2019年12月25日水曜日

HOT ROD CUSTOM SHOW 2019 #12






メッキフレームだけど落ち着いた感じのパンです(´∀`)


純正フレームを生かして表面処理と外装でパリッとした雰囲気を作っていると思われ

色々な事をやっていますがシルエットがガチャガチャではない。


タンクはピーナッツタンクを逆さまに。

前側に足を出してフレームタブにマウントする事で、

タンクがピョコンとした感じを抑えてラインを整えていると見受けられます。


フェンダーステーは恐らくですが、純正スタンドを跳ね上げたみたいなテイストかと。

断面形状も柔らかくRを付けられていて、

個人的にはカキカキの造形よりこっちの方が好きです(´∀`)


ヘッドライトの位置、大きさも良い具合で

特にスプリンガーはヘッドライト位置でかなりクールさに差がつくので

基本中の基本と言いつつコレにセンスが出ると思います。


大好きなアイビームスプリンガー。

クロームだと陰影が強く出て尚更良いですね。


ハンドル立ち上がりのナイフエッジな造形と、ハンドルセンターは楕円断面でしょうか。

うーん、こういう造形は好きだなぁ。


メッキの種類だけでなく処理も変えて色々な表情を持たせていて

フルクロームのキンキラではなく引いた輝きが特徴的です。


ドーナツファンネル。

ショーバイク感とストリートバイク感の折衷ぶりが

良いところを突いてるバイクだと思いました(´∀`)



こちらのショベリジはオーソドックスにオーソドックスを重ねたような

言ってみればド定番の手法とパーツを使っていますが

ものすごい丁寧かつ綺麗に作ってありました。


所謂、「要らん事しない」スタンスだと思います。


33にハンバーガードラム。

このインナー長だとスタビも要らないしブレーキも使える。

だから定番化してる長さなわけで

33.4フォークは8インチオーバーあたりから捻れがかなり大きくなって

私が常用している12インチオーバーとなるともう

フォークの捻れがモノスゲーです(´∀`)


普通のリブフェンダーに普通のシッシーバー。


何かを狙ってるとかそういう感じは無いのですが

狙ってない感は狙ってる

敢えて定番でまとめられたバイクという印象でした。



0 件のコメント:

コメントを投稿