2022年3月31日木曜日

α-14に交換。

 

みなさまごきげんようっと!


私事ですが私のGSX-R1100はバイアスのBT-45を履いていて

このタイヤは前オーナーが前回車検時に交換しているので

前オーナーが4600km走り、私が1100km走って5700kmほど擦り減らしたわけですが

4600kmも使われているともう前オーナーの癖がついていて

サスもそうでしたが全然私に合っていない状態で何気にストレスフルでした。


タイヤ代は安くねーので交換にはコストがかかり

タイヤがどのくらい残っているのかっていうのは中古車を購入する際に

結構大事なポイントで、私はその辺も睨んで購入したのですが

結局たったの1100km走ってタイヤを交換するハメになり

やっぱタイヤは基本的に新品交換するつもりで中古車を購入するのが良さげです。


そして私は個人的にはハイグリップタイヤが履けるか否かをかなり重要視していて

18インチでタイヤの選択肢が少ないと言われる油冷初期型ではありますが

ダンロップのα-14がラインナップにあるので全く問題なく

元々α-14を履くつもりでしたので値上げのタイミングもあってα-14を購入しました。


ちなみに過去の購入したスパーダもZX-10もα-14が選択可能な車両で

どんだけα-14履かせたいねんお前はという感じで

いよいよそれが実現しまして。

いやはやレースレプリカタイヤと言うだけあってスリックかよ!

みたいなノリでバリクソかっこイイっす🎶


そして早速皮剥きに80kmほど走り回ってきました( ´∀`)

期待通りというか、やっぱり最新のハイグリップラジアルは素晴らしいです🎶

まずフロントの安定感がステダン入れたのかっていうくらいしっかりしています。

タイヤの特性的には頭の入りがすごくイイ。

んでもって緩いコーナーを繋いでひとつのコーナーとするみたいな事がやり易く

ドーンとブレーキングして向き変えがサッとできるので

スロットルを開けるタイミングがかなり早くなります。


皮が剥けたかなという2本目のリアタイヤ。

あ、スイングアームには先日のオフラインでゲットしてきたCPWさんの

NO ONE IS ILLEGALステッカーをかましました( ´∀`)


反対側はF○○CK THE SYSTEMをぶっ込み。

このα-14というタイヤ、リアのハイトが結構高くて

恐らくキャスターを立てる目的だと思うのですが

頭の入りの良さはその効果な気がします。


空気圧はF2.5のR2.9で最高のパフォーマンスを発揮できるように設計したという

メーカーのと言うかジャトマ(JATMA)指定値を頑なに守ってみました。


個人的には大体F2.2のR2.5くらいがお好みの空気圧な感じでしたが

たしかにこの指定空気圧でも全然悪くないと言うか

私みたいなボンクラが公道で使うにははコレで良さげです。


そもそもラジアルならではのタイヤを潰す走りが出来ないうえに


スローペースでチンタラ走っているだけなので

タイヤの性能を使い切る感は全く無く

微妙に宝の持ち腐れ感は否めませんが

メーカー指定空気圧でこのタイヤのライフがどれくらいなのか見てみたいと思います。


そして色々バラすにあたって、この車両でずっと行ってきている

私が大嫌いなステンレス製六角穴付きボルト撲滅作戦も実施しました。

誤解しないで頂きたいのはこのボルトがダメなのではなく

座繰り穴など適材適所に使えば良いのですが

フラット面にこのデカい頭が露出しているのが非常に嫌いなのと

どこでも手に入るお手軽なノリに耐えられず


これまた純正流用にてこういう頭の窪んだフランジボルトに交換しました。


まぁそもそも、こんな不安感満点なキャリパーの取り付け自体どうかと思うんですがね、、

コレ、下側のマウント穴をM10に掘られちゃってるので純正にも戻せず

今のところ別に不具合は無いのですが気になるポイントです。


さらについでに荒れていたリアのローターを交換(既に焼けちゃってますが)して

ローターボルトも前後とも全て純正新品に交換しました( ´∀`)

これでだいぶ気持ちがスッキリした&抜群に乗り易くなったので

来月車検時を受けつついじったり走ったりしていきたいと思います。


ではさらば!











0 件のコメント:

コメントを投稿