2013年2月27日水曜日

伊勢神宮(内宮編)③




 龍みたいな枝。。。。。。



 唯一神明造の御正殿へ。

 ここは階段の下からしか写真撮れない。


 高床式倉庫から発展した伝統的な造りなんやね。


 木の隙間にキノコが・・・・・・・・・

 http://www.nirs.go.jp/report/nirs_news/9712/hik2p.html




 おおお。。。。。今は遷宮(建替え)の時期で、25年には新しい社殿ができるらしい。

 それにしても工事用の壁がわざわざ灯篭を避けてる。


 こういう避け方って好きやなぁ。


 元はこんなん。。。。。


 


 凄い木がある。


 この部分から下・・・・・・・


 こんなになってる!!人の手がここまで木の表面を研磨するんやなぁ。


 攻撃性が少ないから、木が生き生きと研磨されてるんやわ。

 モノを削るとき・・・・・・みんな何考えてる??

 こういう「削り物」を観てみるといい。

 どのくらいの切削力の道具を選択する??

 そういうことの答えが、ここにはあると思う。


 そういう物づくりをする人たちが居る。

 きっとそういう人たちはこういうところを見逃さない。


 この建物は手前半分の屋根が修理されてるけど・・・・・・・


 やっぱり木が上空にある部分は土に還ってる。。。。。。

 おもしろいなぁ。

 木から何か降ってくるんやろなぁ。


 蟻の巣みたいに断面が見えてるのもおもしろい。

 木から滴る水滴には生命があるんやなぁ。


 

0 件のコメント:

コメントを投稿