2012年10月21日日曜日

名前は未だ無い。


 お早う御座います皆様、本日はキャルフレーバー・・・・行けないコウバ長が兵庫県のコウバの陰よりお送り致しますコウバ長で御座います。
 

 

 行かれる皆様、気をつけて行ってらっしゃいマセで御座います。存分に楽しんできてください♪


 アタクシは昨日から行けない事を嘆きスネております・・・・・・コウバスター(仮 で散歩したり・・・・・・・・

 不便利(仮 をいぢくったり・・・・・・・


 できるかどうかワカラナイから、やってみるしかない。

 あくまでもCD50のカタチを残して、イメージしてるカタチにもっていくにはどうしたらエエやろか?

 そういうのはプロでもプライベーターでも同じで御座います。

 ああ、ベンリーの車高オトしたのネw 的な。簡単そうにヤル。

 骨格はこんな感じで御座います。

 今のところ、カタチを作ってみただけでラインとか整合性とか自然さがインケツすぎて申し訳御座いませんで御座います。


 実際にはこのくらい小さい・・・・・・


 ここから殆どのフレームを創り直すで御座います。

 コウバはご覧のとおり、一般家庭のガレージ。ここでボディの積替えからエンヂンスワップ、フルレストアから屋根切り、Chopper Buildから椅子作りまで行うので御座います。

 あるのは100Vの半自動溶接機とサンダーくらい。最新機器はボール盤で御座います。

 環境としてはいわゆるプライベーターより劣る部分がある。


カネも無い。技術もマダマダで設備も無い。

 でもそんなのはカンケー無い。

 反骨精神に支えられた気合と根性と情熱と勇気と狂気。

 そういうのをブチ込んでいくのにはむしろ丁度いい。


 


 原付Custom(カスタムじゃない)の道・・・・・先日のNAGOYAにFunnyさんが出展されてましたよね。

 
 http://funnycustom.blogspot.jp/2012/10/imitation-gold_18.html


 氏の記事を読んでると耳の痛いところが多々ある。耳が痛いってコトは思い当たるフシがあるってコト。

 Funnyさんが重き扉を抉じ開けて、道を切り拓いていってくれているんだ。物凄いことだと思う。

 
 ベツに提灯もってチャラチャラついていこうぜっ!っていうんじゃない。


 先達が切り拓いてくれた道があるお陰で、目指す方向へ歩むことができて、そこから枝道を自ら切り拓くことだって出来る。


 
 NAGOYAに出させてもらえるくらい素晴らしいものを創りたい!そんな気持ちで頑張りませう・・・・・・結果的に出れなくてもイイじゃない。



 ただ・・・・・



 どうせ創るなら



 カッコイイほうがイイだろう?



 
 
 
 

0 件のコメント:

コメントを投稿