2018年12月17日月曜日

HOT ROD CUSTOM SHOW 2018 #12





このSRはスマートですねぇ。

色んなスタイルに化けられるSRではありますが

それだけに「なんちゃって」ではない本気度と言いますか

そういう突き抜け感が重要になってくると思います。


エキパイなんかも外に張り出させずに高い位置に綺麗に収めてあるし

本格的に走れて見た目もよろしいっていうのがよろしいですね( ´∀`)


オイルインのフレームもこういうスタイルなら綺麗に隠せる。


シートレールは途中でぶった切られてレーサーみたいに別体のレールが組まれてる。

そしてサスはモノサス化されてますね。


スロットル周辺にこういうカバーが付いてると、埃や泥に対して有利でしょうね。


ブレーキレスにして残るネジ穴をきちんと隠してある感じで細けぇっす。


クラッシックなモーターサイクルもダート仕様な感じで鎮座していますが


ナローなフォークが付いていたりして素敵です。


ラグ組みになってるのか。


ハンドルバーのクランプはボルト一本で締められる合理的な作り。


繊細な工作がなされております。


ハブも自転車のような感じでか細いです。


フレームもフォーク同様に細かく仕上げられていて

ハンドルストッパーはフレームに対して当たりの柔らかい素材を使ってある。


二本足のフレームにケーブルも中間のストレート部分にこういうパイプを入れれば

フレームに沿わせてピシッとまとめられますね( ´∀`)


フレーム底部もかなり細い。


フレームからフォークまでイチから作ったマシンで走ってるんだなぁ。

ここ数回出てくるトラックレーサー達に共通しますが

改造の度合いも高くて走りを意識していたり、実際走っているところが

私的に好きな要素で見ていて楽しかったです( ´∀`)




0 件のコメント:

コメントを投稿