2015年3月4日水曜日

TATRA 


みなさまごきげんよう。


天才設計士ハンス・レドヴィンカ率いるチェコのタトラですよ。

1900年代初頭にはSOHCで半球形燃焼室のエンジンを導入。

30年代には鋼管バックボーンフレームにスイングアクスルによる独立懸架の採用、

モジュラーエンジンの開発・・・といったように、当時世界最先端の自動車メーカーです。



まぁタトラの素晴らしさはウィキペディアで調べて頂くとして、中でもこのT600が好き。



美しきヤーライ・スタイル。

生産台数6342台・・・・・


Cd値0.32。

やはりこういうスタイリングが自然と好きなのかなぁ。


↑こちらが詳しいです。

そしてこの貴重な車両を・・・・・・・




やっぱりどこにでも居るんですね♪

タトラの流れを汲むVWのまとめ方で。

(レドヴィンカはポルシェとお友達であり、ヒトラーもタトラのファンでした)


素晴らしい。


素敵すぎる。



まぁあまり要らん事をしていないからなのだけれど・・・・


いいスタイルだなぁ。


かなりKUSTOM寄りなアプローチも・・・・・



それでもってまたレーサーもカッコいい。

T600のエンジンを前後逆転させてミッドマウントしたレーサーのT602で、シャシはT600。


素晴らしい。


実物を見てみたいなぁ・・・・・


それぞれの稜線の構成が綺麗ですよね。



こんなのなら欲しいなぁ♪



0 件のコメント:

コメントを投稿