この潤んだ瞳のようなLEDヘッドライトと、ビキニカウルは生かす方向で


先ず、キャブ周りの変更からいってみたいと思います。

RSDの大きなファンネルが張り出していますが


ブリーザー一体型のワンスロートキャブカバーキットに変更しまして。


純正のガソリンタンクは旧型のスポーツスタータンクに変更して

オールドスクールな物と現代的な物をミックスした

ちょっとマッチョな古いスポーツスターというテーマで進めていきます。

が、小ぶりなスポタンでは容量が少なく不安です。

と、なると幅の広いキングスポタンといきたいところですが


オーナー様はタンクとシートの繋がりを気にされておりましたので

横幅だけでなく長さも長い、

つまり小ぶりなスポタンを拡大した形状の95年式純正のタンクを用意しまして


このタンクは容量とスポタンならではの形状を併せ持っているので

今回のようなコンセプトにはバッチリな感じで

しかもデッドストックの新品でちょっと奮発しましたが

エボスポ好きだけがわかる仕様といったところです。


キャブカバーの張り出しがかなり減って

丸みが無くなったタンクと同じく角ばったキャブカバーがよく似合っております。


シートとの繋がりもだいぶ埋まりまして良い感じであります( ´∀`)


因みに、ネックにキーシリンダーが移動したモデルですと

タンクとコイルのクリアランスを稼ぐとキーシリンダーが干渉してしまいますが

シリンダーカバーを加工しましてギリギリまで前に寄せる事で

キーシリンダーの移設を行わずにタンク換装できまして

シリンダー移設でハーネスをいじらずに済むのでお財布に優しいです。


そして高年式スポーツは21インチホイールのモデルとフェンダーを共用する事から

19インチモデルはフェンダーとタイヤの隙間がデカくて気になりますので


純正フェンダーをチョップしまして脚を短くすると


フェンダーとタイヤのクリアランスがピチピチになって素敵です。

Chopperの場合はフェンダー自体装着しなかったりしますが

今回のようなスタイルの場合は

ここの隙間がピチピチの方が格好よろしいと思います( ´∀`)


テールランプはちょっと小型化したい事もあってデュオテールに変更しまして。

フェンダーにテールランプ用の大穴が空いている年式の場合

最小限の加工と溶接にて、ご覧のようにオリジナルペイントを焼いてしまわず

スマートに取り付ける事が可能です。

今回の場合はどうせ塗り替えてしまうのですが( ´∀`)

因みに、このテールランプは裏に凸部があるので

結構フェンダーを加工しなければならず、装着は意外と面倒だったりします。

どちらかと言うと、高年式よりテールランプ裏に大穴が開いていない年代の方が

製作物が無い分少しだけ楽な感じです。


さらに、ポジション関係も修正していきまして

ハンドルバーがオーナー様の体格に対して少し遠い感じで

走行時にお尻が後ろにズレると仰られておりました。

つまりちょっと前に座っているという事で、ハンドルを少し手前に引いてあげることで

安定した位置に乗車してもらおうという作戦です。

このハンドル、見た目は純正ハンドルですが、グリップ部分が手前に絞られている

キジマのXLXスタイルバーという製品で

純正スタイルを崩さずにポジション変更したい場合、非常に役立ちます( ´∀`)

長らくお待たせしてしまいオーナー様には大変申し訳ないのですが

暖かくなったら心機一転気持ちよく走って頂けるように作業を進めていきます。

それでは一先ずごきげんよう。





2019年2月16日土曜日

HOT ROD CUSTOM SHOW 2018 #37LAST





物販ブースも結構ウロついてきましたが、混みようが凄くて写真どころではありませんで

人ひと人!で皆さんお買い物に勤しんでおられまして

まぁ邪魔しないように徘徊しておりましたが

バイクの骨を展示しているブースがありまして


いやはやスゲーです。


まぁ現地でポンと買うような事はないかもしれませんが

実物を見せれるのはメリットですね。


レプリカフフレームといえども胸を張れるクオリティならば無問題かと。


あらゆる面でフレームは大事ですからねぇ。


レプリカとか言うと聞こえが悪いかもしれませんが

フレームを大幅に改造している私に言わせてもらえば

良いように作り直したフレームと捉えればよろしいかと思います。


勿論、純正レプリカにせよ改造にせよ良くないものもあるので

まぁ如何なるスタンスで造るかっていう事が大切なのは共通項ですね。


それにしてもこれだけのフレーム部材が揃っていると

純正フレームの修復だけでなく

チョッパー製作にもコリャ役に立つぜって感じで関心ありまくりでした。


こちらNo Nameブースも盛況でした。


悪魔ブースは広大なスペースを取っていましたね。

ところで私は女性が大好きですが女性と接するのは超苦手で

セクシーな美女がすぐそばに居るというのに目すら合わせられませんで

相変わらず自分のヘタレっぷりにビビりましたw


それにしてもこれはアートですね。

私は刺青の事は全くわかりませんが( ´∀`)


BAKIさんもお久しぶりでした。

特に病を患っている妻の事も色々気にして頂きまして恐縮です。


そして大神戸ブースでは新型のオフセット分割ライザーが出揃っておりました。

自身が原型を製作しているだけに思い入れも強いパーツです。


今回はクロームバージョンが追加されていまして

メッキの前にバフがけするのでパーカ仕上げほどエッジは立ちませんが

逆にクロームならではのゆらぎ感が出せると狙っておりまして

早い話が狙い通りでした( ´∀`)


先日はオーストラリアへ出荷したりと、ワールドワイド化が微妙に進んでいます。

それが為にPayPal決済出来るようにしたりとちょっと手間取りましたが

本当に欲しいと言ってくれる人に届けられて良かったです。


今年の会場はツインキャブが多かったですねぇ。


ツースロートも多かった。

2号機にブチ込むってのもアリかなぁ。。。

フルパワーのビューエルモーターにツースロート。。。危ねぇですねw


今年はずっと写真を撮っていてブースのお手伝いはほぼ全くしておりませんでした。

自分のブースもありますしね。

しかし1ブースに2台放り込んだのは完全に失敗でした。


撤収後に記念撮影。


10周年で4台。

まぁ正気の沙汰ではありません。


大神戸が10周年というのも、1号機を持ってきた理由の一つで

なんせ1号機のペイントは河田氏の発案ですし

首をいじるかどうかで悩んでいる時に背中を押してももらいましたので

少しでも華を添えられればと思ったのでした。


まぁブースは正反対の遠い位置でしたが( ´∀`)


もう一つ、1号機をわざわざ持ってきたのは

リアルにストリートを走っている車両を置きたいというのもありました。

2014年にこの場に出してから4年、ほぼずっと走っているバイクで

タイヤも減っているし薄汚いところもありますが

何も新作でなくとも

多様な展示があれば楽しいんじゃないかと

そんな事も思ったりしたのでした。


こうして並ぶとネック角の違いが面白いですね( ´∀`)

ちなみに2号機と4号機のネック角が似ているところは大きなポイントです。


次はリジッドですなぁ。


因みに右端の白い服を着ているのが私ですが石とか投げないでください。


綺麗さっぱり片付いて〆


いや、私の車が区画用のテープを踏んでしまっていてお片付けを邪魔しているようで

大変申し訳ございませんでした。


2号機を横浜へ持っていくのは何年後になるだろうか。

長期戦覚悟で臨む決意をして早1ヶ月半ですが

その実何一つ進んでいませんで

まずは定休日を確実に休む練習から始めております。

これにて横浜の記事は終了といたしますが

ちょっと溜まりすぎてる記事も随時アップしていこうと思います( ´∀`)

次は3月のオフラインかな。


長々とお付き合いありがとうございました。


それではごきげんよう!



2019年2月12日火曜日

FXRオイルライン交換等。



エンジンマウントやスイングアームのアイソレーターを交換しましたFXRですが

エンジンマウントがヘタってエンジン自体が下がる事で、

オイルホースが垂れ下がりフレームと接触してオイル漏れが発生しており

マウント関係同様30年以上交換されていないであろうオイルラインを一新します。


こちらは拾い物画像でFXRやFLTのミッションケースです。

ご覧のようにスイングアームピボットが一体式なのはもちろんですが

そのピボットの前の底面にオイルフィルターがあるのも特徴的で

補強のリブの上にホースニップルが2つ生えております。


して、ここはオイルタンクとセルモーターを取り外さなければアクセスできませんで

ホースのクランプ部分が劣化してオイル漏れを起こし、補強部にオイルに池が。


その池の底も綺麗にさらいましてホースを交換していきますが

非常に狭い空間であると共に

ルーティングを間違うとオイルタンクやセルモーターが収まらなくなったりして

初めての作業ですと結構泣きを見ます(見ましたw)。


しかしながら撤去したホース類はご覧のようにブヨブヨに劣化しておりまして

ちと大掛かりではありますが、精神衛生上も効果の高い作業です。


全てのラインを交換して、ミッションケースや車体底部のオイル汚れ等も清掃し

かなりこざっぱりしました。

因みにFXRやFLTはフレームのメンバーが凹型ですのでとても汚れが溜まりやすく

洗車等の際は是非とも底部の大掃除をお勧め致します。


定期的に入庫して頂く事のメリットとしてパーツの消耗を把握し易いというのがあり

今回は前回に減り気味でしたブレーキパッドが丁度使用限度に達しておりました。


分解前に清掃してピストンの揉み出し等済ませておきまして

傷んでいたブリーダープラグとキャップも交換します。

あの黒いキャップは意外と蔑ろにされがちですが

キャップ無しで放置しますと水や汚れが溜まり、錆びたり固着したりしますので

安いものですから定期的に交換しましょう( ´∀`)


パッドはSBSのシンタードで

ローターはXL1200Sのフローティングローターである事からの選択です。

オーガニックパッド等の安価なものよりお高いですが

重たいバイクですしきちんとしたローターにはこのくらいのパッドが丁度良く

当方ではこちらをお勧めしております。

ローターは純正のサンスターとか他ではラッセルやブレーキング等が間違いないです。

決してお安くはありませんが超高級なブレーキよりは安いですし

効きもマイルドでコントロール性も良くて費用対効果は高いと思います( ´∀`)

ついでに、安い鉄ローターの場合はオーガニックパッドくらいが丁度良く

街乗りオンリーでユルユル走るにはコレで十分ではあります。

が、ちょっとでも飛ばす人や雨の中走ったりする人にはお勧めしておりませんが。。


そしてスプロケットが摩耗しているのと、もう少しロングに振りたいとの事でしたが

このFXR、実は元々FXRTでしてスプロケットがFLTと同じく特殊になっており

ハブと一体型でベアリングもここに仕込まれていて困ったちゃんです。

アメリカでは中古のハブに新しいスプロケットを溶接してくれる業者があったり

まぁ方法は無くも無いのですが今後の事も考えましてホイールを換装しました。


これにより普通のFXR用のスプロケットが使えるようになりまして

今回は46Tを選択。

スプロケットボルトも新品交換です( ´∀`)


ついでと言ってはナンですが、当方では分解時にブレーキローターの洗浄を実施していて

パッドカスですとか表面に付着した汚れを綺麗に落として脱脂するという

まぁ大して意味も無さげな作業に手を汚したりしていますが

見た目的にも気持ち良いですし、やらないよりは断然良いかなと思っています。


リアホイールまわりが変わったのでFXRT感がほぼ無くなった感じです( ´∀`)


さらに今回はフロントエンドの変更も承っておりまして

元々の4ポッドキャリパーとダブルディスクは継続使用されたいという事で

つまりXL883Rのフォークが適合となるのですが

使用するフォークが883Rは883Rでも25mmアクスルに変更された年式のものでしたので

ミスミエンジニアリング製のアクスルシャフトを使って9キャストが使えるようにしまして

ミスミエンジニアリングといえば削り出しパーツでハイテックなイメージでしたが

梱包がモノタロウの箱だったり納品書が手書きだったりと

なんだかモノスゲー親近感を覚える仕様で素直に親近感を覚えました( ´∀`)


そして新たなフォークは2インチオーバーのフロントちょい上げにてセットアップ。

ハンドルは支給品に交換、ブレーキホース新規製作とETCの移動と

その他諸々の作業をこなしていきましてリフレッシュとイメチェン完了です。

フロントちょい上げでバンク角が増大し

マウント類の交換でエンジンとフレームの一体感が増しまして

以前はユルユルだったにもかかわらず別段悪くも感じませんでしたが

この「ユルさ」というのは結構曲者で

段々となれていってしまいますので気付きにくいですね。

特にゴム関係の交換は剛性や外観も含めて本来の姿を取り戻す事になり

色々な意味で効果が高いと思います。

私は修理屋さんじゃなくてチョッパー屋さんですが

バイクに関するご相談は色々お応え出来る事もあるかと思いますので

お気軽にご相談くださいませ。

それではごきげんよう!