2015年1月20日火曜日

KAWASAKI WORLD#5




ニューヨークステーキですわ。


問答無用にカッコいい。

スリムでマッチョで流れるようなライン。


横から見たら薄く。

これは造形的にもカラーリング的にも上手くやってある。


しかし本当は結構幅がある。


この角度になるとシャープに。

これはタンクの肩のラインが肝なんだなぁ。

この見え方はスポーツスタータンクにも同じことが言える。


シャープなテールカウルまで綺麗な収まり。


カウルにめり込んだリアシート。

相当にラインを意識して造られてる。


スリーク。


とんがってるなぁ。



250とは思えない気品あふれるメグロジュニアS2。


カットモデルになってる。


片ハブドラム。

フロントフェンダーには効果的な段がついてる。


タンクと同じくメッキに塗り分けピンスト。


薄いトリプルに細い線でプルバックするライザー。


フレームの差込み部分にも繊細さがある。


美しいオートバイですね。




0 件のコメント:

コメントを投稿