2016年6月14日火曜日

オイルタンクと整備性。


みなさまごきげんよう♪


こちらも着々と進んでおりますよ♪

2台同時進行なので作業手順の段取りなんかでキリのいいところまで中々到達しませんが・・・・


オイルタンクを全周熔接しました。

1号機よりもさらに容量アップ。

軽量化の為側面は1.0mmの防錆鋼板を使っていますので熔接は気を遣います。


取り付けチェック。

歪んでいたら取り付けできません・・・・・


OK♪


そして防錆塗装の後にパテで綺麗に整形。

これが一番時間かかります。


クリアランスチェック。

フレームを整形する分も見据えております。


この角度から見るとオイルタンクが大きいですが・・・・

色的に膨張しているのと、スプロケカバーとマフラーが無いからそう見えるだけです♪


オイルタンクの最終的な位置がキマったので、コイルマウント製作。

1号機のような別体型ではなく、フレームと一体にしています。

1号機はプライマリーカバーと共締めですが、

こちらはプライマリーカバー、コイルともに取り外しを容易にしてあります。


オーナー様自身がメンテし易いようにしておくと楽しいですもんね♪


ってなワケで2台分外装一気にサフ塗装へ移ります。



それではみなさまごきげんよう♪







0 件のコメント:

コメントを投稿