2019年5月22日水曜日

福山自動車時計博物館再訪 #5





日本陸軍で制式採用されていた九七式側車付自動二輪車で

ベースとしては陸王ながら

車高を上げて側車側の一輪も駆動する二輪駆動として悪路走破性を高めたモデル。

実際中々に大柄です。


側車も駆動するとあって排気量は少し上げてあるらしいです。

細いアンダーフレームに対して固定される舟のブラケットがかなりゴツい。

ブレーキペダルは意外にも綺麗な造形をしていますね。


こちら側のカバーは装着されていないみたいです。

個人的にはこのエンジンのここのカバーは無い方がメカメカしくて好きです(´∀`)


キックは踏み下ろせないようにワイヤーロックしてありますが

乗って触って良い展示だけに

可動部はおもくそいじくり回されるに決まっていますから当然の措置ですね。


基本的にはVLの姿をしています。


ネックの鋳物部分はモールディングをかましたかのようなラインが走ってて面白い。

実際には軽量化の為に肉を抜いていると思われますが

お陰でくびれが生まれて美しくなっていて

こういう造形は勉強になります。


メーターはダイハツのが付いていました。

生産には陸王内燃機だけでなく

日本内燃機(くろがね)や東洋工業(マツダ)、岡本工業(ノーリツ)と

数社が行なっていたようですが、メーターは後年交換されたものなのでしょうか。


シートのヒンジの形状が非常に素晴らしいです。

ピボット部にはきちんとニップルが付いていて当たり前ですが真面目ですね。


トップティーへの繋がりとケーブルの出口。

この辺はリサイズとかRの取り方なんかでかなり化けるディテールですな。


アイビームスプリンガーですが恐らく延長されていると思われ

ワタクシはこのアイビームスプリンガーを愛して止まないので

2号機はナローでロングなアイビームスプリンガーをブチ込みたいと考えております。



こちらは陸王内燃機倒産後の陸王モーターサイクル製の側車付1955年式VFD。


エンジンは1200ccサイドバルブ。


エアクリーナーカバーやコイルにまで陸王のロゴがプレスされていました。


メーターダッシュは簡素でハーレーのような豪華さや重厚さは無い。

シャットオフバルブの位置はこんな所なんですね(´∀`)


薄いプライマリーカバー。


意外にもヘッドのフィンはピンとしてて鋳出しの文字もクッキリ。


緑青を吹いたメッキのアイビームスプリンガー。

やっぱり造形的に大好きだなこのフロントエンドは。





2019年5月17日金曜日

福山自動車時計博物館再訪 #4







ダットサンのセダンでこれも昭和11年式らしいです。

福山55のナンバーのサイズから車体の小ささがわかりますね(´∀`)

この狭いトレッドで4人乗りだからリアのフェンダーは狭くて室内幅を大きくしてある。


このサイズでこのスタイルっていうのは中々難しかったんじゃないかと思いますね。


ダットサンのエンブレムにオーナメントは兎と思われますが

中々にスピード感のある兎で優れたデザインだと思いました。


アポロの指示器も大きく見えるくらいキャビンが小さいです。


さり気なく細かいデザインが施してあって素敵じゃないですか♪


ヘッドライトのマウントはボディー横から出ていて意外にもシャープな形状でした。


フェンダーは縁にプレスを入れて強度を上げつつ、

ゴージャスに見せようと頑張ったんだろうなと。


スーサイドヒンジのドアは一応内張もついていてセダンらしい雰囲気でした。


計器類はダットサンマーク入りのシンプルなホワイトフェイス。


4座セダンと言ってもこのサイズですからスペースは狭小ですが

分厚い内装などが無いのでスペース効率は悪くないです。


ホーンリング付きのバンジョーステアリング。


ペダルはダットサンマーク入りの鋳物のようで

そこかしこにメーカーロゴを入れるところが気合いですね。

こういうアピールに関してはこういった時代の方が一生懸命というか

プロモーションも兼ねているでしょうからコストもかけていますね。


FORDのGPW。

因みにウィリス製の方がMBで、マニア的には差異があって面白いのですが

一般的にはジープ、あるいは進駐軍のジープってヤツですね。

本来は軽い車体にパワフルなエンジンで、極めてシンプルで魅力的な車両なんですが

このGPWは少しダラけた佇まいをしていて勿体なかったです。


かなりパテを盛大に盛ってレストアされているであろう事がわかります。

ジープをはじめランクルの40系やジムニーあたりは

元のボディパネルがヨタっているうえにスポット溶接のナゲットがそのままだったり

荒々しい作りなのでパテを打って仕上げるのが実はすごく難しいんですよね。

そういう「再生感」の無い再生がこれからは特に重要になってくると思います。



カッコいいストーブというかコンロなのか。


丸頭リベットどめの銘板とかいちいちカッコ良くて萌えますね。

シンプルな中に効果的なラインがあって美しい。


鋳物のかき氷マシーン。


菱のマークに日章そして海と船と鷲ですよ。

あまりに渋すぎてビビります(´∀`)


便器も美しいというか、便器にしては美しいというべきなのか

トイレは安らぎのスペースだからこのような模様を入れているのかもしれませんが

個人的には和式便器で安らげる余裕も柄を見る余裕も全く無く

私にとっては洋式便器で尚且つウオッシュレット付きのおトイレこそが安らぎです(´∀`)


男性用便器は恐らく的の意味もあって図柄が描かれているっぽいです。


うーんステキだ。


「描く」という事がどういう事か考えさせられますね。




2019年5月14日火曜日

福山自動車時計博物館再訪 #3





このダットサンのロードスターは1936年式だそうで昭和で言うと11年です。

マニア的には何型とか色々あるのでしょうが私には知る由もなく

36年と言えば例えばFORDなんかはフェンダーとボディのラインが繋がり始めた頃で

スタイルだけで言えばアメリカの4〜5年遅れという感じですが

性能的にはもっと遅れていたんじゃないかと思います。


オリジナルなのかどうなのかわかりませんが、かなり激しい作りのグリル。

こういうのを米国と比べるとお笑いなのかもしれませんが

私はこういう根性で造られたモノは大好きです(´∀`)


熱抜きのルーバーはかなり凝った形状。

と、いうよりは限られた技術で出来うる限りの装飾を頑張ったという感じです。

その感覚ってプロでもプライベーターでも、ここを見ている人はきっとわかるはず。


ステアリングはバンジョーでセンターにロゴがある。

ステアリングコラムはか細くて尚且つ支点も弱そう。


セマフォーというかニッポー製の指示器のスイッチが可愛い(´∀`)

今時ウインカーの事を指示器と呼ぶと古いと言われますが

これはまさに指示器ですね。

私はハイカラさんではないのでターンシグナルランプとか言わずに指示器と呼びますが。


メーターは比較的新しいもののようで実際に走っていた車両らしいですね。


トランクリッドのノブも可愛らしいですが、施錠できるようにもなっていて細かいです。


メインスイッチと銘板、スタータースイッチかな。


細かく見ると荒いところもあるけど、何か憎めない佇まいで

この博物館は実際に乗ってみたり触れてみたり出来ることもあって

なんか愛着がわいてしまいます(´∀`)



ハートグリルのフェートンでこれは昭和10年製との事でした。


先のロードスターと比べると随分しっかりしたグリルです。

どうも古い型の方はプレス部材その他の組み上げ式ですが

後の年式はプレス一発抜きになっているっぽいです。

知らんけど(´∀`)


飾り気のないメーターパネルですが速度計の針は繊細。


フェートンボディーのお尻にめり込んだスペアタイヤがイカします。

この辺は法規上の寸法の制限によるものなのでしょうかね。

日本独特のサイズの取り決めは面白いものや新しいものを生み出すきっかけになっていて

例えば軽自動車なんかが良い例ですね。


ガラスレンズのランプ。


ステアリングホイールは何やらモダーンなデザインですね(´∀`)

同年代の外国車に比べたら劣っている面が沢山あったりするわけですが

そんな事はどうでもよく、とにかく精一杯作った車という感じで

作り手も乗り手もきっと大きな誇りを持っていたんじゃないかなと思いました。