2021年3月4日木曜日

組み間違い。

 みなさまごきげんよう。

車検整備というか普通に車体整備のアイアン。

リア周りを終えましてフロント側に作業は移行しまして。


フロントもホイールベアリングを交換していきます。


左側は過去に別の車両に取り付けられていた際のダメージでしょうか。

何かしらの要因でハブがフォークアウターに激しく干渉したようで、

削られたドラムがダストシールドと一体化しています。


フロントハブはシンプルにこれだけの構成部品で成り立っています。


しかしダストシールドは削られてしまっているので


そりゃそうですよね( ´∀`)

このダストシールド、チャイナ製のベアリングが入ったリペアキットには付属していますが

今は単品でリプレイスパーツが無いみたいです。

単純にゴミ避けと飾りなので、適当なオイルシールでもブチ込んでおけば良いのですが


今回は両面シールドタイプのベアリングを使う事もあってオープンのままとしました。


そしてギザギザパターンのタイヤはリアと揃いでIRCのGS-11を。

3.50-19から3.25-19にワンサイズダウン。


そしてネックが異様にガッタガタなのでチェックすべく分解しまして。

ボールの状態、レースの状態共にそれほど悪くなく

とは言え下側はボールが1個足りませんでしたが、、、

一旦ディグリースして新しいベアリンググリスを使って組み物します。

もちろんボールは追加しておきました。

さて、ベアリングがおかしく無いのに何故ガタガタなのか?


それはトリプルツリーの構成部品にあります。

アイアンのボールベアリングタイプのステムの場合、

ステムシャフト外径とベアリングレース内径は同一になっていません。


この車両は年式不一致のステムナットを使っているので

目一杯締め込んでもレースを押さえる事ができず

それはアッパーブラケットを組んでも同じ事でして。

何よりもこの組み方だとステムベアリングの調整は一切出来ません。


本来はこのようなスリーブでテーパー状になったベアリングレースを押さえて

この状態でベアリングの調整を行なってアッパーブラケットを組みます。

(説明の為ダストシールドは外しています念の為)

ステムベアリングの予圧というのは昔から色々議論に上がるほどシビアで

走行性能に大きく関与する部分です。

重過ぎると安定しませんし、緩過ぎるとこれまた安定しませんので

これが調整出来ないというのはオートバイとしてはアウトなんです。

それくらい、オートバイにとってセルフステアというのは重要です。

いつも言いますが、攻めるとか攻めないとかスピードレンジの話じゃありません。

オートバイとしての話です。


さて組んでいきますがシャフトのココに入れられている2枚のワッシャーですが

ココにこんな外径のワッシャーを挟むとですね。

アクスルシャフトの右側がフォークアウターに刺さりません。

おまけにホイールのセンターは出ないし、更にはフォークピッチを押し広げてしまうので

フォークもハの字になってしまって真っ直ぐストロークしません。

ついでにフォークアウターに固定されるドラムは斜めになるのでシューが全面当たらない。

何故この状態で組めてしまうのかというと、33.4フォークの支持剛性が弱いからです。

特にハンバーガードラムでフェンダーレスにしていてブレースがない場合は

しっかりアライメント出しして組まなければサスもブレーキも使い物にならず

マトモに走れないシロモノになってしまいます。


シューやドラムも清掃、ブレーキカム周りも整備してスッキリ組み戻しです( ´∀`)


私は修理屋でもなければ優れたエンジニアでもなく、ただの改造屋です。

だからこそ言いたいのは、カッコいい外観とか細かい造り込みと同じくらい

オートバイの基本的な部分に腐心しなければならないんじゃないかと。

自分自身、失敗する事もありますし無知なのも承知なので

偉そうな事は言えたガラじゃないんですけどね。

ただ、カッコいいバイクで気持ちよく走ってもらいたいなと。

それだけです。

さて作業はスピードメーターの設置とウインカー関係へと進んで

火が飛ばない症状を直して車検に行ってきたいとおもいます♪


そいではさらば!




2021年3月1日月曜日

車検整備色々。

 

みなさまごきげんよう( ´∀`)


いよいよバイクシーズン突入という感じで暖かくなってきましたね。

花粉症の人にとっては大変なシーズンでもありますが。

1号機はシーズンインと、タイヤやサスを弄った事で乗り方も変わったので

キャブのリセッティングを実施しまして

MJ185のSJ42でツインカムニードル1mm嵩上げという仕様になりまして

今の足ならこのセットの方がガンガン開けれる感じです。

と、私の話は置いておいてベストシーズンに気持ちよく走って頂くべく

今回はアイアンの整備とちょこっと改造です。


一先ず、切れてしまっていたスロットルケーブルを元通りにしていきますが

デロルトキャブから出たワイヤーガイドが長すぎてタンクと干渉していて


タンクの塗装がちょっと剥げてしまっているのが気になるので


ガイドを加工してタンク下に逃げるように改善。

コマケー事ですが、ケーブル類の取り回しって手を入れた人間の癖が出るものです。

イヤ、私はコマケー人間ではないんですが。


そして今回はタイヤの交換もご依頼されておりまして。

私はダンロップ好きでハイグリップ好きな事から、そういうタイヤばっかり勧めると

勘違いされがちですがそんな事はありませんで。

今回はF19のR18というセットで選択肢が多いという事もあり

IRCのGS-11を前後揃いで交換する事としました。


リアは角ばったファイアストンからラウンドしたタイヤへ。

以前ブレーキを修理してからタイヤがブレーキに負けてしまっていましたが

これでしっかり食うようになりますね。


フロントはギザギザパターンからの変更です。

こちらは3.50-19からワンサイズ落として3.25-19としました。

そもそもこのギザギザパターンのタイヤというのはものすごく直進性が強く

ハンドリングとしては重くなる方向で、セルフステアもかなり失われます。

今回のダウンサイジングとタイヤの変更で、

アイアンらしい軽快なハンドリングを取り戻そうという計画です。


後はサクサクっと交換♪

と思ったらホイールベアリングがお亡くなりになられておりまして。


傷んでいたのは外側の1個ですが、3個とも打ち替える事にしました。

アイアンのハブはこの写真の構成以外に、2つのベアリングの間にシムが入るのですが

コレを入れ忘れるとドラムパネルが沈み込んでシューがドラムに干渉するので注意です。


ここのベアリングが沈んでいたら分解してチェックしましょう。


そしてドラム清掃、ブレーキカム周りのメンテナンスを実施して

チェーン関係を整備したらスッキリです。

っていうかアイアンにこのタイヤってカッケー♪

と、小躍りしつつフロント周りへと進みます(´∀`)


ってなワケで一旦さらば!




2021年2月23日火曜日

ミニカをローダウンして16インチをブチ込む。

みなさまごきげんよう(´∀`)

先頃は自家用車の記事でナンでしたが今回も自家用車の記事で

もっとお仕事に関する事を書けよって話かもしれませんが

私の嗜好ですとかバランス感覚ですとか乗り物に対するスタンスというのは

二輪も四輪も変わらない事ですし、備忘録という意味でも記事をしたてめている次第です。


で、何の話かというと家内の通勤用の軽自動車である2000年式の三菱ミニカの話でして。

2年ほど前に57,000円で購入したのですが、かねてから装着したいホイールがあって、

そのホイールがたまたま手に入ったのでこの際自分好みの外観に

バレないようにコッソリ変えてしまおうというワケです。

で、そのホイールというのがNV350に履かせているESSEXのType-EJで

18インチのNV350用はインセット+43でハブ径が小さい専用モデルが当時設定ていて

その他ハイエース用として8Jでインセット+38のド定番モデルと、

更にはオバフェン前提の8.5J+35といった幻の廃盤モデルもあって

その中には軽自動車用の16インチ5.5Jインセット+45というEJK-16というモデルがありまして

機会があればNV350と「オソロ」にしようと密かに企んでいた次第です。

そ幻がたまたま手に入ったというワケで、ミニカに装着すべく色々頑張りまして。


まずセンターキャップを遊び心から三菱純正のスリーダイヤに。

ブラックにクロームのコレは純正品番4252A020です。


そしてタイヤは40扁平という超扁平タイヤから、ゴーマルタイヤに変更。

これは乗り心地とかの問題もありますが、ただでさえ車高が高いミニカですので

ホイールアーチとタイヤの隙間感を程良く調整する為の扁平率アップで

一般的には165/45R16あたりが選ばれる事が多いっぽいですが

私はあまり薄っぺらいタイヤを好まない事と

車検を受けるうえでもメーター誤差がギリギリの範囲内に収まるセレクトです。


やっぱりホイールに対するタイヤのハイトっていうのは一定のバランスがあって

私の性癖としては常用車というか低い車の場合は50〜55扁平が好みっす。

言うてもゴーマルタイヤなんてふた昔前でしたら超偏平タイヤで

ポルシェターボのリアがP7の50偏平だったり

スタリオンが国産車で初めてゴーマルタイヤを標準装着したりして衝撃だったんですけどね。


んで私はホイールを変える際はラグナットも交換する嗜好で

ブリヂストンの対角19ミリの傘付きナットを激しく気に入っているのでコチラに交換。

レンチのサイズがワンサイズ小さくなるのでホイールを傷つけないんすよコレ。


そしてバランス良く組むにはミニカはあまりにも車高が高すぎるので

ダウンサスを導入しました(´∀`)

ミニカ(H42V)で一般的なRS-RやエスペリアやZOOMではなく

Dキャトロ(ちなみにデイトナっす)のΣβ180の、トッポBJ用をセレクトしまして

ホイールと併せて中々無い組み合わせで激しく気に入っております(´∀`)

作業的には難しいものではないので、お昼休みにザクザク作業しましたらば


おおおおお!!

俺の(もとい家内の)ミニカぶりクソカッケー🎶


車高調入れてフェンダー折って激落ちっていうのも勿論好きですが

今の時代そこまで落とすとオシャレすぎて

ワルい感じがあんまりしないのと

ゴーマルタイヤでこのくらいの車高ってやっぱり往年の車好きが好むスタンスかと。


こういうツラ感とかがホットハッチっぽいというか現代的街道レーサーというか


ホイールアーチとタイヤの関係とか、色々やってて普通な感じが好みなんす。

まぁそんな色々やってはいないんですが。

この辺はお好み次第の匙加減ですよね。


前期のH42Vの黒バンパー仕様に後期マルチリフレクターヘッドライトで

チョイ落としの16インチホイールにゴーマルタイヤという

ミニカ好きにしかワカランうえに傍目には単なるケーヨンっていう感じが萌え萌えっす🎶

個人的には新車で200万円近くもする最近のトールワゴンの軽よりオシャレかと。

値段はトータルでもそんな新車の1/10以下ですけれどもね。

NAの3G83でオートマなんですが700kgを切る車重でピュンピュン走るし

シートはビニールで汚れても拭くだけだし

ホント良い車です。

一定の満足は得たので、NV350同様走行距離が10万近い事もあって

メンテナンスにも励みたいと思います。

と、まぁ単なる愛しのミニカ自慢なのでした。

単車好きが車好きでナニがワルいってな🎶




んじゃサラバ!








 

2021年2月16日火曜日

NV350キャラバンのエアクリーナー交換は注意が必要。

 

みなさまごきげんよう( ´∀`)


お仕事車として、またファミリーカーとして、さらには旅館として大活躍しております

我が愛しの銀色の食パンNV350キャラバンですが。

新車から丸5年と約半年で走行距離が10万キロに達しまして。

キリの良いところでそれなりにメンテナンスしてあげるワケですが、

当然エアクリーナーエレメントも交換します。

しかしながらこのエアクリーナー交換、ヤバい車両は確実にヤバいのでご注意です。

エアクリーナーボックスの蓋とエレメントは、ウイングナットで固定されているので

工具を使わず簡単に作業できる(はず)なのですが

このウイングナットがサビで固着するケースがそれなりにあるようで

実は以前の交換時に蓋のウイングナットが固着して全く緩まず、

ロッキングプライヤーで掴んで強引に回すと

ウイングナットがパキーンと割れて掴み所が無くなるの刑。。

まぁポンコツばかり弄っている私ですので、その時はヒートガンで炙って

緩んだ樹脂部品を剥き取って金属部分を掴んで回したのですが。

ネットで検索したらやっぱり少なからず事例があるようです↓



そして今回は何とエレメントを固定している側のウイングナットが固着www

ここは奥まっていて超狭いのでちとヤヤコシイですが

そこはポンコツばかり弄っているうえに、以前にウイングナットを割っている私ですので

落ち着いて対策を練って対処しますが

DIYでチェレンジされて固着でお困りのユーザー様のお役に少しは立つかもしれませんので

ウイングナットを破壊せずに逃げ切る方法をご紹介します。


コレは外したウイングナットですが見事にサビていますね。

もうガッチガチで手の力ではビクともしません。

取り敢えず浸透潤滑剤をぶっ込みますが、逆さまな事もあって効果が薄いです。


これは蓋を固定するウイングナットの新品です。

ちなみにネジピッチはエレメントがM10-1.25、蓋はM8-1.25です。

で、コレを緩めようとするとどうしても羽の部分や根元の部分を掴んでしまいますが

そうすると羽に負荷が集中して一発で割れます。

尚且つスペースが少ないので、最初に固着を解くには


このような小さめのクランプを使って、羽の根元の部分に「引っ掛けて」グイッと回します。

あくまでも引っ掛けるだけで掴んではいけません。

掴むと樹脂に余計な力がかかるので破損に繋がります。

大事なのは掴む強さではなく回す事ですので、そちらに集中しましょう。

モノを回すうえで掴む部分が大きい方が軽い力で回せる原理なわけですが

ウイングナットのウイングをクランプで巨大化させるというワケですね。

クランプが汚いのは許してくださいw


そして固着が解けたら、クランプではスペース上半回転ずつくらいしか回せないのと

もうそれほど力は要らないので(とは言えサビているので硬いですよ)、

クランプはヤメてプライヤーを同じように羽に引っ掛けて徐々に回していきます。

この方法だと多少ウイングナットに傷は入りますが、比較的スマートに外せます。


外した後はそれぞれM10とM8のダイスでネジ山を修正しておきます。

そもそもこのネジ、寒冷地仕様はカバーが付いている事からして基本的に錆びやすいです。

サビる原因としては結露やフロントタイヤの泥跳ねは勿論ですが

私の車両のようにエレメント側までサビるのは

天井が高いのと冬場は塩カルで汚れる関係で頻繁に洗車機にブチ込んでいるのも原因かと。


ナット側はタップを立てて双方ネジ山を修正しましたら

アンチシーズを塗布して防錆しておきます。

無事にウイングナットを外しても、ネジが手でクルクル回るレベルまで修正しておかないと

また次回に固着する可能性が高いのでコレ重要です。

あと、締め付けトルクですがゴムパッキンが付いたドーム型のワッシャーが

スプリングワッシャーのように緩み止めになるので

ギュウギュウと締め付ける必要はありません。

キュッと締めるだけで十分で、あまりギュウギュウ締め付けるとネジ山を傷め

コレまたサビの原因になります。

あと、ゴムパッキンにはラバーグリースを薄く塗っておくと良いです。


そんなこんなで1時間以上かけてエアクリーナーエレメントを交換しましたが

この箇所、ディーラーとかマトモな工場で修理するとなると

当然エアクリーナーボックスを取り外して修理か

エアクリーナーボックスをアッセンブリーで交換する事になり

構造を見てわかる通り結構な工賃がかかります。

もうここが固着するのと冷却水が減るのとボディーのシーラーが割れるのと

塗装が薄くてサイドシルの塗装が水飛沫でブラストされて剥げちゃうのは

NV350の数少ない欠点として認識しておくしか無いですね( ´∀`)


そんなワケでさらば!






2021年2月15日月曜日

フォークオーバーホールとチョイ上げ。

 みなさまごきげんよう(´∀`)


本日は98年式の883で、フロントフォークのリフレッシュです。


オーナー様の記憶の限りO/H経験は無いとの事で、フォークオイルの漏れこそありませんが

当然、フォークはヘタってブワブワですので

フォークのオーバーホールついでにウチでは定番作業化しているチョイ上げを実施します。


純正の飾りカバーの上からフォークブーツが被せてあるという構成でしたが

ダストシールはご覧のような状態で錆びています。

何度でも言いますがあのメッキのカバーは単なる飾りであって、

頻繁に取り外して整備しない場合は水や汚れを溜める原因になります。


オイルシールもこのような状態。


左側は駐車時に傾く事もあってさらに酷いですね。


ダストシールが付いていないと思ったらメッキのカバーと同化していました。


フォークオイルは意外と綺麗ですがスラッジがてんこ盛りです。


スライダーブッシュも流石に随分減っていますね。


ブッシュ関係、Oリングやパッキン類は全て交換して

内部も完全に洗浄あいてドライ状態にしましたらば

ちょいロングの新品インナーチューブをインストールしまして。


錆がうつって汚くなっているフォークアウターを綺麗にしたら

新しいブッシュとリテーナー、シールにクリップを交換。

フォークオイル注入、エア抜きをしてスプリングカラーを入れてフォークは完成です。


車高が上がりますので純正を曲げてショート化されていたキックスタンドは

スタンダード長の新品に交換。

スタンドは長さによる傾き具合の補正だけでなく

ご覧のように平たい部分がきちんと接地するように設定しておく事で

土の上など地盤の悪い場所での安定性が確保できるので

不用意な転倒を防ぐ意味合いもあります。


元々リアショックは短いものが入っていて車体姿勢は水平でしたが


チョイ上げでフロントがチョイ上がりまして。

フォークブーツもメッキのカバーも撤去してスッキリ仕上げです。


ディメンション的にも予め少しリア荷重になるので乗りやすくなり

特にフロントブレーキがプアなこの年式のXLの場合

あのブレーキでフロントをグイグイ入れて曲げるのは結構なウデが要りますが

リアに予め荷重が移っている事でケツから曲がるようになるので

普通に乗りやすくなります。


スタイル的にも往年のスポーツスターらしいスタイルになるので私は好きです。

因みに車高が低い状態だと、エボスポーツの場合サイドスタンドが擦るのは勿論ですが

それよりもサイドスタンドのスプリングを引っ掛けているフックが削れますので

ある日突然サイドスタンドがブラーンと垂れ下がって危険な事になります。

車高短スポーツのオーナー様は是非ともここをチェックしてください。


毎度同じ事を書きますが、フォークがシャンとした事でブレーキもきちんと効くようになり

より安心して走れるようになったと思います。

どんな改造車でも、サスとタイヤ、ブレーキあってこそのオートバイですので

乗り味に不満や疑問がある方はお気軽にご相談ください。

レース屋みたいな事は無理ですが、改造屋なりのご回答はせきるかと思います( ´∀`)


それではごきげんよう!