2022年9月22日木曜日

ガタガタの74スプリンガーを修理す。

 みなさまごきげんよっす!

コウバ長です。

長年の眠りから叩き起こされつつある90FLSTC。

リアエンド、エンジン周りに駆動系と作業を進めてフロントエンドへ移行します。

今回はブレーキシャックルのピボットのガタの修理も承っておりましたが。


ガタを確認してみますとシャックルだけでなく

リアレッグのロッカーのピボットがガタガタと動いていまして。

ロッカースタッドが前後で逆に組んであるのも気になります。


そしてステムもガタガタ。

ホントうちに入ってくる改造車はコレ多いです。


リアレッグのボルト穴は0.6mm削れて拡大されてしまっていて

コレをどうしたものかと考えて色々方策を練ったりしましたが

そもそもパイプを潰しただけの部材なので、ロッカースタッドをきちんと固定して

ロッカーが全てスムーズに動くようになればココへの負荷は大きくないと判断し

一度キチンと組み直してみる事とします。


と、言うのもロッカーが調整されていなくて全然動いてなかったんですね。

ロッカーが動かないので路面から受けた衝撃は全てピボットへ逃げてゆき

想定以上の負荷がかかったという事です。

ロッカースタッドには腐食痕がありますが、動いていないので当然こうなります。


このスタッドが生えたヤツは本来リアレッグ側に装着されますが

本来入る大きなスペーサーではなく数枚のワッシャーを重ねてあります。

この構成だとグリスがどんどん外へ出てきてしまいます。


スタッドとブッシュを交換しようと思いましたが

寸法を測ると摩耗は見られず

まぁ動いていないので当然ですが、、

ホーニングと研磨で何とか再生していきまして。


仮組みして一旦調整しておきます。

前側のデカい6角は特に調整が微妙で、車体に全て組まれた状態だと調整不可能です。

ココはスプリンガーにとって肝心要の調整部分なので

面倒でも負荷を抜いて単体で調整しなければなりません。


ステムは見慣れないコーンナットが、、、


ダイスですね。

こんなモノで締めていて適切にプリロードをかけられるワケもなく。

これはちゃんとテーパーベアリング用のコーンナットに交換するとします。


油っ気の無いロアーベアリング。

上下ともベアリング、レースを打ち替えます。


赤茶色に錆びてしまったスプリングは油を入れてしっとりさせておきます。

せっかくフォーク全バラしていますので( ´∀`)


一旦仮組みして、弾き出した必要パーツが揃うまでしばし待ちです。

スプリンガーは単純構造ですが、それだけにきちんとした組み上げと

適切なメンテナンスを要する部品ですので

車検毎にチェックするくらいが丁度良いですね。

フロントエンドを組み終えたらレッツ車検です!


ではさらば!








2022年9月9日金曜日

BDL。

 

みなさまごきげんよす。

さて7年の眠りから目覚めるべく’90FLSTC90さん。

色々メンテしてエンジンは安定してかかるようになりましたが、

アイドリングが五月蠅い。

ガラガラガラガラ、、

ご依頼にはありませんでしたが、追加作業にてこちらも修理します。


原因は簡単で、クラッチのフリクションプレートのガタですね。

コレはいくら調整しても直りません。


インナープライマリー改のベアリングサポート。


本来のご依頼であったメインシャフト周辺のオイルシールをまず交換しまして。

クワッドシールの交換も勿論忘れずに。


クッタクタのチェーンも交換。

メードインジャパンのシールチェーンです。

シールチェーンの何が良いってチェーン表面の綺麗に保てる事です。

ところでトルクも車重もあるのにハブダンパーを持たないハーレーの場合、

チェーンの寿命が一般的なオートバイより短いです。

まぁだから進化の過程でベルトドライブになったんですが。

なのでチェーンは確かな品質のものをしっかりメンテナンスして使うべきです。

もうね、バイクの部品でケチって良かった事は一度たりとも無いですよ。



油ギトギトも解消されて綺麗サッパリですね。

ご存知の通り90年式なのでメインシャフトはスプライン。

それまでのテーパーシャフトと違ってプーラーが要らないので楽なんですが

グリスで張り付いていて結局プーラー使いました。

ちなみにBDLのこのタイプは4速の5スタッドや3スタッド用の穴がいっぱいあいた奴が

少し工夫すれば使えますですよ。


で、ガタガタの原因はフリクションプレートのこの部分の摩耗で

新品と比べるとご覧の通り。

アルミなので弱いんですよね。

しかしながら、BDLとしてはクラッチシェルに段付きが出来るよりも

プレートが減った方が良いと考えている感じで

アルミなのは放熱のこともあるでしょうが深い事情がありそうですよね。

まぁ一般的なクラッチシェルと違ってBDLの場合、段付きになるのはクラッチドグで

12本あるこのドグも交換可能になっていて非常によく考えられています。

1番の消耗品であるフリクションプレートをヒューズにしているわけですね。


しかしBDLとしても耐久性には疑問があったのか

現行のフリクションプレートはドグに噛み合う部分が倍になっています。

これによってフリクションプレートは倍使えるようになるわけですね。

摩耗したプレートは磨材の厚みがまだ十分ある事から

恐らくドグ部の寿命の方が圧倒的に短いんじゃないかと。

まぁ乗り方にもよりますけどね。


このクラッチ自体はメンテナンスもよく考えられていますが

特に半クラが多いというか長かったり高いギアで無理に走らせたり

はたまたジャダーを放置していたりすると寿命が一気に縮まります。

良い品なので定期的にメンテナンスして長く使いたいですね。


やかましいガラガラ音も解消しまして音的にも随分スッキリしました。

駆動系が終わりましてお次はフロントセクションの作業に進みます。

そいではさらば!






2022年9月3日土曜日

西風の車検。

 みなさまごきげんよう。

9月に入ってしまいまして。

油冷や空冷に優しい季節の到来ですね。


やる事沢山ですが一般的な車検等は受け付けております。

今回はゼファーの400と言うかゼファーと言えば400なんですがZR400C。


安物の4-2-1管をMRSかな?4-1集合のショート管に戻しつつ


車検整備を行なっていきまして。


Zファーザーのアルミ鋳物のアルフィンカバーですねぇ。

ペナペナのプラッチッキーなヤツもありますが、サイドカバーがアルミってのは、、、

イイですな!


回転の戻りが遅くてレンポンス悪くアイドリング不安定って事で

同調とっていきます。

こうして見ると大体揃ってる雰囲気なんですが


きちんとツメてからキャブ調整してあげて

スロットルケーブルも適切に調整しましたらば絶好調です。

こういうちょっと調子悪い系の場合はキャブを洗ってみたり色々しますが

細かいツメの問題である事が多いです。


細かいといえば燃料ホースとフィルターも。

カチカチになって小さなクラックから微妙に漏れています。

こういったホムセン系耐油ホースは入手は楽ですが寿命短いです。


こういうのは蔑ろにせずきちんと交換。

ネオプレーンコートされたこちらは耐久性高いです。

ホースバンドは絞め加減がアレですし針金クリップはホースに食い込むので

幅のあるこういうクリップが脱着もし易くホースを傷めません。

ステップレスイヤークランプがベストですが、アレはユーザーにとって面倒な面もあるので。


そしてWR’Sのバトルステップが取り付けられていますが、様子がおかしいですね。


マスターは裏につくべきですしロッドのリンク類や整列もおかしい。


リザーバーへのホースも折れて塞がっていますし。


これじゃブレーキなんてマトモに効きませんし

ブレーキランプスイッチもちゃんと引けておらず。


このプレート固定ボルトに至っては締まってないし。


シフター側はロッドがフレームに干渉。

コントロール系は如何にストレスなく稼働するかが命ですから、コレはダメです。


メーカーへお願いして取り付けにあたり足りていない部品類を送ってもらいまして。


マスターシリンダーのプッシュロッドは分解してロッドエンドに変更し


フレームとの間に7mmのスペーサーを入れてプレート固定。

マスターは勿論裏側です。

表にマスターがあったらヒールがホールドできませんから乗りにくくなっちゃいます。

ブレーキスイッチの引きバネも専用品に交換。

ネジ山が無くなっていたりで少し違う部分はありますが

きちんと取り付けできました。


ホースもステップが上がった分きちんと短縮。

フルードをケチってたらダメです。


こちらも7mm外に出してロッドの干渉を回避。


フルード交換、エア抜きしまして完成っと。


ハンドル交換でメーターに干渉するクラッチケーブルに

スポンジをビニールテープで巻き巻きして保護してありましたが


スマートな見た目に直しておきました。

ココはケーブル交換の際に曲がりの角度が違う物を探して回避するのが良いですね。

ケーブルやハーネスの整列は思いの外バイクの印象を変えるものです。

まぁこんな調子で細々色んなところを修正して

構造変更検査を受けましてお渡しオッケーです。


イエローボールはZ1の欧州仕様で出てきた色なんですが、今やゼファーの色ですよね。

族車風(あくまでも風ね)ではなくて往年のZが好きな90年代走り屋な雰囲気でイイな。

こういう風情だとアールズのフィッティングの色味も嫌いじゃない。

イヤ、ここは敢えて赤青に統一しときたいくらいですな。

オーナーが21歳というのも驚きですがw

ゼファーは何にも無いスッピンなバイクです。

決して速くはないんだけどすごく素直。

だから上手に走れるようなるには打って付けのバイクなんですよね。

車で言うところのハチロクみたいなもんです。

これからも大事にして、バイクと共に成長していってもらいたいですね。

私もちょこっとだけお手伝いさせてもらいたいと思います。


ではさらば!



2022年8月27日土曜日

Four Speed For Speed。

そろそろ夏が終わるのか?

空冷や油冷にとっては走りやすい季節になってきましたね。

私の1号機はクランクシールがイカれたらしく、

クラッチケーブルから綺麗な赤色のオイルが伝い漏れしまくりで乗れないんですが

そもそも車検切れてるやんって話です。


んで4速スポーツ繋がりというわけではありませんが、4速スポーツの転倒修理です。

スポーツスターは右にコケるとスプロケカバーが割れますが

左だとシフターにダメージが及んでしまう事が結構あります。ぽてコケでも。

明後日の方向を向いたシフター、入ったままのギア。。

シフターカムをガチャガチャ回すシフターポールが折れた可能性がありますが


幸いな事にシフターポールが外力で外れただけで折損はしていませんでした。

とは言えミッションは抜かなければならないのですが

オリジナルの部品を継続使用出来るのは嬉しいですね。

ウィークポイントのカムフォロワーも確認しておきまして。

ステーターもきちんと脱落防止処置が施されていました。

ミッションは過去に開けた形跡があるのでクリアランスもチェック。


折れてしまったフットペグのロールピンも変形したカバーの穴に合わせて再建しまして

最小限の部品交換でミッション周りは復活。

スポーツスターは左側が重いので左に曲がりやすく感じますが

バランスを崩した状態からのリカバリーは逆に難しかったりしますね。

バッテリーをリチウムに換えるとだいぶんバランス良くなります。


イグニッションONで通電したりしなかったりという症状も修理。

こういうのはアース不良か接触不良が殆どです。

テスターでの総当たりしますが、静的にだけでなくハーネスを色々動かして

動的に導通や電圧を測らないといけません。

ついでにインジケーターランプ設置と


破損したスピードメーター交換と配線スッキリ処理。


部品待ちが殆ど無かったので比較的早期に、出来る限り少コストで修理できまして。

まぁ触り慣れてる4速スポーツであったのが不幸中の幸いでした。


10キロほど試乗確認してお渡しです。

それにしても4速スポーツというとそれなりにガチャガチャな車両も確かにありますが

今現在実動している車両はエンジンも静かで調子が良い個体が多いですね。

この傾向は天然モノほど顕著です。

もう好き者しか乗ってないでしょうから当然と言えば当然なのかもしれませんが

4速スポーツ大好きな私としては嬉しい限りです。

Four speed For speed

大事にしていきたいですね。


ではさらば!



2022年8月25日木曜日

そこに愛は無い。

 みなさまごきげんよう。

いやはやちょっと忙しすぎです。

まぁ良い事なんですが、作業速度遅れ気味です申し訳ございません。


バイクだけでなく農機具もちょこちょこ持ち込まれます。

シーズンイン時はエンジンかからない系、、、

シーズンイン後は使用におけるトラブルが多いですね。

こちらはヘッジトリマーのカムがズレて動かない虎舞竜。

こういうシンプル系は楽で良いです。


ハナからややこしい系は最後までややこしい。

タイヤがローテーションマーク逆に組まれている段階で怪しいですが


オートカムチェーンテンショナーの様子が変。


長ボルトでマニュアル化されています。

素ノーマルのスクーターなんですが。


カムチェーンテンショナーのマニュアル化は一定のメリットがありますが

高回転でカムチェーンが暴れてテンショナーを戻しちゃうような事は無さげです。

たしかに50ccで負荷も高くソコソコ高回転まで回しますが

まぁそういう本来の理由からでは無いですねコレは。


だってカムチェーンスプロケットのボルトがこんな様子ですし

カムチェーンはビンビンです。

そりゃ壊れるわな。。


なしてジェネレーターから直で電源を取り出す必要があったのか?

この線が12V出力だとわかるという事は一定以上の知識がある者の仕業です。


ハの字に開いたエキゾーストスタッド。

こういった人為的にブローさせられたエンジンは修理に膨大な費用がかかるので

中古エンジンを整備して積み替える方向になりました。

中古車の恐怖を感じずにはいられませんが

中古車を選ぶ際は「愛情ポイント」をしっかり見極めましょう。

個人売買にしてもバイク屋さんで買うにしても

愛されてる感がある車両は間違いが少ないですよ。

ボディの色艶だけでなく、消耗品の交換度合いをよく見てみると良いでしょう。


んなわけでとりあえずさらばです。