2013年5月30日木曜日

外装が見えていないということ。


皆様ごきげんよう。

毎度当たり前のことしか書かない&最近なぜか標準語で記述するコウバ長でございます。

とにかく毎日ばらばらのスポーツスターを組み立てては分解して

見る!

エンジンを毎回積み降ろしするのは重くてしんどいのだけれど、

重くてしんどいから、フレーム単体で見るときよりもきちんと見れるようにする。





これまでモノコックフレームのカブを改造していたこと。

それはそれで難しい部分と、逆にラッキーだった部分もある。

フレーム=外装

これが難しくもラッキーだった部分。


外装とフレームを渾然一体に考えて造ればよかった。


もちろん最終的には渾然一体なのだけれど、

普通のバイクは作っている段階では別々だから、ついついフレームばっかり見てたりする。



そうすると、これで良くなる筈なのに、どうしても辻褄が合わない!

っていう箇所が出てきてしまう。




駄目だった理由は、タイヤの頂点を基準にして考えてたっていうこと。

本当はそこに被るフェンダーの頂点を見ていないといけなかった。


そんなことに今更気がつく。

外装が見えていないっていうのはそういうことだと。



そういう部分を修正したら、寸法にして1インチも狂ってた!



外装が見えていないと、そういうことになる。






何を見てる?

何を見てきた?

何をしようとしてる?

どうしてそんなことをする?


カッコいいバイクに乗りたいだけだ。


良くなってきた。


でも最良ではない。


回り道をしている自分がもどかしい。


でもそれは自分のせいだ。



お前がつまらないのは、お前のせいだ。




外装が見えていないっていうことは、そういうことなんだ。




っていう、あたりまえのハナシをするハナシ。


ごきげんよう!


0 件のコメント:

コメントを投稿