2016年10月15日土曜日

ヒマは無味無臭の猛毒。



みなさまごきげんよう!

10月の13日と14日は秋祭りでして。

工場を開けていてもお祭り騒ぎですし作業になりませんので・・・・


パーツの発注など事務的なことを片付けて神河へ向かいます。

こんな道を走って行きますよ♪

時間の許す限り作業にあたりたいと思います。


晴天だと8割増しくらいに美しく見えますね。


庭の木に蛇さんがおりました。

木に登っているのと昼間から行動しているのでアオダイショウさんでしょう。


かわいいお顔だなぁ。

大人しくて優しい蛇だそうでお家の守り神になってくれるそうで。

ぜひともよろしくお願いします♪


さて本日も草刈りです。

敷地内は非常に肥えたフカフカの土で構成されておりまして

多分植えれば何でもスクスク育つ感じです。

この辺りも元々は菜園だったようで、作物が植わっていたところがジャングル化した模様です。


ここは刈払機ではなく、とにかく手作業でぶっこ抜いていきます。


と、言うのも土地全体がこのような蔓で覆われていまして

刈払機のシャフトに巻き付いて作業性が悪いのです。

で、この蔓が曲者で他の樹木や生垣に絡みついておりまして

木の枝の方向を変えてしまうほどに強烈です。

家の中にも入ってきていますしね・・・


恐らくですがこの厄介な草はヤブガラシです(違うのも沢山あるけど)。

いくら抜いてもすぐに生えてきてしまう超生命力の高いヤツです。

有効な対処法は、蔓を切らずに絡みを解いて地面に丸めて置いておく

もしくは絡みつく相手を無くす

そうするとやることが無くなって屈強な地下茎まで枯れ果ててくれるらしいです。


ヒマは無味無臭の猛毒というのは草も人間も同じですわね。


まぁ量が量ですのでそういう対策は後ほど行うとして、

まずは除草剤を使わず邪魔な蔓をどんどん抜きます。


量水器なんかもようやく姿を現しました。


水道や灯油タンクも登場。

3年程度の放置でもトンでもないことになりますね。




昭和天皇は雑草という名の草はないとおっしゃられたといいますが。

まさにそのとおり。

アタシは雑草だからという概念で草を刈ってるわけじゃございませんで。

たとえ素敵なお花であっても美味しい作物であっても大麻草でも

今生えている草はちょっと勢いありすぎますし

一旦リセットしてしまわなくてはどうしようもないんですね。

ちなみに背後の木はモミジです♪




と、いうワケで生垣もチョップ。

見通しも良くなりましたが、西側が山になっている我が家にとっては風通しも重要かと。




ボーボーになっている木々もある程度剪定しました。


瓦が出てきましたがこういうのは大事に取っておきます。

しかし半狂乱で作業しているせいか

2回ほど駐在さんがミニパトで偵察にきましたが

まぁ「街道ノ鬼」とか書いてある帽子を被って空き家をいじくりまわしてる髭面の男なんて

そりゃソコソコ不審者ですわな。

地域の皆様ごめんなさい。。


だいぶ母屋が見えるようになりました。

かなりスッキリしましたが生垣の根っこは強固なので時間をかけて抜かねばなりません。


こっち面の生垣もある程度スッキリさせないといけませんが

伸び放題にしていたせいで、刈ると葉っぱが無くなって茶色くなっちゃうんですよね。

細かい落ち葉も凄いし・・・・・

そこら辺は上手いこと何とかしたいと思います(チョップするかもしれない)♪

あんまり美観を損ねるのも皆さんには迷惑ですしね。


しかし刈った草木の量がハンパない・・・・・・こんな草木の山が既に2つ発生しています。

こいつらの処理も一苦労ですねきっとw

草の成長っぷりも考慮して週1くらいで通って片付けていきたいと思いマス。


果たして不審者扱いは続くのか

草との戦いは終わるのか

どうなるコウバ長


ってなワケでみなさまごきげんよう♪










0 件のコメント:

コメントを投稿