2014年9月16日火曜日

ホイールベースの短縮。


みなさんごきげんよう!


ホイールベースを詰めました。


アイアン比これくらい。

ちとズングリムックリになりましたが、エンドの立ち上がりを切り落とすのと

あと裏に補強を入れてから少し削ってシャープにします。


あとはアイアン用のシャフト引きの穴拡大とショックスタッドの加工が必要だなぁ・・・・



フロントを上げて作っていく場合、リアでホイールベースを詰めると物凄くバランスが崩れる。

エボスポの場合ただでさえ寸詰まりなのに

リアを詰めると更にフロントが寸詰まりになるんですね。


フレームをやり変える前がそれで、悪影響がモロに出ていた。


勉強になるなぁ。


・・・・・次のリジッドフレームに活かそう。



しかしイイことろでサンダーが壊れてしまいました・・・・


1992年製・・・・・

バブル崩壊の年に生まれたバリバリのゆとり世代。


ちょっと重いけど安定感があって使いやすいんだけどなぁ・・・・・

修理には部品が要るようだから、ちょっとお休みしてもらって新しいのを買ってきます。


8吋オーバーの33.4mmフォークチューブが通関したらしいのでもうすぐ届くでしょう。


そうすれば車体姿勢を最終決定できる。



首下に補強を入れて、タンクマウントの溶接とシート製作、

マフラーとハンドル製作で大物がほぼ終わる。



目標は横浜。



じっくりと一歩一歩進みます。








0 件のコメント:

コメントを投稿