2022年1月26日水曜日

FZ1ウォーターポンプ交換など。

みなさまごきげんよう( ´∀`) 


さてウチとしてはかなり新しいバイクであるFZ1 FAZERです。

どこからか冷却水が漏れて甘い匂いが漂うとの事でお預かりしまして。


FZ1Sに限らずR1系のエンジンは皆同じかと思いますが

オイルパン後ろ側に穴が開いていましてですね。

ポンプのメカニカルシールがイカれると、この穴からオイルやクーラントが出てきます。

そうなんですね。

オイルパンの中にオイルポンプとウォーターポンプが入ってるんです。


オイルポンプとウォーターポンプが同軸配置のチェーン駆動で

インレットとアウトレットはクランクケースを貫通してまして。

いやはや考えに考え抜いた末の設計でしょうけれども

修理する方はたまらんですな( ´∀`)


ポンプを分解してシール類やベアリングを交換するのも手ですが

水が漏れている場合インペラのシャフトが錆びていたりメンドクセー事になりがちなのと

オーナー氏はこれからもずっと乗り続けるおつもりとの事で

ポンプをアッセンブリー交換しまして。


やはり新車から10年ほど経つと細かい不具合が出てきますね。

特に液冷車は走行距離にもよりますが要注意です。

まぁウォーターポンプにおいては全然走らさずに放置されているケースもヤバいので

ここのところ中古バイクバブル的な現象が起きていますが

こういう箇所はよーくチェックしての購入をお勧めします。


Oリング類は当然ですが全て交換。

オイルの中に沈んでいるので、これらが傷むとオイルに水が混入したり

クランクケースから水が漏れてきたりと

それはそれは大変な事になります。


組み戻して水やオイルを入れたら完成です。

ついでに戻りが悪いクラッチのケーブルとレバーピボットに注油して

スパスパ切れるようにしておきました。

因みにこの車両、クラッチケーブルのアジャスターがケーブルの中間くらいにあり

表にケーブルが這わないというヤマハの変態デザイン故に

アジャスターにアクセスするにはタンク外したりと超めんどくさいです( ´∀`)


そしてチェックがてら試乗しますがハンドリングがおかしく。

落ち着きが無いうえにグリップ感も希薄で

正直乗ってて怖いです。


原因はエア圧とサス、後は乗り方ですね。

フロントタイヤはご覧のように偏摩耗しちゃってます。


おまけにものすごいフラットな部分もできちゃってます。

ってなワケで追加作業承りまして、タイヤも交換するとします( ´∀`)


正直、年末にGSX-R1100のホイールの塗装が剥げてからタイヤ交換がトラウマで

本気でチェンジャーの導入を考えた程です。

が、闘わない限り虎と馬には勝てないので全力で抗う事としまして手組みしていきます。

ところでタイヤ手組み派の皆さんはビードブレーカーを使われるかと思いますが

ヤフオクとかで激安で売ってるビードブレーカーは全く使い物になりません。

なぜかと言うと私のがその激安のビードブレーカーだからw

レバー比を変更して、変な位置に溶接してあるリムの受けを切り飛ばして

新たにリムが当たる場所を設けてあげれば使えるようになります。

ついでにローターを装着したままビードが落とせるように改造したんですが

そんな手間かけるくらいなら最初からJトリップのビードブレーカーを買う方が早く

尚且つホイールに要らん傷を入れたりせずに済みますよ( ´∀`)


そして虎を追い払い馬を乗りこなして無事に無傷でタイヤ交換を終えることができました。


バランス調整もしてバッチリです( ´∀`)

ちなみに新しいタイヤはBSのT32で、その名の通りT31の後継です。

車重が軽いのと、前のタイヤのライフと乗り方を考慮してGTスペックではなく普通ので。


そしてサスペンションもリセッティング。

せっかくオーリンズ入ってるのに初動が硬すぎるうえに尻上がりになっちゃっていたので

プリロードを抜いて動きを良くしつつお尻を落ち着かせてあげましたら

ニュートラルなハンドリングに戻って何よりです( ´∀`)

尻上がりは確かにカッコいいんですけどね。

私は尻を沈めた姿も獰猛で良いと思います。

何よりもきちんと走れないとアブネーですしね。

最近ほんま何屋かわからんな、、、

さて、この車両に関してはもうちっと気になる所があるので

そこら辺を改善してお渡しする事にします。

それではさらば!






2022年1月11日火曜日

パリッパリやぜ。


みなさまごきげんよろしゅう( ´∀`)

2022年になりましたが本年もよろしくお願い申し上げます。

昨年は31台の車両に手を入れさせて頂き、郵便局の整備件数が105件で

月平均にして2.5台の車両の改造や整備+8.75台の郵政車両保守を行なってきたわけですね。

ひとりぼっちでやっているのでこの辺が限界値かなと思うのですが

うち2台は年内のお渡しができずじまいでした。


そのうちの1台はGSX-R1100Jでございまして。


タイヤを注文していたのですが製造を待つ形になってしまい

入荷が12月半ばで、家の事情でバタバタした事もあって作業が遅れまして。

因みにダンロプ大好きな私ですが今回はブリヂストンのバトラックスBT-023です。


で、年内にタイヤ交換してスッキリしとこうと作業にかかりましたが

なんとホイールのペイントがパリンと割れまして。

念のため記載しますが塗りのホイールなので特に気を遣って作業はしています。


私が塗装を剥がしたのは事実なんですが、どうも納得いかず

フロントホイールもよく観察すると何箇所もクラックや浮きが見つかりまして。

これがまたペリペリと剥がれる始末で、どうやら再塗装がダメな事が判明。

オーナー氏はホイールがやたら綺麗だと気にされていたんです。

私は綺麗で良かったやないっすか🎶

くらいにしか思っていなかったのですが

ちっとも良くねぇっす。。

塗装を見ると剥離したツルツルのホイールにサフ→白と塗られていて

食い付きが悪いうえに塗膜も厚めなのでそりゃ浮いたり割れたりしますね。

特にホイールは大きな応力を受けているので

ブラストでしっかり食い付く下地を作って柔軟な塗膜でコートしないと

こういう不具合が出ます。


たとえばタイヤを見るとホイールの塗装がタイヤにくっついてきて剥がれていますし


ローター取り付け面まで塗っちゃっているので

塗装がローターに持っていかれるだけでなく


ハブの部分も太ってしまってこんな具合に塗装が剥がれちゃいまして

ペイントって1箇所が剥がれるともう連鎖的に剥がれていってしまうので

適材適所な塗装と下地処理、塗り分けは超大事です。

パッと見綺麗に塗ってあって、これはこれですごい手間がかかった事はわかるんです。

前オーナーとしては組んだ時気持ちよかったんじゃないかなと。

しかしながらこの施工だと次のタイヤ交換やローター脱着時(つまり今ですが)に

ガビーンってなるハメになるんです。

ガビーンってなってるのは私と現オーナーですが。

パッと見じゃなくてどこまで見越して施工するかっていうのが如何に大事かわかりますね。

仕方ないのでホイールはブラストとパウダーコートに出しまして

錆びている(正確には錆を削ってメッキが剥げている)ロータボルトと

外さずにマスキングで塗ってあったカチカチのハブダンパーも新品に交換します。


そして前後ともスタンドアップしている今を狙ってサイドスタンドも加工しまして

毎度お馴染み?のニャンコ足スタンドに。


ニャンコ足スタンドはCBX1000、サベージ650 に続き3作目です( ´∀`)


慣れてきたと言うものの機械的な物体に生物を合体させるのは相変わらず難しいですね。

こちらもついでにパウダーコートに出しちゃいたいと思います(*゚∀゚*)


そうこうしている間に寅年っぽいカラーリングのマシーンも入庫してきまして

相変わらず何屋かわからん風情が漂っておりますが

色々と作業が詰まりまくっておりますので

作業ご依頼の際は何卒早めのご予約のほどよろしくお願い致します。


ってなワケでとりあえずさらば!










2021年12月31日金曜日

ビラーゴ250 キャブ横出しとハンドル周りスッキリ②

 みなさまごきげんよう。

年末バタバタしておりまして予定の作業も遅れ気味っす。


さてハンドル周りスッキリ作業のビラーゴ250をザクザク進めていきます。


ネックから先に伸びるぶっとい配線の束は簡素化してシンプルに。

スイッチはこちらを使いまして、機能としては左右ウインカーとセルスターター。

ミリバー用としては新品で普通に手に入る部品の中では最もシンプルなスイッチですね。

欲を言えばヤマハのアレが私は一番好きだしシンプルなんですが

いかんせんお値段が結構するのとモノが少ないんですよね。


メーターやヘッドライト関係もお任せで全て揃えさせて頂きまして。

私の嗜好的には別なランプも考えていたんですが

乗られる時間帯は夜が多いと伺いましたのでH4バルブの明るいヤツをセレクトしまして。


だいぶスッキリしましたな。


メーターはPOSHの48mmでステーは錆にも強いステンレス製。

純正のトップブリッジのネジ穴を使って取り付け出来るように製作しまして。

こういった改造の場合は元ある穴を如何に活用するかも見せ所だと思います。

ディマースイッチはヘッドライトのハウジングに設ける事で配線をシンプルに。


クラッチケーブルは支給品のアジャスターですとケーブルの座りが悪いのと

ワイヤーのトラベル量が足りないので純正を加工してクリアしまして。

スロットルケーブルも純正加工でピッタリの長さに変更。

ヘッドライトのステーはオーナーが自作した物をそのまま使えるようにしてあります。

折角頑張って作ったんですから生かさないと勿体ないですからね。

そういう事も考慮したうえでヘッドライトの形状やサイズを選定しています。


ちなみに以前のヘッドライトやウインカーやメーターも

依頼を受けて部品持ち込みにて私が取り付けたものです。


今回は結果的にどうなるかを全て踏まえたうえで部品を選択し

車体に合わせて加工や調整をしていますので

ただ単に部品を取り付ける作業と

恰好良く纏めるために細かく手を入れる作業の違いが明確に現れていると思います。

部品交換と改造の違いってやつですね。


ウインカーはコストも考えてコレをココに移設しまして。

こういうのも固定方法や形状をしっかり考えれば余計なステーを使わずに

シンプルに取り付ける事が出来たりします。

そしてキャブを横出しにした事でポッカリ口を開けているエアクリーナーの穴は


そのままだと水やゴミが入りますし

なによりブサイクで仕方ないのできちんと蓋をしておきます。

鉄板を貼ってスムージングしちゃうというのも手なんですが

そこまで手間暇かけるのであればフレームを作り直した方が

費用対効果は圧倒的に高いので

今のレベルなら無駄なお金はかけずに蓋をしておくだけで十分かと。

私がキット製作者ならここの蓋は予め付属してあげますけどね。

誰も気にならないんでしょうか?


エアクリーナーは4発用の1発分で膝が当たらないように薄型の

尚且つセンターがオフセットした物を探して装着。

出幅が大きくなり過ぎちゃうと意味無いですからね。


そしてキャブに燃料を通したら燃料がホース付け根から滲み出しまして。


新品交換したホースがダメなのかと思ったらインレットから漏れていまして。


幸いこのトラブルはハーレー用のCVキャブでお馴染みですので


在庫していたインレットを圧入し直して修理完了っと。

たまたまキャブがCVKで在庫品が使えたから良かったですが

中古キャブって怖いでしょw


キャブはエアベントチューブをシンプルに整理してジェッティング変更

温水式キャブヒーターも綺麗サッパリ撤去して

ビロビロしたアイドルアジャスターも処理して

12枚も入っていたスーパートラップのディスクを適切に調整しましたらば

良い感じになりました。

ちなみに負圧ポンプは邪魔なので撤去しましたが

負圧コックは生かしてあるので燃料はリザーブまで使えます。

ビラーゴ250の負圧コックはやや特殊で

リザーブの経路がコック内にある一般的なタイプではなく

タンクから2の系統の配管でリザーブを取っているので

このようにキャブを換装する場合はダイヤフラムを加工して落下式にしたり

プライマリーでとりあえず燃料を落とすように誤魔化すと

リザーブが使えなくなっちゃうんですよ。

タンクから2系統の取り出しなのでインラインコックを入れるという手法も採れませんしね。


そして車体姿勢もリアを下げてフロントをチョイ上げしまして。

実走チェックしましたらお渡しオッケーになります。


車体姿勢を整えたので良い感じになりましたね( ´∀`)

今回はフロントセクション限定で

次は後ろ、真ん中ときて最後にペイントでフィニッシュという段階を踏んでいますので

まだ塗装していない部品なんかもありますが

やりかけの未完成全開な感じにはならないように配慮しております。


何より不動状態でしたからこれでひとまず気持ち良く乗れるワケで

次の段階に進むまで楽しく乗っておいてもらえれば幸いです。

ちょっと私事で色々ありまして年内のお渡しが叶いませんでしたが

乗ってもらうのが楽しみですね。



ではさらば!




2021年12月18日土曜日

やる事はいくらでもある。

 みなさまごきげんよう( ´∀`)

そろそろ塩カルが撒かれる時期でして

昨年1号機で走り回った結果、塩カルにより車体が猛烈に錆びまして

アレが撒かれると乾いていても粉塵みたいに車体に付着して

早朝の結露なんかで水分と結びついて強烈に酸化するようで

おまけに滑るときているので私的には始末が悪いです。

寒さ云々よりも塩カルのせいで走る気が起きませんですハイ。


んで私のR1100なんですが、キジマ製のグリップが装着されていまして。

コレが凸凹していてフィーリングが悪いんです。


純正新品はピシッとしていますね( ´∀`)

この純正グリップはスロットルコーンとラバーが一体の部品設定で

価格も結構します。


対して大した価格じゃないグリップはご覧の通りの波打ちっぷりで

原因はスロットルコーンに設けられた回り止めのリブなんですね。

これはハーレー用とかのスロットルコーンというかスリーブも同じです。


なので社外品のグリップに交換する際は回り止めのリブを全て削り落としまして。


さらにR1100純正の場合、ご覧のようにツバが付いていて

ココにグリップが引っかかる事ですっぽ抜けないようになっています。

おまけにエンド側にも突起を設けてあって、とにかくグリップが全く動かないように

どんだけ気ぃつかうねん!というノリで設計されています。

ので、社外品のグリップに交換するとご覧のように妙なツバがハミ出て

間抜けな状態になっていまいます。


ですのでさらにスロットルコーンを加工していきまして。

正直、こんなのマトモに請求するとスゲー金額になるので自分でやってくださいw

っつーか本来であればスロットルホルダーを交換して

さらにスイッチボックスも交換して、、というカスタム沼にハマるべきとこですが

私はハンドル周りは純正のままいじる気が無いので

貧乏臭く夜な夜な部品を削ってる次第です( ´∀`)


そしてインストールするのは我らがヨシムラ製のグリップラバーです🎶

以前は115mmのショートタイプしか無かったのですが

知らない間に121mmのロングタイプが発売されていて

そのサイズなら純正のハンドル周りにも使えるじゃねーか!

という事でヨシムラの思惑にまんまとハマっている私です。


グリップのパーテーションラインはスイッチボックスの割りに合わせて

控えめに入ってるヨシムラのロゴがカッケー🎶


ちなみにワイヤリング用の溝が予めモールドされているので

サーキットガチ勢の皆さんも安心ですね。

私はグリップボンド派ですが。

ホントは当時ヨシムラから出ていたTZグリップみたいなタイプが好きなんですけども。

多分今じゃレアモノでしょうね。


私は細めで硬めの握りが好きなのでスゲー具合が良いです( ´∀`)

なにより気になるところがスッキリして超絶満足です。

快適性で言えばロッシグリップも好きです。

あとやっぱり神戸グリップですよね。

グリップって常に接している部分なのにズボラな人が多いんですよ。

自分で交換できる筆頭なのに手間をかけないっていうのは勿体ないなって思うんですよね。


あと気になるのがサイドカバーの固定ボルトで


左右で違うのは左右から見られる事が無いのでどうでもイイですが

左右でレンチのサイズが違うのが鬱陶しく

特に左サイドカバーはリアサスの調整でよく外すので純正品を取り寄せまして


純正品はガイド機構もあるしプラスでもマイナスでも、現地でサッと取り外せる作りで

見た目云々以前に機能的に優れています。

ちなみにサイドカバー側のラバーは廃番になっていました。


さらについでに私は普段作業ツナギとかライダースでバイクに乗りますが

これらの衣服ってジッパーがちゃんとフラップで隠れるようになっているんですが

あまりの寒さにフライトジャケットを羽織って乗ると

タンクとジッパーが擦れて傷が入る事が判明しまして。

まぁ磨けばとれるんですが、目に入る度に残念な気持ちになっちゃうので


なるべく目立たないようにタンクパッドを貼り付けました( ´∀`)

タンクパッドもヨシムラのがあったハズなんですがいつの間にか無くなっていて

デイトナのSサイズの黒いのを注文した次第です。

タンクパッドみたいなブサイクなもん要らねぇよ派だったはずなんですが

どうも私はR1100に関しては溺愛しちゃってるようで

何もする必要が無いバイクを購入したはずが

結局細々いじくりまわすという結果になっており

あぁコレがオートバイ趣味ってやつなのかと感じ入っている次第です。


いや、何が言いたいのかっつーと


小さな事でも性根入れて取り組んだら楽しいよねと。


冬で乗れないとか寒くて乗りたくない時期ですが


出来ることはたくさんあるんだから、どうせならしっかり楽しみましょうってな事です。


単車はしゃぶり尽くしてナンボだぜ( ´∀`)


ではさらば!