2013年2月5日火曜日

舞鶴 赤れんが博物館#11



 渋い荷車・・・・・


 ハブキャップがええね。ボケボケやけどな。。。。。。。(泣


 OM-Dに対抗してちっと頑張ってみる・・・・・何とか撮れるわ。。。。。気合やな。。。。。

 現存する会社なんやなぁ。「謹製」の印字が素晴らしい。


 こんなレンガを運んでたんやね。


 この一角はホフマン窯の一部が再現されてる。

 独逸式で、効率よく順番に焼成を繰り返すことで大量生産を実現したんやなぁ。


 手を触れないのは常識じゃ。。。。。。。。


 美しいカーブやなぁ。。。。。


 レンガにも色んな模様があるんやな。


 う~ん、素敵やなぁ。


 タイルもある。レンガの発展形がタイルなんやなぁ。レンガを積み上げたときのレンガ側面のサイズで、薄く作られてるのが外装タイルの始まりらしい。。。。。


 やはりというか装飾的要素が強い。そしてこちらも美しいなぁ。


 めさくさ素敵やわ。。。。。。


 キャバン・クラブのオリジナルレンガ!!!ビートルズの演奏が沁み込んだレンガやでよ。。。。


 ビートルズファンにはタマランやろなぁ。



 百合の紋章・・・・・・・


 ・・・・・・左隣の「悪魔のレンガ」・・・・・・ブレブレで撮れてなかったよ。。。。。。。。


 孔あきもある。




 カッコええ建物の写真・・・・・・・


 なんと岸和田にホフマン窯があったんやねぇ。


 すごい。。。。。実物を観てみたいな。


 ↓にもっと鮮明な写真が掲載されておるので、ぜひとも観てくだされ・・・・

 http://www.city.kishiwada.osaka.jp/soshiki/70/kosyasin-bunnkazai-4.html




 このレンガには漢字で刻印が・・・・・・・・・


 ほんまに、観てて飽きないなぁ。


 

0 件のコメント:

コメントを投稿