2017年1月15日日曜日

タンクの微妙な加工。


みなさまごきげんよう♪


ザクザクと作業が進んでおります’88XLH鉄仮面ですが。

今のところ溶接がメインですのでガスの減りが猛烈に早く

この段階特有の突っ走り感は何とも言えず素敵でございます。

ガソリンタンクはエルシノアの純正ですが

ボロいタンクをベースにした為、塗装を剥がせば外板も茶色く染まっておりまして

錆取り汁に漬け込んで表面処理を行いました。


そしてこのエンドの部分を左のように少しだけ幅詰め。


下側を絞り込みつつ、側面に丸みをつけていきます。


加工前ですとこのエンド部分の幅が広めで

高低差のあるメインチューブの影響で浮き気味になるこの部分は

あまり幅が広いと平たい物体が浮いているように見えてしまいます。


ロッカーボックスの高さからしてタンクのエンドをこれ以上を沈められませんので

少しだけ幅を詰めてやることで浮き上がった感じを解消しようというワケです。

とか言いつつ写真の角度が全く違うので比較にならないのは残念すぎますねw


かなり手を入れていますがエルシノアのタンクの基本的な造形は踏襲しています。


細かい事ですし誰が気付くでもない事ですが


主張せずにそういうことをするというのは効いてくると思います♪


ってなワケでトンネルと底板の加工げと進みます。



それではみなさまごきげんよう♪







2017年1月10日火曜日

ボートテール。


みなさまごきげんよう♪


オーナー様募集中の'88XLH鉄仮面でございます。

これまでシートは適当なモノを乗っけていただけですが

当然きちんと製作していきます。


ってなワケでセパハンといえばシートカウルでして。

今回はそのシートカウルをボートテールにしようという試みでございます。


こんな感じで製作していきますが


シートカウル内にバッテリーを収めてしまおうと思っていましたが

寸法的に無理があるようなのでオイルタンク下の邪魔にならない位置にバッテリーを移動。


モデルKのナセルにエルシノアのタンク

ショベル4速のオイルタンクにボートテールと

まぁ色々な組み合わせですが

どれもこれも結構大変ですね♪


ボートテールのパネルは既に7ピースに及びまして

最終的には10ピース構成くらいになりそうです。


本来のボートテールをシャープにした感じで


もっさりさせずにセパハンスタイルに合わせていきます♪


ポジションもコンパクトで

肘がきちんと曲がって足を折りたたんで乗りつつ

予めリア荷重ですのでかなり乗りやすくなる予定です♪

カッコ良さは当然ですが

楽しく走れるのもまた大前提ですので

自分自身、乗るのが非常に楽しみです。


それではみなさまごきげんよう♪







2017年1月8日日曜日

ミステイク。


みなさまごきげんよう♪


2017年になったからといってこれといった変化も無く作業に勤しんでおりますが

新年最初のお仕事はトラブル車両の引き上げと修理でして。

先日ハーネス引き直しを承りました'01XL883

新年初走りで走行中にエンジンストップ

以後セルも回らなくなったという事で寒い中現地でお待ち頂き車両を引き上げて参りました。


テスターを各ブレーカーに当ててチェックしていきましたところ

イグニッション系統のみ電気が来ておらず

唯一変えていなかった(というかご覧のような作りですので交換できなかった)キーシリンダーの

イグニッション配線が断線しておりました。


トラブルシュートし易いように系統分けして引き直した配線の恩恵を早々に受ける事になりまして。

HD純正のキーですし、ハンドルロックとの絡みもあるのでキーシリンダーは交換せずでしたが

今後も不安要素となり得るので無償にてキーシリンダー交換させて頂きました。

走り初めでのトラブルでご迷惑をおかけしてしまい申し訳ございませんでした。

深く深くお詫びいたします。


次いで同時にご依頼頂きましたブリーザーからのオイル噴き出しも進めていきますが

よくある樹脂ワッシャーの劣化かと思いきやワッシャーが片面しか入っていませんし

液体ガスケットがモリモリです。


この樹脂ワッシャーは劣化が早くご覧のように潰れて割れてしまうのが定番ですが

メタルワッシャーにラバーコーティングされたものを使う事で随分寿命が延びます。


ブリーザーボルトもネジ山が傷んでおりますので交換。


ちゃんと両面にシールワッシャーを装着しまして漏れは解消しました。

このブリッジタイプのブリーザーキット、微妙なズレなどがありますので

片側ずつ均等に締め込んでいかないとキャブサポートとブリーザーボルトが接触してしまい

ブリーザーボルトのネジ山を傷めやすいので注意が必要ですね。


ついでにブリーザーからのオイル等で薄汚れていたエンジンを


綺麗に掃除しておきまして作業完了です。


正直な話、失敗した事などは本当は闇に葬ってしまいたいところですが

オーナー様の心を折ってしまわぬ配慮を心がけておりましても

あってはならぬ失敗を犯してしまう事も残念ながらございます。

それでも車両を託して頂ける事に感謝しつつ

襟を正してより精進していきたいと思います!


それではみなさまごきげんよう!




2017年1月6日金曜日

迎春。


みなさまあけましておめでとうございます♪


旧年中は大変お世話になりまして

本年もお世話になりまくり必至で宜しくお願い致します。

今年は店舗と住居の移転などまだまだ激動が続きますが

しっかり乗り切って生きたいと思います♪


ひとまず昨年末にやり残していたマフラーをさっさと片付けまして。

とは言ってもビードも研磨せずポリッシュも無い荒仕上げのままですが・・・・

あんまり手前のバイクばっかりかまっているわけにもいきませんので

残りは追々時間のあるときに仕上げていきたいと思います♪


取り回しは以前と変えていませんが

全体を3ミリほど寄せて上げまして。


エボスポ用のマフラーとしてはこれ以上寄せる事は不可能です。

お陰でマウント類も非常にタイトになってしまい

整備性はちと悪いですね。


フロントを少し延ばしてから気になっていたのがこの部分でして

10mmほど延長してあります。


店主が自分のバイクばっかりいじって何しとんねんという感じですが

店主がいじって乗っている事も大事だと思います。


車体が薄く見えるようになってライン的には満足できました♪


さて今年1月から3月まで、

移転の準備と車両製作に加えまして

お預かり予定車両が既に詰まっております。


通常であれば楽にこなせる台数なのですが、納期や他の作業も考慮致しまして

軽作業以外での車両お預かりは移転後4月以降となります。


移転後もフルカスタムオーダー等長期お預かり車両の予定もありますので

お早めのご予約ご相談宜しくお願い致します。


バイク談義、改造の相談や妄想大会は常時受付中ですのでお気軽にご相談くださいませ♪



そんなわけで今年も気張っていきたいと思います。

それではみなさまごきげんよう!




2016年12月31日土曜日

大晦日。


みなさまごきげんよう♪


仕事納め翌日は我が家のささやかな忘年会でしたが

作りかけのマフラーがどうにも気になってしまいましてマフラー作り再開


まだ仮の点付けですし細かい角度調整やブラケットの製作等も残っていますが

とりあえず形だけは完成したので残りは来年に持ち越しです。


基本的な取り回しは以前と同様ですが

Rを無理やり継いでいた部分を自然な感じにするのと

リアバンクのパイプを更に内に寄せまして。


フロント側はカムカバー下にオイルラインがありますので自然とラインが決まってきますね。


リアバンクは複雑なRで捩れるように下がっていくので結構大変です。


さらにフォークが少し伸びた分足りなくなっていたマフラーエンドを若干延長しまして。


気になっている部分は解消されました♪

これで新年を迎えられると一安心しつつ


結局辛抱できずにもとのマフラーを組み付けて走り納め。

乗らずに終わらせようかとも思ったりしていましたが

やっぱり生きとし生けるものいずれも走らざりける

スッキリと今年を終える事ができそうです。


2016年、沢山の皆様の愛機に手を入れさせて頂き、

また多くのご声援、ご支援を頂きまして真に有難うございました。


来年も精進して参りますので何卒宜しくお願いいたします。


皆様良いお年をお迎えくださいませ。


それではみなさまごきげんよう!







2016年12月29日木曜日

CVキャブのリペアと仕事納め。


みなさまごきげんよう♪


急激に冷え込んできましていよいよ年末ですね。

一応は今日で仕事納めですので最後のお渡し車両を磨いたり・・・・


オーバーフローで持ち込みのCVキャブをリペアしたりしております。

丸フロート加速ポンプ付きの所謂4速後期から5速初期用CVです。


オーバーフロー経路ではなくエアジェット経路からの漏れなのでおかしいとは思っていましたが

ガソリンを通して確認すると加速ポンプのロッドからガソリンが湧き上がってきます。


加速ポンプのダイアフラムが破れてしまっているパターンですね。

ロッド先端についているブーツが切れていたり、或いは失われている場合

ゴミの侵入により劣化を早める事になります。


他の部分も確認するべく分解清掃しまして。


内部のOリング類、フロートボウルのビスまで全て交換します。


ビスはちゃんとSワッシャー組み込み済みで寸法もきちんと合った物を常時在庫しております。

どうしても漏れを気にしてきつく締め込み過ぎてしまいがちですが

こういうビスであればワッシャーの潰れで締め込み具合を目視確認できますので

オーナー様ご自身でいじられる時に安心かと思います。


あとCVあるあるですが、ミクスチャースクリューの先っちょのOリング

無くされていて入っていないパターンもあるのですが

穴の奥に引っかかっている事も多く、入っていないと勘違いされて2個入っている事もあります。

ここもセッティング時の全閉締め込み具合によってはOリングが傷むので要注意ですね。


スッカリ綺麗にしまして。


単体でのお預かりですので点滴にてオーバーフローチェックと油面調整で完了です。


これにてエンジンオーバーホールに出している1台を除いて

今年お預かりの車両は全てオーナー様のもとへお返しできましてスッキリ仕事納め

と、いきたいところですが

作り直しに作り直しを重ねた1号機のマフラーがヤレというより汚れておりまして

大掃除がてら気になっていたポイントを修正しつつ作り直しを始めてしまい

片付けられないコウバ長、全く仕事が納まった気がしませんw


しかし自身の1号機も皆様の1号機同様、パリッとしておかなくては話になりませんので

頑張ってマフラー作っていきたいと思います♪


それではみなさまごきげんよう♪