2013年3月1日金曜日

犬の鉄は鉄の犬




鉄の犬・・・否、犬の鉄である。

と、いうのもINU監督がチョン切った後ろ側のフレームを無理言って送って頂きました。

目的はどうしようもないほどにどうしようもないエボスポフレームの研究の為であります。


首の造形が終わってるのは勿論、ここらへんも非常にややこしい。


ここのパイプがエンジンマウントと絡んでるというか、エンジンマウントになってる。

おまけにスイングアームピボットまで纏わりついてる。。。。。

首はともかく後ろ側は一応思い描いてる形があるのだけれど、先に状態が見れて良かった・・・


ココの立ち上がりも・・・・・角度的にも位置的にも厳しい。

この部材をベースにして試し切り→後ろ側の試作と駒を進めていく予定。。。。

4速スポーツと5速スポーツの違いもわかったし、大きな収穫であります。


こうして細かく見ていくと、尻をKフレームやアングルフレームに入れ替えるというのは上手い。



同じくコウバ長なりに色々考えてると、ショベル4速フレームがチラチラしてくる。



でも・・・・全部作り変えってのはちと違うんよね。。。。。



もちろんアイアンのフレームにEVO4カムを載せるとかも。



アイアンに乗り換えるとかも勿論違う。



乗り換えは楽で早くて安いんだけれど・・・・・・・・・・






いちいち苦労して、どうしようもないエボスポフレームをどうこうする。


自分自身の選択


とにかく、ライトにシンプルにやってみよう。


変わったことがしたいワケじゃなくて、今回はアウトラインを形作るためのフレームが目標。


一気にいかずに段階を踏んでいく予定です。




大切なフレームを提供して頂いたINU監督には感謝するばかりであります。








2 件のコメント:

  1. そりゃ乗り換えたら面倒がないよねえ…
    しかし何故が面倒なことをしたがる我々。
    4速と言えば昔フーリガンズという京都のお店がエボスポの後ろのをサスの取り付け部分を4速に変えてボルトオンリジッドしてたっけな。
    http://inuchopper.blogspot.jp/2010/06/1200sk-xlhkh-k-k-k-crk-xlh-k.html

    返信削除
    返信
    1. 乗り換えるっていう簡単な方法じゃないやりかたで、得たいものがあるのでしゃう。。。そうしなきゃ見えないものもある!

      4速の尻と首は惹かれるものがありますわねぇ。
      さすが、昔からよく見てはりますなぁ~。

      削除