2013年2月13日水曜日

舞鶴引揚記念館#7




 いよいよ引き揚げ・・・・・・・・

これだけの人たちが。。。。。。


 相当な混乱やったんやろなぁ。


 色々なものを背負って帰ってこられたんやと思う。言葉が出ない。















 次回最終で御座います。

2 件のコメント:

  1. 「背負う」ものもあれば「抱える」不安も計り知れないものだったと感じました。
    帰って来たものの、帰るあては無く、頼るものも無い。
    多くの人たちがそのような状況だったと。
    着の身着のままで、日々を必死に生き抜いてこられた方々。
    私は、あらためてそういう方々に敬意を表します。

    返信削除
  2. ここの展示は引揚げ時の喜びも勿論展示してありますが、その裏側にあるものに思いを馳せますと非常に複雑な気持ちであります。
    大変な思いをする反面に希望や楽しみを何とか捻り出す者。祖国へ帰ってこれたものの辛い思いをした者・・・・・私にはそのような心情を到底理解できようもありませんが、表面を舐めるだけではなく敬意をもってしっかり考えさせていただく良い機会を与えてもらえる施設であると思います。

    返信削除