2018年7月13日金曜日

スーサイドブレーキ。


すっかり夏っぽい雰囲気ですが先の豪雨でこちらも少し混乱が生じていました。

我がホームコースである県道8号線も土砂の流出や農道の崩落など

走るには少し注意が必要な状況です。

注意が必要と言えば、結果として作動させるのがブレーキなのですが

そのブレーキが全く効かないアイアンのドラムを分解してみました。


と、言うのもブレーキアームを改造した車体に合わせて下側に向けてありまして。

写真の状態でアームは右から左へ引かれてブレーキカムを作動させる事で

シューがライニングに押し付けられるように開くという当たり前な動きなワケですが。

この組み方ではブレーキカムの直角部分、つまり反対側を使ってシューを押し拡げるので

初期では全くシューが拡がらず、その先で急にブレーキがロックする事になります。


そういう無理なというか設計外の動きを強いているのでシューにはクラックが。


そしてライニングにもシューがきちんと当たっていませんで。

この状態でブレーキが効くはずもなく

というか積極的にブレーキを効かないようにしてあるのと同じでして。


さらには固定ボルトのうちの一本は緩んでいたりと早い話が死ねますね。

そしてドラムのありえないところが綺麗に光っているのも気になりますが

これは切削加工を行ったものである事がわかります。


と、いうのもシューが干渉しないように削ってありますし

シューには擦過痕がありませんので。

で、どうして削ってあるのかと言うと干渉するからなワケですが。

3つ前の画像でホイールベアリングが随分と沈んでいるのが写っていまして


速い話がこの図で言う8Aのスペーサーが入っておらず

バックプレートが内側へ寄ってしまう為です。

正しくは8Aのスペーサーの厚みでバックプレートを適正な位置へ戻してあげるって事で

それを行っていないとプレートはアクスル内でフローティングマウント状態でして

ペダルを踏み込んだ際にドラムプレートが動くというアイアンにお乗りの方は

是非ともここを要チェックして頂きたいと思います。


ドラム、シューを交換してホイールベアリングの位置を戻し

リンクをフレームギリギリ通るように修正した上でアームの向きを正しく直しましたら

当たり前ですがきちんと初期制動からフルブレーキまで効くようになりまして

そもそもスポーツモデルであるXLのブレーキが効かないはずないという感じです。

というか基本的に効かないブレーキなどあるはずもなく。

ドラムブレーキだからと言う人がたまにいますが

タッチやコントロール性、ブレーキが効く向き等ディスクより不利な面はありますが

拘束力としてはむしろディスクより強いくらいなのがドラムブレーキでして

多くの車両のパーキングブレーキやセンターブレーキはドラムでした。

ドラムである事を言い訳にするのはカッコ悪ぃと思います。


ドラムついでにこちらは全く効かないメカドラム。

チェーンラインが狂っているように見えますが


バッキングプレートの回りどめがフレームに噛まないままアクスルを締め上げてあり。


当たり前ですが前方は奥に入ってしまっていまして


後方は浮いている状態で

当然バッキングプレートは歪んでしまい、簡単に言うとオシャカです。

ブレーキが効かない、フィーリングが悪いという方は

ナニもウチに持ってきてくれと言うわけではありません

ブレーキ形式に罪を被せて自分とバイクを誤魔化さずに

システムとして適正な状態にあるかどうか。

ここのところを今一度見つめ直して頂きたいと強く想う次第です。

バイクで怪我をしない為に。

バイクで命を落とさない為に。

そして何よりバイクと楽しく走る為に。






2018年7月10日火曜日

A-DAY 18TH #Last




いい感じのエボ♪

ストラットの残し具合とかおさえた色味とか、匙加減がよろしい雰囲気ですね。


タンクはぐっと詰められてる感じで底はブロックヘッドを大きく逃げてる。

ピンストのフレイムスは擦れたところを描き足してるのかな。


タンクの割れ目にはアルミのカバーがあつらえてありますが。


隙間隠しというよりも角パイプのフレームが露出する部分を上手く隠してる感じで

厚みのあるシートとの段差も解消するように作ってあるのが見て取れますね。

と、相変わらず勝手に思っているだけですが( ´∀`)


ブレーキホースの分岐がグッドリッジ。

コレ、幅があってバンジョーも使えるから変にホースをクネクネさせずに取り回せる。

ストローク時のたるみも持たせやすいし結構具合の良いパーツだと思います。


マフラーも綺麗なラインで寄せてるし、オールドテイストで上手にまとまった車両で

私個人的にこういう攻め方大好きです。



ワイグラでカチ上げですがこの旧型の41は良いですねぇ♪


分割ライザーは下駄を履いてる。


定番といえば定番ですが定番だから何か?って感じで、シンプルでいいですよねぇ。


ダダダっと乗りやすそうな姿勢で走る姿が想像できる感じです( ´∀`)



おお!初期4速スポーツ♪

私は4速スポーツを愛して止まないというか病むほどに愛しておりますが

このダビッドソンと数字だけのシンプルな純正外装は特にラブです。

オタク的にはウインカーがとかミラーがってなるのかもしれませんが

生活感って言うんですかね、こういう実用されつつ走ってる感じも良いではないですか。


カバーがスクリーミンって事は裏手にあるバタキャブがどうなってるか気になる。

黒いバンスの2in1もよろしいですねぇ。


リアマスターには自作のカバーを付けてヒールガードにしていると思われます。


アイアンのフェンダーなんですが

カタログ写真みたいなのでコレがついてるのを見た覚えがあります。

と、こちらの4速スポーツを拝見しているうちにどうもムズムズしてくる感じで

さりげなく抜け駆けして、その言葉の通りちろっとバイクで駆け出してしまいまして


昨日曇天で叶わなかった富士山とのツーショットを狙いにいきまして

オタク的にはもう意味不明な状態になってしまった4速スポーツで申し訳ありません。

なんて微塵も思う事は当然なくwやっぱりこの辺は走ると超キモチイイです♪


本当はこの先まで行きたかったのですが時間的に苦しいという事で

また来年、ここに来てあそこまで走れたら良いなぁ。


と、いうわけで毎度A-DAY帰りの定番となりました家族風呂でバシャバシャしまして

無事に家まで帰り着き、家族サービスを騙った自己満足行為が終了しました( ´∀`)

それではみなさま

ごきげんようw






2018年7月3日火曜日

A-DAY 18TH #13




佇まいがよろしいエンフィールド。

正直どういうモデルなのかとかは知りませんが色々手を入れてあるんじゃないかと

思ったりしまして。


どこをどう改造してるかとかはよくわからないワケですが

まぁ別にそんな事よくわからなくて良いわけで

早い話がいい感じだなと思った次第です。


いい感じなブレーキも付いてますしね。

これまた何の何というブレーキかは知りませんが2リーディングでスクープ付き

って事だけはわかりますw

それにしてもアクスルのクランプは随分ゴツい作りでナットも凝ってますね。


執念深くドリルドされてる。

私は大雑把すぎる性格ゆえにドリルドは苦手でして

多分3個目くらいの穴で失敗してそのまま終わるでしょうね。


キックペダルも。

双方とも軽め穴と言うよりは滑り止め目的であろう事がわかりますね。


電装ケースはインドっぽい。

こういうお香立てありますよね( ´∀`)

っていう感じを狙っているのかいないのかは当然わかりません。


高級なメーターがついてる。

ブラケットは綺麗なラインで作ってありますね。


レブカウンターはアナログな高級品ですがリプロなのかどうとかより

トップブリッジからメーター周辺まで非常に美しい造形でそっちの方が気になります。


繊細なレンズカット。

マルチリフレクターには絶対に真似できませんな。


手縫いと思しき雰囲気のあるパッド。


デコンプレッションの根元部分にはバネが入ってる。。


こちらは装飾的なドリルドが施されてる。

何かっぽくしたくて頑張ってると言うよりも

このバイクが好きで手を入れてる感じかなと勝手に感じました。


ドカのこれもなんていう名前か知らないドカ。

ドゥカというよりドカなんですよドカは。

そしてどこかワルいレーシー感がビシビシしてまして良いなと思いました。


前後のタイヤもサイドまで使い切りって感じで

デロデロに溶けてるわけじゃないってことは

まんべんなく普段乗りから結構きちっとタイヤ使ってるのかなみたいな。


それにしても凄いフレームですわねぇ。

バッテリーを前の方に抱いてるのに驚きましたが

設計としてはもうアタマ入れてガンガン走っちゃってくださいって感じなんでしょうね。


FCRがチラ見え。


マニホールドというか吸気管長ぇ!


テールはこんな感じに改造されてる。

もう改造って言葉がしっくりきすぎて好きです。

なんて言うんですかね、ドカらしいままに自分らしくいじってあるというか

こういうイジり方って昔から好きです。

こういうのもセンスなんですよね。






2018年6月29日金曜日

A-DAY 18TH #12




スマートなエボスポーツはグラベルクルーさん作だったと思います。

エボスポはこういうシュンシュンしたスタイルが良く似合いますねぇ。


リムやハブがグレーで引いて見える。


ロッカーカバーにはEMDのXRタイプのカバーがついてる。


なるほどこうなってるのかぁ。


オイルタンクはシートレール下に左右対称で収まるように製作されてますね。


バッテリーは左サイド下側に移動。

エボスポのシートレール下は見た目より内部が狭いので

ここら辺くらいしか行き先無いんですよね。


薄いタンクを深く被せてある。

エボスポーツでコレをやるのもフレーム形状からしてとても手間がかかります。


この車両も限界ギリギリまで被せて、燃料の取り出しは前から。

真ん中より後ろはご覧の通りスペースが無くなるんですよねぇ。

エンジンハンガーとタンクの間の空間にはスイッチ類を配置。


グリメカのマスターにはやはりマグラのレバーが一番合うように思いますね。

こちらもまとまり感の高い車両でした。



ヴィンテージパーツで構成された車両だけれども姿勢がよろしいですね。


デロルトポンパーに自作と思しきバードディフレクター。


このランプを前後左右に、ウインカーとして使ってる。


インベーダーはミニディスクが似合いますねぇ。


ロッカーの形状が素敵だなと思いつつ。

アクスルのナットには緩み止め様にイモネジが入るようになってる。

リアレッグ、フロントレッグ共にクラウンナットを使って割りピンが入ってるとか

当たり前なんですがこういう機械として当たり前な事は大事ですよね。


フィンのキッカーカバー。


プランジャーサスって伸び側た縮み側それぞれのレート設定とか

車高調整も出来るだろうし案外と面白そうなサス形式ですね。


マフラーはフレームの内側を通してるけど

そのために前の方からじわじわとマフラーを内寄せしてきてる。


アリスのツバつきを2段で。


ワルい雰囲気ですなぁ。