2018年10月18日木曜日

フレーミング。


みなさまごきげんよう。


さてLS650サベージですがご覧のように非常にカスタムちっくなフレームでして


横からのラインはリジッドフレームのそれに沿う形で尚且つ2本サスを備えるという

まぁワタクシの1号機も似たような感じではあるのですが

メインチューブが角パイプでシートレールが異様に細く


それでいてドライブベルトを避ける都合で左側のショックマウントが大きく突出

右側が極限まで内に寄っている事もあってこの突出は非常に目障りです。

純正フレームは厚み1.6mmのパイプと薄いプレスの補強で強度と軽さを得ておりまして

これはコレで当然よく考えられたフレームである事は確かです。


が、ぶった切りまして新しいフレームを構築していきます( ´∀`)

新たなフレームは厚み4mmの冷間引抜鋼管ですので

軽さは若干損なわれるかもしれませんが強度はバツグンです。

というかメーカーのように認定を受けるための諸々が無いだけに

基本的にオーバースペックに作っておかないと危険を伴います。


シートレールは普通の形として、尚且つ右側の出幅を最大として左右対称にするので

結果的に左側のショックマウント突出量を少なく見せる事ができます。


ショックスタッドを仮で装着してリアショックを装着しますれば

左側の35mmの飛び出しはかなり軽減された感じです。

キャッチャーがストライクゾーンぎりぎりのボール球をストライクに見せる

フレーミングという技術がありますがまさにそんな感じですね。


で、外装をサッサと作らなければならないのでバイク状にしてみました( ´∀`)

リア2本サスで作る場合、どうしてもリジッドと同じように

アクスルに向かってフレームを下げていきたくなってしまいますが

個人的にはそういうラインを狙うよりむしろサス付きでの限界ラインを狙ってやった方が

普通さを演出出来ますしショック長さも確保出来るので良いかと思います。

リジッドじゃ無いのにリジッドのラインというのは早い話が限界超えてますので。


因みにリアをサベージの15インチから16インチに変更しましたが

ちとリアタイヤがデカ過ぎるような気がするのでサイズは要検討って感じで

つまり何種類か色んなサイズのタイヤを買って試さなきゃいけなく

この辺が初めて改造するバイクの苦労するところですね。


それにしてもサベージというバイクですが

元々ビッグシングル大好きな私にとっては排気量こそ大きいものの

それならGB500ベースで628組んだ方が速いだろみたいな感じでGBに傾倒していた事もあり

全くスルーしていた存在ですが、こういう風に改造する場合一定の難しさはあれど

結構ビシッとキメればキマるバイクだと認識を改めました( ´∀`)

フレームをぶった切る前にかなり計測と検証を進めておいたのでサクサク進みますが

時間的な事もあるので仕上げは置いておいて外装の製作に進みます。

それではさらば!





2018年10月12日金曜日

漏れてるのは締めても盛っても直らない。


みなさまごきげんよう。

寒くなってきましてウチに大量に生息しているヤモリもそろそろ冬眠でしょうか。

窓に張り付いているので彼等が捕食するとことろを観察できるんですが、

不思議なことに生きた虫しか食べないんですね。

ついさっき死んだ虫ならまだ新鮮だし、ソレ食ったら?と思うんですが。

恐らく生きた虫を捕らえるという行為も含めて「生きる」という事なのでしょうけど

命を食すということ、その為にわざわざ苦労するっていうこと

何となく生きているようで彼等はとてもピュアですね。


で。初っ端から話がズレまくりですが( ´∀`)

納車時にリフレッシュとイメチェンを実施させて頂きました100周年のFXSTさん。

走行距離も4万キロを超えまして元気に走っておられますが

ミッションオイルが漏れてきたという事でオイル交換がてら入庫して頂きまして。


よくあるクラッチケーブルのカシメ部分からの伝い漏れかなと思いつつ

ここは納車時にシール剤が盛られていましたが、それが決壊したのかな?

という感じで作業スタートしましたら

ケーブルのネジ部分がボックリ折れていまして。

恐らく漏れてきて増し締め、ネジ折れる、シーラー盛るという流れですね( ´∀`)

このケーブルの根本は簡単に折れてしまうので基本的に増し締めはいけません。


カバーのガスケットにケーブルのOリング、ケーブルもお疲れなので交換しまして

と言うかこの辺は何か一つダメになると総交換になるのですがコレでスッキリですね。

何かが漏れてくるというのは問題が発生したからで

締めたり盛ったりで「直る」事はありませんので適切に対処したいところです。


最初はボロボロでしたがリフレッシュ後は綺麗にしてもらっているようで何よりです。

バイクや機械に心があるとは思いませんが

手を入れる人間、乗る人間には当然心があるわけで

その心がバイクに反映されるという事は確実にあると思います。

心のこもったバイクがイイですね( ´∀`)


ではさらば!




2018年10月7日日曜日

EZ-Blust導入とお知らせ諸々。


みなさまごきげんよう。

更新がご無沙汰になってしまって申し訳ございません。

何だかんだ時間が無いだとか忙しいだとか

そういう事を理由にして自分がこれまで当たり前にやってきた事を蔑ろにしてしまう。

それで少しの時間が得られたとしても、実は得られたのは大した時間でもなく

その裏で気付かぬうちに大切なものを失ってしまったりする。

解っているつもりでもついつい目を逸らしてしまう。

そんな事ではダメなんですよね。


時間と言えば、色々な作業の中でもかなり時間がかかるのがレストレーション

つまり復元作業なのですが、形状や構造の復元だけでなく、

綺麗な状態する、つまり清掃もその一環でして。

これまではアナログに手作業で綺麗にするか、

ものによっては消化器かを改造した直圧式サンドブラスターを使っていました。

しかしそれらは膨大な時間がかかったり、メディアの飛散といった問題点もありまして。

この度、重曹を使ったブラスト、EZ-BLUSTを導入しました。


ガラスビーズや砂といったメディアではなく、重曹の粉をメディアとして

水と混ぜて噴射する事でブラストを行う機器です。


例えばご覧のようにブレーキダストや劣化した塗膜にアルミの腐食といった

所謂ボロいホイールを手作業で綺麗にするのは超大変ですが


入り組んだ箇所まで綺麗にブラストする事が可能でして。


重曹の力で油汚れも洗浄できますので


新品のように綺麗にする事が可能です。


メディアの残留が無いのもEZ-BLUSTの美点です。

但し、研磨力としてはそれほど強くありませんので、適材適所ではあります。


私のサビベスパのボディでも試してみましょう( ´∀`)


ご覧のように錆の根まで落とす事ができます。

が、こういった広い面積の場合は普通のベベル等でザザッと手早く処理した方が

早く仕上がったりもしまして。

重曹メディアの価格も安くないのでこれはかえって無駄になります。


同じくベスパのガサガサになったギアケース部分。


こういった箇所は大得意ですね♪


つまり、エンジンパーツやこういったホイール関係、キャブレター等


形状が複雑だったり汚れが酷いパーツに関しては絶大な効果を発揮する感じで

こりゃポンコツ屋たる私にとって強い味方になってくれる感じです。


このEZ-BLUSTは一般ユーザー向けの販売もありますが、

コンプレッサーの能力的には最低でも3馬力は要しますので

そういった環境をお持ちでないプライベーターの皆様におかれましては

当方にて小物パーツのブラストを承ります。

パーツの大きさや汚れの度合いによって料金が左右されますが

ご興味あられます場合はお気軽にご相談くださいませ。


尚、現在メンテナンスやカスタム等入庫車両が目一杯の状況です。

よって軽整備、軽作業以外の重整備やフルカスタム等の作業につきましては

最短で年明け以降の着手となります。

入庫後即着手、お早いリターンタイムというのは事実上不可能ですので

お早めにご相談頂き、ご予約をお願い致します。

カスタムのご相談につきましては随時受け付けておりますが

全く勝手ながら当方の都合により

ご返信、ご返答が大幅に遅れることもございますのでその点お許しくださいませ。

また、ご相談におかれましては氏名や連絡先等、最低限の情報提供をお願い致します。

あと

絶賛FOR SALE中の車両も宜しくお願い致します♪

97XLH883
こちらはちょっと交渉中な感じになっています。

88XLH鉄仮面
こちらは手が空いたスキに仕上げにかかりたい感じです。


それではみなさまひとまずごきげんよう!





2018年9月25日火曜日

41ナローとオフセット分割ライザー。


みなさまごきげんよろしゅう。


先日、大神戸共榮圏の41ナロートリプルをアーリーショベルにインストールしまして。


いやはや削り出しとは思えないこの造形はいつ触れても驚嘆です。

削り出しとは言っても最終の手仕上げにかかっているわけですが

削り出しという言葉で受けるイメージを根底から覆したパーツと言えましょう。


してこのトリプルはナローと言ってもワイドグライドがワイド過ぎるが故に

所謂普通に心地よい幅で構成されておりますので

ヘッドライトもこのサイズが収まりますし


3.5ガロンやご覧のパンヘッド純正タンク等とのマッチングがよろしいところも利点です。

今回はスプールのインベーダー17mmアクスル仕様にてセットしましたが

ハンバーガードラムや片ハブドラム、SR純正ドラムといった

ブレーキが装着できるのもまた人気の理由ですね。


そして!一旦は仮の純正分割ライザーで納車させて頂きましたが

熱望されておりましたオフセット分割ライザーが納品となりまして早速お取り付け


手前味噌ながらこのライザーはポジションの修正だけでなく

その造形や質感、所有感と何拍子も満足が揃っておりまして

ハッキリ言っておススメです( ´∀`)


乗車中も常に視界に入る事もあってエクスタシー度も高いです。

で、密かな改良としましてはハンドル差し込み部分が深くなっておりますので

クランプ力が上がっております。

とは言え、1インチ未満のパイプに関しては相変わらずご注意くださいませ。



最近では海外からのお問い合わせも多く、

こうなったらPayPalでお支払い頂けるようにした方がいいかな等と考えております。

手作りの少量生産品ですのでいつでも有る部品ではございませんゆえ

なるべく国内の皆様に優先的にデリバリーできればと思っております。

よって、少しでもご興味あられます方におかれましては

お早めにご予約をお願い致します。

あと、お問い合わせは多いながらも中々決まりません絶賛FOR SALE中のXLH883鉄仮面


そして97XLH83も宜しくお願い致します( ´∀`)


と、バリッバリ宣伝しまくりですが

この度また新たに導入したブツがございまして

次回はそちらを宣伝させて頂こうと思います、


ではさらば!








2018年9月18日火曜日

1997 XLH883 SOLD OUT!


みなさまごきげんよう。

さて本日は前回お伝え致しました通り、FOR SALE車両のご案内でして

2年前に購入後、当方で手を入れさせて頂きましたスポーツスターです。

THANK YOU SOLD !


パッと見綺麗ですが実際に綺麗な車両で、

年式は1997年の排気量は883でリジッドマウントスポーツで言うと中期に当たりますが

この年代にありがちな、なんとなくボロい感は全くありません。


車体姿勢はフロント4インチオーバーのインナーチューブで上げてあり

リアはクロームのフルカバーサスで車高を落としてスタンドの立ちも程よい具合でして


外装もやり過ぎると言うか要らん事は全くしておりませんので、

スポーツスターから逸脱しておらず普通に良いバイクですね。


スポーツもこのくらいのチョイ上げですと乗り味を激しく損なわず

と、いうよりリア側に乗る事で日本人的にはむしろ乗りやすくなるくらいでして


ルックスと走りのバランスが良いセットアップになっています。


状態の良さは写真からも判断して頂けると思います( ´∀`)

と、いうのも全体的にフレームのリペイント等、お金をかけて仕上げてありますので

当然と言えば当然ですね。


走行距離は現在21641kmです。


黒塗装の2.25ガロンスモールタンク。


磨き傷等はありますが綺麗です。

そしてウイングロゴはデカールではなくペイントのようです。


オイルタンクまわりも綺麗ですね。


フェンダーも綺麗な部類かと思いますがシート下等はそれなりの小傷等あります。

あと、厳しい目で見ましてストラットのメッキは多少経年劣化が見られます。


シートはトランプさんのでしょうか、

ムッチリ感、艶感よろしいカッコいいのが付いています。


そしてそして、この年代のスポーツスターでは錆の定番箇所であるこの部分。

ご覧のようにツルピカで錆のサも字もありません。


同じくよく錆びますネック部分もご覧の通りでして


フレームのリペイントは当然コストがかかりますが

やはり絶大な気持ち良さがあるのも事実ですし

バイクがパリッとして見えるのは当然として、所有感も非常に高めてくれます。


フェンダーも綺麗です。

が、フォークシールは替え時な感があります。

走らせての劣化というより交換後殆ど走っていない事が原因かと思います。


ハンドルはラビットバーになっています。

お小言を言わせてもらいましたら

ライザーブッシュにガタが出ていますので交換したいですね。


細かい事ですがメーターのリムに少し傷と薄い打痕があります。

ご覧の通り。


好みの分かれるハンドルですが、この辺は別なハンドルに変えるのもアリですね。


吸気はブリーザーがキャブサポートと一体になっております

大神戸共榮圏とウチの共同開発の、ワンスロートキャブカバーキットを装着しており

キャブセッティングも出しております。

2年前の装着時にインテークマニホールドシールも交換しています。


ヘッドブリーザーの5速スポーツにおいて

ネックレスのようにブリーザーホースを垂らさずに済み

しかもこのまま車検に通せる見た目にも機能的にも優れたパーツです。

手前味噌ですがw


コイルとイグニッションスイッチはバッテリー下へ移動されております。

キーはオリジナルキーが1本、ハンドルロックキーは有りません。


ウインカーは社外品ですが、まぁこれもお好きにいじってくださいという感じです。


レバーはアントライオンのビレットアジャスタブルレバーで


ブレーキ、クラッチともに揃えてありまして

左右で3万円弱もする高級レバーが奢られています。


マフラーは社外のテーパードで、それ程うるさい印象はありません。


リアショックはこういうのが付いています。


リアのパッドはまだまだ残りがありますが


フロントはそろそろ交換時期です。

ブレーキホースはブラックコーティングのステンメッシュ。


フロントタイヤはAVON SスピードマスターMk2でバリ山というかほぼ新品です。


リアタイヤもヒゲがバリバリ残る純正タイヤでこれまたほぼ新品ですね。


エンジン周り。


クランクケース等、アルミ素地の部分は多少の腐食が見られます。


あと、ヘッドボルトはエボスポの掟といいますか、やっぱり錆びています。

まぁ磨くなりカバーをつけるなりして遊んで頂ければよろしいかと。


またお小言ですがクラッチケーブル根元からのオイル滲みをシーラントで止めようとしてありますが

ここは残念ながらどうしても滲みますね。

ケーブル交換時にOリング交換しようかなっていう感じです。


現在車検切れです。

車検証的には記載変更済みで、マフラーを念のため交換して左ミラーを取り付けましたら

そのまま車検合格出来る仕様で

高いか安いかと言えば格安ではないと思いますが

現在売り出し中のXLH883と同じく

かかっているコストを考えると妥当かむしろお得であるとも思います。


現状販売となりますが、

車検や消耗日の交換、仕様変更等も別途承ります。


委託販売となりますのでオーナー様の売却希望額は尊重致しますが

まずは現車を確認して頂きまして

価格交渉など細かい部分を詰めていければと思います。


いずれにせよ外観的にはこのまま乗って恥ずかしくない状態ですし

実際に綺麗に仕上げてある車両ですので

是非とも一度お問い合わせくださいませ。

こんな感じに弄りたい!とか、こういうスタイルが好きな方には

確実におススメ出来る車両です。

ご一考頂けますれば幸いです。


と、いうわけでひとまずさらば!


あ。。。XLH83鉄仮面の方も宜しくお願い致しますw