2015年6月19日金曜日

アルミ鋳造ワンスロートキャブカバー


みなさまごきげんよう♪

ちょっと気分を変えて、ワンスロートキャブカバーをいじってみました。


鋳物バージョンです。


削り出しカバーのカチッとしながら柔らかい造形も捨てがたいのですが・・・・

一号機にはちょっとパリッとしすぎてる気が。


ここは後加工ではなく鋳抜いてある。


凄いですよね♪

こんな細かいところまで抜けるんだなぁ。


削り跡とかをある程度修正して鋳肌は多め残しで。

燻してからポリッシュしてみました。


乱反射するくらいにぺカッと磨くのもイイですね♪

今回はヘッドの質感に揃えてみました。

ちなみにサポートは試作品ですので、製品版はもっと美しいですよ♪

4速ならではの細い固定ボルト周辺は今一度見直したほうがいいですね。

現状では不細工。


削りも良かったけど、こっちのほうが収まりがいいなぁ♪

こういう振り幅の大きさというか懐の広さは鋳物かなぁ。

鋳物バージョンも取り扱いしておりますのでお問い合わせくださいマセ♪


走りだけでなく配線やネジ、ボルト、バンドや質感の調整・・・・

まだまだ細かいところを煮詰めていかなくてはなりませんね♪


終わらないなぁ♪





0 件のコメント:

コメントを投稿