2022年5月18日水曜日

走り続けるかゴミになるか。

 みなさまごきげんよう( ´∀`)

昨日1台お渡ししまして少しだけ一息、、つく暇もなく次です。


私のZZ(ジーツー)のベースになっているレッツ2。

こうやって並べて見ると全然違う雰囲気で、上手いことスポーティーにしたもんですね。


してこちらはだいぶボロいですが、、排気音が急に高くなったという事でお預かりしまして。


普通にマフラーが腐って穴あきですね。


ついでにフロントタイヤも限界なので交換しときましょう。


んでマフラー注文しようと思って部品番号から照会しましたら

純正マフラーのお値段何と64,600円(滝汗

流石にコレは負担が大きすぎるということで、純正同等の社外品対応します。


部品が来るまでの間に色々チェックしていきますが

きちんと固定されていなかったり緩んでいる箇所が多数。


針金で固定されていた風防はステーの取り付け不具合です。

針金を使わずにきちんと固定しておきました。

ガタガタの荷台や前カゴもきちんと取り付けし直しまして。

ズレズレの光軸も調整。


外観もあまりにヤレているので


可能な限り綺麗にしておきます。

樹脂パーツも黒々してだいぶ気持ち良いですね( ´∀`)

頼まれたワケじゃないんですが、毎度の事で

こうやって手を入れることで愛着が湧いてくるんですよね。

私はオートバイが好きです。

でも変な改造してたりヤレを通り越して汚くなってるオートバイは嫌いです。

せっかく好きで仕事してるんだから、好きなオートバイを触りたいし

そういうスタンスをお客様にも無言ながら伝えたい。

オートバイって走り続けるかゴミになるかはオーナーの気持ちひとつ

こういう原付なんかは特に。

少しでもゴミになるオートバイが減ったら嬉しいな。


ではの!










2022年5月15日日曜日

フォークO/H。

 まいどごきげんようコウバ長です。

本日はフォークのオーバーホールです。

車両は2014年式のFXDBでウチとしては最新モデルですね。

ご自身でフォークをオーバーホールしたのにフォークオイルが漏れるという案件です。

フォークオイルの漏れというのは認識によって色々でして

インナーチューブに少しオイルの線が付くくらいが潤滑も良くてイイという人もいます。

が、今回は車体に飛び散るくらい漏れるという事でご相談頂きました。

フォークは車体から外して持ち込んで頂いたので助かります。

交換したばかりのフォークオイルシールからのオイル漏れですが

原因としては組み付け不良やオイルシール自体の不良が挙げられますが

そこら辺を精査しながら作業していきます。


ちなみに私はある時期からですが特殊なフォークでない限り、

アリート社のフォークオイルシールを愛用しています。



こういう製品なんですが、特筆すべきは精度の良さからくる強烈なシール性能と耐摩耗性。

それ故にフリクションの低減の為専用のグリースを塗布して組み付けます。

このオイルシール、自分でフォークを組んだ事がある人であれば

ストロークさせた瞬間他のシールとは違う感触を味わう事ができます。

色々なフォークシールを使ってきましたが、私はこの感触が病みつきです( ´∀`)


交換されたばかりのフォークオイルは無慈悲に廃油行きです。

勿体ないですが、私は一度抜いたオイルをもう一度入れる行為は好みません。

スプリングはハイパープロの良いヤツが入っていますね🎶


内部パーツの消耗もチェックしておきます。


しっかりオイルロックピースのセンター出しを実施して組み立てます。

その辺はフルボトム時の話なので体感、実感出来ることは少ないと思いますが

↓先日も書いたフロントエンドのセンター出しと同じく


そういう領域まできちんと作動するという事が大事です。


全体を綺麗に磨いて完成です。

後は実際に稼働させてもらって、満足頂けるかどうかですね。

現代はインターネットが普及して部品や作業方法についても膨大な情報があります。

こういう状況になってくると、どの部品を採用するのか

どういった工法が正解なのか

そういった事を経験や知識に基づいて精査する能力が求められてきますし

悪意のないウソの情報も少なからずありますので

サービスマニュアルを目を皿にして読んでいた時代より難しいかもしれませんね。

ウチには色んな車種のサービスマニュアルがありますが

色んな車種のサービスマニュアルを読んでみると面白いんですよ。

それらの中の共通項を見つける事ができれば

何が正解で何がダメなのかがハッキリわかります。

暇つぶしにしてもネットサーフィン(古)より有益かもしれませんよ( ´∀`)


なんつってさらば!








2022年5月14日土曜日

XL1200Lちょいスリム化計画。

 みなさまごきげんよう。

冒頭info順番待ち1台抜けで10台(予定)最短お預かり7月以降要予約です。

そして私の1号機も車検切れまして乗れるバイクはアドレスV100だけになりましたw

コレはコレで何とかせんとイカンなぁ。


さて納期3日と言われたのに8日経っていますが部品が来ないXL1200L。

今回は車検と同時にさらにチョイ上げとハンドルやヘッドライトを交換しちゃう計画です。

本来であれば部品が全て揃ってから着手するのが効率良いのですが

来ないものは仕方ないので、出来る作業から片付けていく事とします。

ご希望は4.5インチのヘッドライトでして

個人的に39フォークのピッチには5インチ以上のヘッドライトがマッチするし

メーターバイザーも良いアクセントでむしろ4.5インチ車のヘッドライトを

純正に戻す作業の方が多いくらいです。

が、同じ事ばかりやっていてもアレですので今回は4.5インチをぶっ込みます。


4.5インチのヘッドライトってほんと小さいんですよ。

スポーツスターに4.5インチが似合わない理由を述べますと

ボトムマウントのヘッドライトを安易にアンダーブラケットに穴をあけたり

コの字のステーを使って取り付ける事で

ヘッドライト位置が低くなりすぎるからです。

上の方に異様に隙間が出来るのでヘッドライトがより小さく見えるうえに

上半身が間延びしちゃうんですね。

なので上から吊る形式にして良い位置にライトを持ってきまして。

ついでに言うとヘッドライトの位置というのは基本的にほぼ決まっています。

ジャンル問わずカッコいい改造車のヘッドライトの位置を観察してみてください。

大体あの辺の位置から上下±5mmくらいの位置にありますよ。


あと、ボトムマウントのヘッドライトは上手くステーを隠すと

ヘッドライトが宙に浮いてる感を演出できます。

まぁ車検時に左右に振れないので光軸はちょっとコツが要りますが。

バルブはLEDで車検にも通る光量を確保しております。

4.5インチクラスは車検に通らないと言われる方もおられますが

私は4.5インチで毎回車検余裕で合格しています。

まぁテスター屋さんも「小さいのに凄いな」言うてましたが( ´∀`)


んでアンダーブラケットに貼り付けてあったETCのアンテナもライト下に吊るようにしまして

折角下側がスッキリしたのでこういう所までやっときたいですよね。


逆に上側はサイドに移設していたインジケーターランプを持ってきました。

バイザー無くすと取り付け穴が残るじゃないですか。

スムージングしちゃうか穴を有効活用するかしないと、外しただけ感丸出しです。

オーナーはインジケーターは欲しいとの事で有効活用の方向を採択しました。


で、以前製作したインジケーターサイドマウントステーは集中スイッチに転用する事に。

だって折角作ったのに使わなきゃ勿体ないじゃないですか。

それは製作者としてもそうですが

オーナーとしてもその時製作費用を支払っているわけですから。

そういうのを無駄にしたくないですよね。

ただ、、ここにスイッチを並べると、横からスイッチや配線が丸見えになっちゃうので


アルミでこんな物体を作りまして。


磨きまして。


スイッチの化粧カバーとしました。

スイッチと共締めにするとメンテナンス時にカバーを脱着するのが面倒なのと

スイッチのネジ部やナットが突出した感じをおさえるために

敢えてパネルではなくカバーとしました。


そこだけフォーカスしていると大きく見えますが実際には割とコンパクトです。

こうしておけばスイッチや配線のメンテナンス時に全てのナットを外したりせず

カバーだけを外して必要なスイッチのみをさわれますし

カバーがくすんできたら簡単に外して磨き直す事もできます。

そういう事を考えるのに丸2日くらいかかっちゃってたりするんですけどね。

ほんと四六時中単車の事ばっかりです( ´∀`)

部品が届いたらハンドル周りを変更して配線のスッキリ化を進めていきます。


では


ではさらば!








2022年5月13日金曜日

乗らなくてもわかる事がある。

 

みなさまごきげんもす。


部品が届いたのでFXRさんステムベアリング打ち替えいきなり終了です( ´∀`)

XL1200Lさんは部品が全く揃わず、その間に配線図と睨めっこしております。

いやはや2006年式になると超絶複雑な配線系統になっていて四苦八苦ですな。

現行車とか触ってるところはスゲーっす。


こちら交換部品。

1番のポイントはロワーのダストシールド、2番目は変形したステムボルトワッシャーです。

まぁ上下別々なベアリングでしたし、ここで全てリセットですね。

雨で試乗できませんが、コレは走らせなくても直っているのがわかります。

車体を起こした瞬間から違いますからね。

それなら預かった時に気づけよ!って話なんですがね。

毎日触れている車両でないと中々気付かないものなんですよ(言い訳)。

不具合に一番気付きやすいのは他ならぬ乗り手自身ですので

何かおかしいな?と思ったら絶対気のせいではないです。


あと押し歩くだけで結構わかるのが、フロントのアライメントです。

トリプルを緩めたりホイールを脱着した際には

フォークの整列とホイールのセンター出しは必ず実施するんですが

コレが結構狂ってる車両多いです。

あと実施されていない車両も結構多いです。

シングルディスクで尚且つフローティングキャリパーだったりすると気付きにくいですが

ダブルディスクで対向キャリパーだったりなんかすると逆に非常によくわかります。

左右でパッドの引き摺り方が違うとかですね。

ほんの数ミリの話なんですが末端の数ミリは反対側で結構デカい差になります。

稼働部が適切なフリクションを伴ってスムーズに転がるっていうのはやっぱり基本です。

組む時にただ組むんじゃなくて、稼働部をよく動かしてみてください。

あれ?何か動きが渋いなっていう箇所が出てくると思います。

そういう所を調整して組んであげる事で、乗り味はもちろん部品の寿命まで変わってきます。

しっかり組んであれば、ある程度バイクが勝手に走ってくれますから

乗るのも変な力が入らずとっても楽ですよ。

いや、ホントです。

自転車のハンドルを切れないように固定して、ホイールも回りにくくして乗ってみれば

誰でもわかると思います( ´∀`)

ぜひ試してくださいませマセ。

さーて雨が止んだらひとっ走りしてお返しです。

乗らなくてもわるけど、やっぱり乗って確かめたいですからね。

基本走りたがりなんすよ。


ではさらば!







2022年5月12日木曜日

なんでも事前準備は大事。

みなさまごきげんよう。

冒頭info: 現在順番待ち11台、若干順番飛ばし中最短7月以降お預かりです。

未入庫のFXDB様XLH900様FLST様100系ハイエース様今しばらくお待ちくださいませ。


さてと。

私は基本的に昼飯は食わないんですが、今日は台所で見つけたコレを食してみようと。

いやー、お湯を入れるだけでハヤシライスが食べれるとかすごい時代ですね。

なんとも楽しみでございます。

んでお湯を入れたところで電話がリンリン鳴りまして。

通知を見ると郵便局、、、、もう嫌な予感しかしませんな。

はい。パンクのレスキュー要請です。

さーここで問題になるのは昼から降り出した雨、、

ではなくお湯を入れたばっかりのハヤシメシですよ。

雨の中配達員さんは待ってるワケですが今の私の選択肢は3つ。

①じっくり5分待って完成させて食ってから行く

②このまま1時間弱放置して帰ってきてから食う

③今すぐ食う

さてみなさまはどうされますでしょうか?

私はですね。










③ですね。

シャビシャビです。

スプーンで食ってみましたが、全然掬えないので飲みました。

飲んだ方が早いっす。

ハヤシメシは(多分カレーメシもウマーメシも)お湯を入れて2分で

米スープになる事がわかりました。

そしてそれなりに美味いですw

ハイカラです。


ホントたまに昼飯食おうとしたらコレですよ。

やっぱ昼飯は食うもんじゃないな。














飲むもんでもないですが。


さてとステムベアリングに不具合を見つけたFXRさんは

部品待ちの間にベアリング抜いときます。

アッパーがNSKでロワーがNTNという構成でした。

くすんでいたアンダーブラケットは軽く磨いておきました。


レースも抜いておきます。


ロワー側のレースは何故か焼かれていますね。

ステアは往復運動なのでこんな色になる程焼ける事はまずありません。

何かしらの理由で炙られたっぽいですが謎です。


バラけている間に微妙に平行が出ていなかった部品を整列させてみたり


ドロドロだったフェンダー裏を洗浄して表面を磨いておいたりしました( ´∀`)

あまりバラさない箇所はバラした際に綺麗にしておくと気持ち良いですね。

こういう事前準備によって作業も楽になります。

あ、ハヤシメシも事前準備をきちんとすればハヤシライスになると思います。

それなりに美味いじゃなくてちゃんと美味いのがイイです。

ハヤシメシもバイクもシャビシャビは嫌ですね。

明日には組めそうでセルフステアが戻ってくるのは確実なので楽しみです。


ではさらば!



2022年5月11日水曜日

アイのEYE。

 みなさまごきげんよう( ´∀`)

事前info:現在順番待ち10台です。若干順番飛ばし中ですが要予約(最短7月以降)です。

未入庫のFXDB様XLH900様FLST様今しばらくお待ちくださいませ。


さてと。忙しいと言いながら我が家の軽四、三菱アイのヘッドライトを交換しました。

元々曇りまくっていたのを納車時に整備工場で磨いてくれていて

さらに洗車時にちょこちょこ磨いてソコソコ綺麗だったのですが

ちょっと黄ばみが酷すぎて気持ちよくなかったんですね。


インナーブラックなのでパッと見は綺麗なんだけど、透かすと黄色い。


交換するこっちは透明度抜群です🎶

ガッツリ磨いて再生すれば綺麗になるのですが、いかんせん時間がないのと

分解している間は乗る事ができなくなっちゃうのでズボッと交換します。


やっぱり目がパッチリすると気持ちイイ🎶


純正HIDでポジションはLED。

HID登場時はハロゲンランプに趣きを感じたものですが

ヘッドライトもLEDに慣れてるとHIDの立ち上がり方に趣を感じてしまいますな。


昔はシールドビームで問題なく夜間運転できてたのですが

もう今は夜の運転は目がついていかなくてめっきりダメです。

それにしてもポリカーボネートの採用でデザインの自由度が増して

色んなタイプのヘッドライトが登場したわけですが

こうも劣化しちゃうのはどうなんでしょうね。

お陰でヘッドライトの再生もビジネスとして成り立ってるからまぁイイのか( ´∀`)


まぁ何にせよヘッドライトが綺麗になってスッキリしました。

自動車ってホントちょっとボロでも透明なところが透明で、黒いところが黒いだけで

格段にバリっとします。

オートバイの場合は剥き出しの部分が多いのでアレですが

タイヤや駆動系といった足回りがそういうポイントになります。

中古車を選ぶ時なんかは見てくれよりもそういうトコを見ておくと

後々の要らぬ出費が抑えられまっせ。

んなワケでさらば!



2022年5月10日火曜日

かもしれないとかはない。

 みなさまごきげんよろしゅう。

大事な事なので毎回冒頭に記す事としますが

現在順番待ち10台となっております。

簡単な作業や部品単体での作業は隙間に入れますが

日帰りできない作業に関しては基本順番通りにお預かり致します。

急に車両を持ってきて頂いても置いておくスペースすらありません。

作業ご依頼はご予約のほど何卒ご理解願います。

また、ここにきてパーツ関係の供給も悪くなっていまして。

さらに外注先も納期が非常に長くなっており、何かと時間がかかってしまう状況です。

部品などは妥協して違う製品を探し回ったり在庫持っている所を探したりしていますが

モノが無くてサクサク進まない状況です。

元々ウチは納期が長めでご迷惑をおかけしているのに申し訳ございません。

私とて本来はさっさと作業を終えて車両を回転させていかないといけないんです。

預かり期間が長くなれば長くなるほどスペースを圧迫してしまいますし

いやらしい話、利益率もどんどん落ちていってしまいます。

1時間で1000円もらえるところが2時間で1000円になっちゃうのと同じです。

まぁそういう話は置いといてもイイとして。いや良くはないので色々やってるんですが

5台も6台も預かってしまっていると一台一台の事を考えるのも頭がいっぱいいっぱいで

そうなってくると要らぬ失敗や見落としをやっちまいがちです。

しかも1日1台何かしら作業したとすると、それだけで1週間消費しちゃうんですね。

つまり納期がどんどん長くなる負のスパイラルです。

そんなワケでお預かり車両をどんどん減らしていっていたのですが、、

今そのスパイラルの入り口に「また」立ってしまっています。

むしろ以前より激しいかもしれない。

ここでまた飲み込まれたらいい加減おしまいなので

何とか踏ん張ろうと思っておりますゆえ、何卒よろしくお願い致します。


前置きが異様に長いですが作業はFXRの続き。

そもそも「フォークを伸ばしてからフラフラして怖い」という事でお預かりしたのですが

私的には高速コーナーでリアが落ち着かない事だと思っていまして足をいじりました。

しかしどうも納得いかない。

そして本日たまたま前走車に追いついて低速で流していたところ、、、

もうフラッフラで怖いなんてもんじゃありませんで。

この症状、セルフステアが無くなってしまっている感じで

全然バイクを信じられない。

これって本当は乗り出して少し走れば気づかなければいけないんですよ。

セルフステアの重要性を散々ほざいている私ですから。。

ハイ、そこで邪魔するのが「早く渡さなきゃ」

です。

やっぱり盲目になってきていますね。

危ない危ない。


「こんなもんですよ」と言って返せばいいのかもしれない。

いや良くはねーな。

「こんなもんですよ」と言って返せば誤魔化せたのかもしれない。

いや誤魔化してどーする。

そもそも、「かもしれない」と語尾に付けるような答えは答えでもなんでもない。

どれだけ誤魔化してもこも車両、ホームコースをエキパイ擦りながら走れてたんです。

こんなもんなワケないって。

幸い原因を発見できたので、現在フロント周り全バラです( ´∀`)

危うくやっちまうとこでしたよホント。

何でもね、何故なのかを考えられないとダメになる。

ダメ探しを出来ないとダメになる。

ダメな事に目を瞑るようになるとダメになる。

何故ダメなのか

何故今なのか

そして何故自分なのか。

誰しもがいつだってギリギリだぜ。

さぁてハンドリングを取り戻すべく作業していきたいと思います。


ではさらば!