2018年12月11日火曜日

HOT ROD CUSTOM SHOW 2018 #7





うちのブースのお隣はなんとエボスポーツでした。

今年はエボスポの出展車両が減ったなと思いきや灯台下暗しで

とは言ってもエボスポのカフェレーサーかぁ

くらいにしか思っておらずに大変失礼千万致しまして。

と、言うのも私はカフェレーサーも大好きというかそっちからこっちに来たのですが

エボスポベースで行く場合の大体の手法はよく知っているつもりでおりました。


んがしかし、ショーアップされてビカビカ光っちゃっている感じで目が眩んでいたのか

いざよく拝見しますと異様に凝っていてビビりました( ´∀`)


最初はXR750みたいなレーシーなオイルタンクだなと見ておりましたが

ふと視線を上げたそこには見慣れたシートレールから生える一本の棒。


なんとフェザーベッドフレームを模した作りに改造されております。


それもアルミタンクをときちんと載っけて

タンクの割れを防ぐようにきちんと理由のある改造になっていて

その証拠にタンクはきちんとラバーの上に載っかっています。


チェーンのスライダーはプライマリーチェーンのそれでしょうか。

リアブレーキはカンリンのレーシングドラムで


スイングアーム上に蒲鉾のようなショックマウントがあるエボスポですが

強度がありそうな大きなプレートで作り直してあったり

アルミスイングアームとかに交換するのではなく

純正ベースでこういう風に持っていく感覚にはすごく共感を覚えます( ´∀`)


右ペダルで左パネルのドラムですのでリンクを介して逆に持っていってる。

これって見た目以上に面倒ですし

きちんと効くようにアームの角度やレバー比も考えないといけなくて

スペースもミニマムな中でしっかり作られていますね。


フロントもリアと同じくカンリンのドラム。

H断面リムにフォークもイイですね( ´∀`)


ピンボケしていますが。


キャブはFCRかな。


マフラーはリアバンクが前巻きで左右出しになってる。

スペースの都合もありますが管長を稼げるので結構理にかなった取り回しなんですよね。

XLCRも左右出しですが重量バランスだとかそういう理由もあったのかな。

ステップ周りのスペースやバンク角の問題もあったかもしれませんね。


マスターが無いからマグラのスマートなレバーでスッキリ。

セパレートハンドルのクランプ部分は鋳物みたいになっていて

バーエンドミラーもスマートな形状。


テールはカッコよく埋め込んであって、要は見せ方ですね。

ナンバーベースはフレームから厚みのある部材で出されてる。

小さな小さなウインカーはケラーマンのバレットアトーで私も使う予定です( ´∀`)


照明のせいもあって派手な感じですが

かなりな改造をしていながらエボスポーツ好きが見ても嫌悪感を抱かない

そういう改造に感じました。

因みに私はエボスポーツをギタギタに切り刻んでいますが

スポーツスター大好きである事を申し添えておきます。

今さらですが( ´∀`)



それではごきげんよう!




0 件のコメント:

コメントを投稿