2017年3月15日水曜日

フレームの再生とエンジン搭載。


みなさまごきげんよう♪

仕上げに出していましたフレームが生まれ変わって戻ってきました。


腐食の激しかったフレームですが・・・

サンドブラストにて完全に錆を除去した後に、そのまま塗装工程へ移らずに


しっかりと防錆処理を実施して頂き・・・腐食による痘痕を専用パテで埋めてから、

がっちりパウダーコートという贅沢な防錆仕様、更にこの後パイプ内にも防錆ワックスを噴霧します。


このような痘痕も


専用パテで綺麗に埋めて頂きまして。


ボロサビのフレームが


しっかり生まれ変わりました♪


この辺りはある程度サビを落としてパテ埋めして塗ってしまえば仕上がりに差異はほぼありませんが

外装と同様に、年単位の長いスパンで見たときに大きな差となって表れます。


当然ですが誤魔化して仕上げるよりコスト高になりますが、

バイクとして組み上げてしまえばフレーム単体で施工できる機会は中々ありませんし

なによりも長く乗ってもらいたい、また錆びてしまって修理する事が無いようにしたい。

ただその一心です。


フレームが完成しましたらエンジンを積みたくなってウズウズしますね♪ってなワケで早速エンジン搭載。


とはいえサビまくりででどうしようもないこういったボルト類も交換しながら組み上げていきます。


目立たない部分ですがフレーム同様滅多に手を入れる事はありませんし、気安く交換できませんので。

ボルトやナットは全交換するとなると高くつきますが、換え難い部位は換えられるときに換えておくと良いですね♪

すぐ換えられる箇所はボチボチ愉しみながら交換していくというのもオツなものです。


こうなってくると早く着地させたいですね♪

しかし自立させるにはまだまだ細かい作業の連続です。


それではみなさまごきげんよう!



0 件のコメント:

コメントを投稿