2013年10月6日日曜日

SPEED AND CUSTOM SHOW 2013 #22





単気筒。

350ccのやつかな。堂々とした佇まい。


こういうキャップの造形とかは気になってしょうがない。


どんな機械を使って作るかとかもあるだろうけれど

現代のハイテクな加工機でも「作る」って言う動作は同じなんだな。

いろいろ考える。


自転車に近い。

この線の細さ。

エボスポくらいになると不必要なほどに太い。


機械感が激しい!


ハンドルの足。


燃料タンクの占める割合がこんなに大きいんだな。


横への張り出し。

後端のラインの収束。

気になることばかり。




スイングアームがついた、こういうのも好き。

ヘッドライトが無いぜと思ったら、明るそうなのが横についてた。

走ってるんだなぁ。


これいいな。


寂しくならない位置に排気が行ってる。


風防もいいなぁ。


悪魔もいる。

ブレてるけど。



幅狭タンク。


底のことはずっと考えてるし、見させてもらってる。

コウバチョッパーのタンクだって、あんなもんじゃないよ!

きちんとやり直す。




いい感じだ。


このエリアにはあと2台増えるんだけれど、それはまた後ほど!








0 件のコメント:

コメントを投稿