2016年4月26日火曜日

バードディフレクター。


みなさまごきげんよう♪


'61FLH。

Dick Allenのナロいスプリンガーに括れたウィッシュボーンフレーム。

Sパイプで排気を通して下の方もすっきりしたのですが、S&Sのキャブカバーが取り残されました。

これをすっきりさせるべく、キャブカバーを交換します。


所謂シェブラースタイルのキャブカバー。


一応砂型のアルミ鋳物です。


しかし造形的にはオリジナルのような雰囲気は無い。


ので、全面にわたり形状を改めます。



吸い口は手加工でファンネルにしてポリッシュ。

ブラスのネジは当然仮の姿です。

S&Sのバックプレートを外すのでエンリッチナーはプロペラタイプに交換。


狙い通り。


ビロロンアイドルアジャスターがバツですが、かなり雰囲気出てきましたね♪


コック移設と相まってフレームやタンクのラインが強調されました。

で、完成かというと・・・キャブカバーにまだひとつ追加パーツがございます。


パーツが出来上がり次第、お披露目したいと思います♪



それではお楽しみにごきげんよう!







0 件のコメント:

コメントを投稿