2015年6月27日土曜日

Street Car Nationals 2015 SUZUKA #17




32年型でもシボレーだとこうです。

デュースの黄金比とはまた違った、どこか気品のある佇まいですね♪


タイヤのハイトがいいなぁ。

ホワイトウォールを裏履きしてる。

ステアリングロッドは前取り回しのスーサイドアクスル。


ノンチョップのキャビンにコマーシャルグリル。

ドロップアイビームを前面に見せて綺麗にまとめてますね♪

これくらいアクスル位置の自由度が高いと振り幅がデカいなぁ。


グリルティースを入れないパターンはややハイテックな印象だけど・・・

トータルでやればこういうスタイルにもきっちりハマりますね♪


マーキュリーのボディワークとしてはかなり低いほうじゃないかなぁ。


かなり深いペイント。

メッキではなく塗りのライトリムがこの車両のキャラクターに合ってる。


このフォグ持ってたなぁ。


’37Chevy

クーペのワルさとはまた別なワルさのあるセダンボディ。


’39

この辺りはもうボディの仕上げからクリーンさ、小物類まで半端じゃないクオリティです。


’36プリムス。

もうプリムスは基本的に反則級のカッコ好さですね。



仕上げっぷりにどこかミニトラックの匂いがする3100。


アパッチは完全にワルいなぁ♪


おなじみのC10。

この高さから見るとキャビンの形が思っていたよりイイですね♪

見るときの高さって重要だなぁ。






0 件のコメント:

コメントを投稿