2013年2月5日火曜日

舞鶴 赤れんが博物館#10


 皆様おはよう御座いますであります。昨日はネット接続が断ち切れる&激しく首を寝違えるのダブルトラブルでコウバ長撃沈でありました。。。。本日も首が回らないままお送り致しますレンガのお話であります♪


 ここがホントのレンガ博物館。


 この建物も素敵やなぁ。


 魚形水雷庫・・・・・・つまり魚雷の保管庫であります。


 ちょっと質感の違うレンガの壁・・・・・・・ベルが埋まってるなぁ。


 なんと・・・・・・・江戸と東京をつないだ建築デザイナー・・・・・・・・すんごい人なんやなぁ。
 
 http://www.city.handa.lg.jp/contents/05030013.html


 さっそく中へ・・・・・・・



 すごいオルゴールがある。


 やっぱり苦手やなぁ・・・・・・・・・


 ほえー。オルゴールミュージアムとかも楽しそうやなぁ。

 さてさてレンガを見てみませう。。。。。。。




 おおお!!!!なんと色んな場所のレンガが!!!!!!
 


 サン・ピエトロ大聖堂のレンガ。修復作業用にレンガの復刻までしてるんやねぇ。しかしオリジナルとは随分質感が・・・・・・経年劣化を再現するとワザとらしくなるから、敢えての選択かなぁ。補修って難しいなぁ。
 

 アウシュビッツも・・・・・・


 ベルリンの壁まで!

 なんと色んな場所のレンガが集められてる。。。。。。



 世界最大級の惨劇が起こった強制収容所のレンガ・・・・・・・纏ってるものが違う。ガラス越しでよかったよ。。。。。。。。。


 こちらはベルリンの壁。こうした歴史的建造物の一部を切り取って展示するっていうのはとても有意義なことやと思うなぁ。


 これはクレムリン(城塞)のレンガ。旧ロシア帝国の宮殿やなぁ。


 なんとメソポタミア文明・・・・・・世界最古の文明。。。。。。レンガの歴史って凄いんやなぁ。


 細かく楔形文字が・・・・・・


 レンガの固定は天然アスファルトやったらしい・・・・・・・・ 


 現存最古のタイル!!


 ・・・・・・粘土釘!?!?!?


 す・・・・・凄すぎる・・・・・美しい造形に楔形文字・・・・・・・・こりゃ震えるわ。


 足あとが・・・・・・・・


 インダス文明かぁ。


 こちらは中国の前漢時代のレンガ。


 人が浮き彫りになってる。。。。。


 レンガにも色々あっておもろいなぁ。






0 件のコメント:

コメントを投稿