2012年11月29日木曜日

福山自動車時計博物館#11


 皆様こんばんはで御座います。SHOW直前なのになぜか博物館シリーズが終わりませんコウバ長が寝不足ながらにお送りいたします。


 これまたミツビシのペットレオ・・・・・いい・・・・・・いいよミツビシ!


 かわいい♪


 最も美しき3輪トラックやでよ・・・・・。


 尾灯の為にきちんとプレスもある。こういう赤レンズもええなぁ・・・・・・


 街のヘリコプターと働き者・・・・・バーハンの頃は随分ちいさかったんやなぁ。


 こっちはマツダの広島タクシー復元車・・・・・ものすごいボディワークだなぁ・・・・・・。木骨からガッツリやってるみたいやなぁ。


 ちゃっかり禿げたフットボードが実用されてる証やなぁ。


 こういう細かい細工は現代のクルマには見られないなぁ・・・・・・


 スイッチはどれも素敵すぎて・・・・・・こんなん操作するだけでも楽しいやろなぁ。


 ブリキのロボットの顔のようであります。


 昔のメーカーロゴには、誇りと工場魂を感じる・・・・・・


 素晴らしい仕事だなぁ。実際に使われてるっていうのもええなぁ。


 紋が入ってるわ。



 ダイハツはバランスがええような気がするなぁ。


 素敵なキャップ・・・・・・分割タンク。


 これまたメーターが素晴らしいなぁ・・・・・・


 ウォバッシュみたいだ・・・・・・


 力強そうなエンヂンだなぁ。


 プッシュロッドカバーがツインチョークSOLEXのボディみたいな・・・・・エキパイ綺麗に下がってくなぁ。


 対してマツダはキモい路線だなぁ・・・・・・・


 どうしてこんなに怪物顔なのアナタ・・・・・・・・


 エンヂンは結構かっこええのになぁ・・・・・


 太い燃料配管が渦巻いてる・・・・・結構振動が激しかったんかなぁ。


 最近のコクサン現行車ではマツダがいちばんデザイン良いような気がする。





 かっこええバスだなぁ・・・・こんな絶妙なトレッドとホイールアーチの関係をもった玩具で遊んでたら・・・・きっと将来おかしくなるやろなぁ。


 武器もある。


 もちろん時計もまだまだある。




 いちいち素敵やなぁ・・・・・・・・・・・・



 まだまだつづくよ!


0 件のコメント:

コメントを投稿