2016年7月18日月曜日

チョッパーは乗り難いのか?


みなさまごきげんよう♪

ツーリングシーズンですね。

みなさまバイクの調子はいかがでしょう。

今日はチョッパーは結構乗り易いというお話。


在りし日の1号機。

決してスポーティーなわけではないのですが・・・・

基本的なバイクの乗り方を教えてくれるディメンションと設定ですよね♪

ただ日本人にはちょっと大柄(車体ではなくポジション)な面があって、

ハンドルを少し手前に引いてあげたりシートポジションを見直すと格段に乗り易くなります。

あとはフロントフォークをちょいちょい・・・・



でコレが現在形なわけですがコレを見て「乗り易そう」と思う人はなかなかおりません。

チョッパー乗り意外はw

ところがコレが乗り易いんですよ。

まぁ少しはクセもあって、

限界が低いので一定の舵角で大きく回り続けるループ橋とかは苦手なんですが・・

ちなみにこのタイヤで限界を試す勇気はありませんので本当の限界はわかりませんw

外乱が多いので基本リーンアウトになります。

サスもダメ、タイヤもダメ、フロントブレーキは無いw

じゃあ一体何が乗り易いのか?というと・・・・


上体のリラックス度合いなんですね。


フロントが上がって荷重が常にリア寄りになっているのと、

あとはポジション設定です。


チョイ猫背でガバっとハンドルに手を添えた姿勢を作ってあげれば、

大抵のバイクは乗り易く感じられるようになります。

薬指と小指の付け根でハンドルを握るというよりホールドする感じです。



ロングフォークのバイクなんて乗り難いだろうと当初は思っていましたが・・・

アメリカみたいに曲路の少ない道路をクルージングするには、

結構理に適っているのかもしれませんね。



チョッパーは我慢して乗るというよりは楽しんで走れるバイクです。

ポジションが苦しい、乗ってて我慢を強いられるという方は・・・

お気軽にご相談ください。

楽しく走れるようにしましょう♪



因みに1号機は単に乗り易いだけで速く走れるワケではありませんので・・・

路上で遭遇しても決して煽らないでくださいw



一度またがって頂けたら実感して頂けると思いますが・・・

勝手にまたがっていると肉体のあちこちをチョップされますので必ずひと声かけてくださいw



それではみなさまごきげんよう♪



よい休日を!





0 件のコメント:

コメントを投稿