2016年6月30日木曜日

SPEED AND CUSTOM SHOW 2016 #45


駐車場を徘徊していると

今日シェイクダウンがてら乗ってきたので見てみてください♪

とお声をかけて頂き、見させて頂きましたのがこの車両・・・・・


モンキーのタンクに縦型のエンジンですからホンダ臭満点でして。

車格からしてエイプとかCB50系かと思ったら何とまぁFTR223ですよ(汁

プロに協力してもらいながらコツコツご自身で作られたそうです。


単にホンダパーツを組み合わせたわけじゃなく・・・・

モンキーのタンクを低くマウントするためにトップチューブからネックまで大幅に作り直されてる。

前後10インチで走るエンジンと化してます♪


してこれ、ディメンション的にもかなり振り回せて乗って楽しいはず。


とにかく丁寧な作りで、かつ地味~にまとめてあるから嫌らしくない。


基本はホンダ純正流用だけど、省スペース化に有効なパーツにはお金をかけてる。

マスターはコンパクトでシンプルなベルリンガー。


腹下に目立たなく取り回されたステンのマフラーも断面形状が変化するクソ丁寧な作り。

スプリングはアクラボヴィッチなのか。


スピードメーターのセンシングユニットは贅沢なステーで取り付けてある。

タイヤはミシュラン。


エイ革のシート。

CRキャブのファンネルを避けてえぐってある電装ボックス。

テールのマウントもしっかりしてる。


オーナーさんはジャンルが違うかもしれませんがと仰っておられましたが・・・・・

こういう地味だけどコテンパンにやってある改造車は大好きです♪


ホンダ車であることから逸脱してないところがイイですよね。

お話聞かせてもらいながら色々見させてもらうのは本当に楽しいですね。


このトラもカッコいいなぁ。


色味が上手い・・・・


やや小ぶりなタンク。


ハンドルの幅とかRが程良いですね♪



リア18でほっそりしたパン。

ハマータンクはスイッチ部分もしっかりした状態。


フロントはワイドに2.75の21インチで激痩せです。



フロントにスプリンガーを組んだアーリー♪


こちらもハマータンク。

フレームのネック部分にかなり手が入ってますね。




0 件のコメント:

コメントを投稿