2013年12月6日金曜日

靖国神社 #4




大砲がある。




被弾している。


生々しい傷跡。



全体に厚くペンキで塗られていて、それを疑問に思っていた。


痛々しい弾痕。



ペンキで塗らずに、元のままで良かったのではないかと思ったのだけれど、

敢えてペンキで封印したのではないか。


そんな気がする。


だんだんと言葉が失われていく・・・・・・・







もうひとつの大砲。


木のホイール。


こちらも凄まじいダメージ。


これをこれだけ破壊する弾が飛び交っている。


全弾を撃ち尽くして砲とその運命を共に・・・・・・・








ただ英霊に鎮魂の祈りを捧ぐ。





0 件のコメント:

コメントを投稿