2014年9月14日日曜日

そしてスイングアーム。


みなさまごきげんよろしゅう。

ハンドルひとつ作り上げるのに納得することが出来ない。

自分の求めるものが出来ない。

自分の欲求と、現状の自分とのズレがもどかしくて仕方ない。


それでも

そういうことを積み重ねていくしか無いのだから、グダグダ言わずにやり続けるしか無い。

ハンドルの幅とかそういう話しはまた今度にしましょう。

それ以外にもやるべきことは沢山ある。


ありすぎる。




前側のエンジンハンガーブラケットを作る。

L形にしたのは鉄板の重ね合わせを見せない方がいいからです。


この位置でハンガーのプレートの装着やら、レンチが入る寸法もギリギリOK。


本格的にひっつける。


こっちもひっつける。

フレームをやり直すことで仕切り直しとしてきましたが、もうひとつ。

予てより懸念事項であったスイングアームに着手。

ご存知エボスポは角断面のスイングアーム。

これを丸パイプに変える。

材料としては寸法的にもアイアンのスイングアームが丁度いいことは事前に計測済み。


アイアンとエボスポのスイングアームをチョン切る。

エボスポのスイングアームピボットとアイアンのそれは全く逆の位置関係。


スイングアームでホイールベースを30mm詰めてるのもややこしい。

これを如何に繋げていくかが勝負ですね。


造形的にも中々難しそうですが・・・・頭の中には完成形がある。



具現化出来るのか、できないのか。



そんなことよりも



やらない理由が全く無いからやるしかない。




魅力的な言い訳を考えてる暇も無い。









0 件のコメント:

コメントを投稿