2022年5月24日火曜日

コストについて少しは考えてみよう。

 みなさまごきげんよう。。

法事とかでちょっとブログサボっていました。

作業は全然サボってないですよ(やってるアピール)

未だ順番待ち渋滞が解消していませんが、そのひとつの原因が

しょっちゅう勃発する「こんな壊れてるとか聞いてないよ」な事態です。

まぁ、開けてビックリパターンで

購入したての車両や長期不動車、旧車に多いですね。


このレッツ2もそうです。

マフラー交換なんてサクサクっと終わらせてフロントタイヤも交換して

また嫌らしい話をしますが、加工や製作を伴わない作業は結構大事なんです。

所定の時間内に所定の作業を行えばきちんと利益が出ますからね。

しかしこのような状況になるとそうはいきません。

ご覧のようにマフラーフランジボルトの六角穴が潰れまくりで

空回りして全く工具がかかりません( ´∀`)


もちろん両方とも。

オーナーによると以前タイヤ交換の時に、錆びて緩まないからと

バイク屋さんが鍛冶屋さんで外してもらったとの事。

。。。。。だったらボルトくらい新品に換えといてくれませんかね。

まぁポンコツばっかりいじっている私ですから引き出しはありますので

当たり前のように外しますけどね。


六角穴付きボルトの場合、叩き込み式のビットを使います。

画像はネジザウルスのバズーカという商品で、持っていると非常に便利です。


側にある変な形状のソケットは六角ボルトの頭を潰してしまった時に便利な

スパイラルソケットです。

これらは非常に便利なので是非工具箱にひとつとお勧めしたいところですが

錆びて固着したボルトなんかは、熱を入れないと緩みません。

と、言うかちゃんと緩める作業をしないと安くない工具すら壊れます。

固着はサンソでみっちり炙ってやらないと取れないんです。

家庭用のバーナーだと火力は弱いしピンポイントで熱せないので

要らん所が燃えたりしますし熱量が足りないので

細い火口でピンポイントで炙れるトーチは必須です。

あとマフラー関係のボルトナットはアンチシーズやカッパーグリスを塗るのも大事です。


そしてこの車両はエキゾーストガスケットも入っていませんでした。

排気系のガスケットくらいと思われるかもしれませんが

排気漏れというのは排気が漏れるのももちろん問題ですが

吸い込みもまた問題で

実は薄い症状だと思っていたアフターファイア(バックファイアじゃないよ)の原因が

排気漏れだったなんて事は結構あります。


ガスケットが入っていない理由は簡単にわかりました。

元々社外品のマフラーに交換されていたんですが

この社外マフラー(主にバイク屋が使うヤツです)は、

センタースタンドロックの付いた年式には非対応なんです。

それを無理やり取り付けるのにガスケットを省いた事は容易に想像できます。

ガスケットを省けばギリギリでクリアランス確保できるのと

無理やり取り付けるのでガスケットを挟む余裕が無いんですよ。

マフラーを社外品に換えたバイク屋と、タイヤ交換したバイク屋

それぞれ苦労したんでしょうね。

お陰様で私はもっと苦労しましたが。


センタースタンドロックに対応できるように車体側を加工して取り付けまして。

もちろんボルトは新品でガスケットも入っています。

音も静かになって良かったです( ´∀`)

カタチにするだけなら誰でもできるんです。

次の整備を考える。

車両にとって、オーナーにとってのベストを考える。

そして次に作業するであろう自分の事も考える。

そういう作業がなされているか否かこそが

汗水流して稼いだお金を支払う対価だと私は思いますし

だからこそ私なんぞに作業をご依頼頂いているのだと思っています。

今の世の中情報は沢山あるし道具も通販で手に入ります。

つまりはプロに頼まずに工賃分を安くあげる事ができる可能性があります。

しかし

今回の事例で言えば工具を購入してマフラーを購入してガスケットを購入して

新しいフランジボルトを購入してアンチシーズを購入して

さらに酸素バーナーを購入して産業ガスを契約してようやくマフラー交換が終わる。

大体10万円くらいかかりますね。

これって安あがりなんですかね( ´∀`)

っていう話です。

ぼったくりは別として、実はプロに頼むのが一番安上がりなんじゃないか

と、いうのがプライベーターを長年続けてきて開業した(つまりは成れの果て)私の見解です。

もちろん自分でなんでもやる事は否定しません。

私がそうでしたから。

でももう少し損得勘定して、楽をしてもいいんじゃないかなって思うんですよ。

まぁウチみたいに納期の長いとこに頼んじゃうとアレですが

ダメだと思ったら早めに諦めるのも

長く趣味を続けるひとつの秘訣だと思います。

その辺わかってるプライベーターは要所をしっかり外注してます。

外注に出しても自分でやったという事実は揺るぎませんから。

だってその判断も自分でやった事ですからね。



なんつってさらば!














0 件のコメント:

コメントを投稿