2015年5月5日火曜日

フレームほぼ終了。


みなさまごきげんよう♪

本流のスポーツスターに戻ってまいりました。

細かいマウント類と補強を除いて、フレームの溶接がほぼ終了しています。


ネックパイプの太さがスタートラインなので、全てそこに合わせた寸法になっています。

この太さから鋳物風にもっていくには重くなりすぎるので、

鋳物ベースの少モールディング風でいくつもりです。


補強と一体になっていたマウント部分も切り飛ばしてしまったので作り直し。

純正より厚い板で・・・・少し飛び出しますが、マウント自体は純正がそのまま使えるように。

一号機はマウントも加工していますが・・・・・

今回はメンテナンス性や部品の入手のし易さも考えています。



ダウンチューブのネック周辺は細かいピースを組み合わせて補強。

ハンドルストッパーは削ってる途中ですねw

この後本溶接。


電装類もスッキリまとめられるようにマウント関係を溶接していきます。

一号機ではタイトすぎてしんどかった部分ですが、こちらは余裕のスペース。

一号機は結局後から後から詰め込んでいった感じで、手が止まることも多かったですが。

今回はそういう部分も最初から盛り込み済みなので話が早いですね。


すでにバイクとして自立出来るようになっているので、

エンジンを載せて足回りを組んで、外装関連に移行したいと思います!


それではみなさまごきげんよう♪






0 件のコメント:

コメントを投稿