2012年11月27日火曜日

福山自動車時計博物館#7


 皆様こんばんは~。今日は冷え込みます寒いコウバの片隅で子ネズミのように震えておりますコウバ長がお送り致します。



 インディアンがおった・・・・・。


 素敵なテールランプだなぁ・・・・・・全体的に流れがあるデザインであります。


 プランジャーサス。


 小さい市松模様のリフレクターがええなぁ・・・・・


 出たでた・・・・手ブレで御座います・・・・・・


 このガーターフォークはシュッとしててカッコええなぁ。


 このメーターが動いてるとこ見てみたい・・・・・・・


 フェンダーチップは他車用の流用なのか・・・・・浮いてる。




 マフラーめさくさ寄せてるなぁ・・・・・


 オイッス!


 まだ前半戦なのに疲れてきてる・・・・・既に汗だくであります。




 こっちのインディアンは中々のポンコツだなぁ・・・・・・


 渋い・・・・・


 さっきのんより、コッチのメーターがええなぁ。


 定規のような目盛りが素敵である。


 可愛らしい燃料コックを狙って撮ってみる・・・・うちのカメラが特に苦手なのが黒色と錆色・・・・


 むつかしい・・・・・ちゅうかチョークレバー丸っこくて可愛い。


 焦げたカルメラのようになってしもた・・・・・・


 凄いお色であります・・・・・中々凝った形状のタンクなんやなぁ。


 このエンヂンかっこええ・・・・・


 この状態だと・・・死体だなぁ。


 できれば元気に動いてほしい。


 薄めでスムーズなキャップやなぁ。


 なんちゅうラフなスイッチ・・・・・おたまじゃくしのようであります。


 フロントはリーフ。薄い板を重ねてレートを落としながら剛性確保かなぁ。この枚数ってことはフリクション効果も狙ってるんかなぁ。


 後輪からメーターをギアドライブ・・・・・


 昔はさぞオサレな車両だったんやろなぁ。


 こういう経年変化を、自分の愛機で見ていけたら素敵やなぁ。


 そろそろ飽きてこられたかと思いますが・・・・・・まだまだつづきます・・・・・・・


0 件のコメント:

コメントを投稿