2015年12月31日木曜日

HOT ROD CUSTOM SHOW 2015 #LAST




一本足フレームのパン。


ナロートリプルにリジッドフォークで、これはカバーなのかな。


ここにハンドル挿してる。


グライドするんでしょうか?


クランクケースを抱く。


細いなぁ。



サイドカーループつきで三角窓。


ネック28度のフレームでカチ上げ。


フロントレッグが捻り棒。


インディアンは各部の造形が素敵だなぁ♪


UL大好き♪


フロントが変わってるなぁ。


分割ライザーを削ってる。

分厚いアルミのトリプルに33.4フォーク、上からカバーしてある。



ナックル。


この色の組み合わせいいなぁ♪


泥で全塗装されてる!!



OUT CASTさんのこの車両が4冠でBEST OF SHOW。

4輪は今年もBEST無し。

あれだけの素晴らしい車両が集まっていたのに、BESTが無いんですね。


削りのホイール。


ケネディーズロッカー。

膨大な手間をかけて作り込んである。


それは大変なことだと思う。

これだけの事をやり遂げるには並大抵の事ではありませんよね。


これこそがショーバイクであると。


そういうことなんです。


今回はバイクを持ち込んでいませんので、当日は入場料を支払って普通に会場に居ました。

ですのでこれまでとは違って落ち着いた目線で色々考えられたと思います(体調は絶悪でしたが)。

で、結局自分は賞を取れるショーバイクを作りたい訳じゃないんだと言うことなんですね。

まぁ早い話、作れないんですが。


バイクを作るうえで何かしらの評価が欲しいと思っていた面は確かにあったし、

そういう勝負の場であると捉えていたのですが・・・

よくよく考えてみればその評価基準自体がそもそも全く違うのだと。


ショーバイクを作る為の努力や情熱

チョッパーを作る為の努力や情熱

何を重んじて何を目指すか。

ベクトルが全く別なんですよね。


以前コメント欄でそういうご意見を頂いたりしておりましたが・・・

今更ようやく実感したと言いますか気がついた次第です。


勿論、バイクを見させて頂くことをはじめバイク全般が普通に大好きなワケですが

自分がこれから何をすべきなのか、どうすべきなのかを改めて確認した横浜でありました。



自分はカスタム屋ではなくチョッパー屋。

カッコいいチョッパーを作っていきたいと思います。




それではみなさまごきげんよう♪



0 件のコメント:

コメントを投稿