2020年7月26日日曜日

解放。


みなさまごきげんよう( ´∀`)

雨が続いて中々走る機会がありませんで、

ちょっと雨が止んだ隙に走ってもフェンダーレスのオートバイでは

路面が濡れていると顔面に向かって水しぶきが上がるので視界が無くなるだけでなく

呼吸すら困難になる事は皆さんご存知かと思います。

しかしながらこの問題、フルフェイスのヘルメットであれば

全く気にする必要がない事に最近(今さら)気づきまして。

ここのところ虫が激突したり眼にゴミが入ったり、コンタクトレンズが乾いたりと

オープンフェイスで良い事が全く無かった事もあって

フルフェイスを常用する事にしました(´∀`)

言うても私は普通のバイクに乗る際はフルフェイスを着用しているのですが

今使っているAraiのRX-7RR4がいい加減ボロいのと

いくら何でも1号機には似合わなさすぎるので、さてどうしたものかと。

そもそもバイカーシェードやシールドで何とかならんのかという話ですが

何とかならんのですコレが。

シェードは意外とコンタクト乾くしシールドはパカッと開けられなくて

パカッとするアダプターみたいなのは装着したくないという具合です。

ついでにゴーグルは付け外しが面倒と、つまり私のニーズは結構細かいわけですね。



ってなワケでデザインとか色とか機能性とか(あと予算)を色々考慮して

人生初のオフロード用ヘルメットを常用する事にしました(´∀`)

マットブラックにロゴの色とかが黒とパーカライジングの1号機に似合ってるのと

デザインがシャープなところが決め手で、バイザーは取っ払いました。

ハイテク気味なメットですが海外の暴走族の人達が

SSにオフ用のメットを被ってるノリで、意外とチョッパーにもイケるかと。

まぁ車種とか走ってるステージにもよるとは思いますけどね(´∀`)

そういや生まれて初めて購入したフルフェイスはGPAのG2で

白地に赤い模様で内装が薄水色のパイル時のものでした。

西宮のウエダレーシング(ウエダオートショップ)で39000円で購入したのを覚えてます。

神河町に引っ越して来てから、走るステージも時間帯も速度もガラッと変わって

山は水が出ている所もあるし虫は多いし急に雨が降ってきたり夜は真っ暗だったり

ヘルメット選びだけでなく、服装だとか靴だとかオートバイに関わる色々が

何かチョッパーだからっていう先入観というか決めつけから解放されていってるような

そんな今日この頃だったりします。

はよ梅雨明けんかなぁ。


梅雨よさらば!













0 件のコメント:

コメントを投稿