2013年2月8日金曜日

舞鶴引揚記念館#1


 舞鶴赤れんが博物館との共通券を用いまして、少し離れた舞鶴引揚記念館へ。。。。。。

 建物の全体像を撮っていないというまさかの失態を演じつつ、いってみませう。


 これを読んでて撮るの忘れたんやな。多分。。。。


 舞鶴港は引揚港としてだけでなく・・・・・・・日本に在留していた中国・朝鮮人の送還のための指定港でもあった。


 風化させてはならない史実であります。



 ユネスコ世界記憶遺産。。。。。

 http://matome.naver.jp/odai/2126758496459945001


 ちゃんと子どもたちにもわかるようにルビがふってある。



 千羽鶴がある。。。。。驚くべきことに・・・・・千羽鶴の完成品を通販する業者もおるんやなぁ。こういう本物の千羽鶴には到底敵うまい。。。。。。


 年表が壁を巡っている。


 さらに新聞の紙面も大きく。


 正直、いろいろな物事を内包しすぎていて全てを把握しきれない。。。。


 それでも、実際に目にして見ることは大事やなぁ。その時に感じれたものがあればそれでいいし、何かしら考えることも出来る。

 いちばんイカンのは、何も見ず、考えもせずにボケッとしてることかなぁ。。。。。


 ただいまの裏にあるさよなら、嬉しいの裏側にある悲しいこと。。。。。


 そういうのが渦巻いてる。



 出征時の姿。

 日の丸と日章が渋い。。。。



0 件のコメント:

コメントを投稿