2016年10月22日土曜日

修理して頂く喜び。


みなさまごきげんよう♪

トランポでありファミリーカーであり旅館でもある我が家のグレーの食パンこと

NV350キャラバンですが。


嫁さんが運転中に離合に失敗しましてガードレールやらポールやらとディープキス。

お陰様でドアからリアフェンダーまでベコベコのメキメキになりました。

嫁さんも激しく凹んでいるので早急に修理します。


とはいえ・・・

現代の車の外板は高張力鋼板という超ペラペラの鉄板で構成されているので

古臭い手法しか知らない私にはとても直せたモンではありません。


引き出し用スタッドも持っていますがこういう張力のかかった薄板には専用のものが要りますし

叩いて板金、伸ばして絞ってというのは全く通用しませんので

ここはプロ中のプロにお願いします。

通常ではドアとフェンダー、それぞれパネル交換になります(自分で大体見積もれるなが悲しい)

が、このインナーパネルの補強まで達してしまった凹みや傷を

全て板金で修理してもらうことに。



プレスラインが複雑なうえに元々波打っている難しいパネルを

見事に復元して頂きました♪


むしろラインは手付かずの反対側よりも綺麗なほどです。


技術的にはパネル交換よりも板金修理の方が圧倒的に高いのですが

パネル交換となるとガラス類や内装の脱着、交換部品の点数が多いので非常に高額です。

しかしこんなパネルをきちんと直す技術はハンパではないですね。

しかもこれだけの修理、仕上がりでありながら納期は2週間。


いやはや・・・綺麗に直して頂きましてありがとうございます。

車がベコベコになってパテてんこ盛りで修理的な事をされるとなると更に凹みますが

きちっとバシッと直してもらうと気持がイイものですね。

こういう人に喜びを与えてくれる仕事は素晴らしいですよね。

私も人に喜んで頂けるお仕事をしっかりやっていきたいと思います♪


と、いうことで早速納車へ行って参りますのでこの日曜日は不在です。


それではみなさまごきげんよう!






0 件のコメント:

コメントを投稿