2012年10月16日火曜日

便利屋の逆襲


 お早う御座いますコウバ長で御座いますよ皆様。

 アクセスカウンターと統計データ、昨日のうちに復旧しておりました(嬉

 嬉しい半面、今後記事や写真が消えてしまったりするのではないかと少々心配で御座います。


 皆様ご心配をおかけ致しました♪



 ところで、ココの処は次回作の事をボツボツ考えております。


 隠しておいてもしょうがないので、製作記でも書いてしまおうかと。ヒミツにしとくようなビックリなベース車でもないし、誰もやってないようなスゲーことでも御座いません。



 どこにでもあるCD50 ベンリーで御座います。

 よく知らないんだけど、CD50ってモンキーとかカブに部品取りにされる文字通り便利なヤツ。特に「カブチョッパー」にフロントフォークを取られますねぇ・・・・

 だから逆にカブから部品取っちゃおうかと。



 「便利屋の逆襲」で御座います。



 CD50ベースのChpperっていうのは既に存在するし、カブもそうなんだけどカッコよくしようって思うと自ずと先達と同じような道を辿ることになる。


 例えばカブだとフレームをセクショニングしてタンクを前にズラすっていうのはバランス上絶対にやっておきたい工作で御座います。

 
 CD50のフレームだと1.5~2インチ中抜きするとカッコいいラインになる。勿論コウバ長の主観で御座います。


 しかしながら創り手としては、コレまでにない何かをっ!て思ってしまうのも確か。ただ、そのドツボにハマって奇抜な手法に走ると、せっかくのベースがゴミになるで御座います。特にゲンツキは、そういう無茶苦茶がヤリやすい。


 
 ソッチに逝ってしまうかどうかが運命の分かれ道かなと思うので御座います。飽きずにずっと乗れるような、ずっとCustom進行形で居れるような、そういう素晴らしい車両は別に「新しいコト」なんて求めてなかったりする。



 ChoppedマーキュリーのルーフラインもそうだしモデルAやBのボディタブとタイヤとルーフの高さの整合性とか、ロングであれコンパクトでれ、Chopperの持つ黄金比とか・・・・・長年培われてきたバランスをキャンバスに、どんな絵を描くのか。


 そういうコトじゃないかなぁ。



 最後発の後出しコウバ長だからこそ・・・・・・エエモノを創りたいなぁ。きっと失敗したりするだろうし、頑張った結果ダサかったら潔くやり直す。


 
 変わったコトはしない。奇抜な発想もない。新しいこともない。派手さもまったくない。



 ないんじゃなくて、要らない。




 上手くできるかなんて問題じゃない。やらなきゃワカラネェんだから・・・・・・・・・ネチネチ悩んでないで頑張ります!


 

 

0 件のコメント:

コメントを投稿