2014年3月11日火曜日

踊る日本人




みなさまごきげんよう。

東日本大震災から3年。

多くの人々は忘れていることだと思う。


こういった節目の時期だけに組まれるテレビの特番のようなもので思い出しているのでは

忘れているのと同義であるし、果たしてその特番で本当のことが知らされているのかすら怪しい。



そもそも1年とかいう単位で節目とすること自体が意味不明でもあるが。

そう言いつつ震災から3年目に、3年目だからとこういう記事を書いている自分自身が居る。

それは被災され命を落とされた皆様にお悔やみを申し上げるとともに、

改めて考えてみる機会として捉えているからだ。




3.11以前にも多くの悲劇や事件や災害は起こっているし、当然それ以降にもある。

しかし往々にしてそれらは忘れ去られていっているのが現実で、

東日本大震災においては後々に与える影響が計り知れないほど大きいものであるから、

まだマシなほうかもしれない。



日本人は踊る。



この3年目が終わったらすぐにオリンピックの話題に沸き、増税でパニックになるだろう。

思い出すことも、「自分は思い出した」という行為に自己満足しているに過ぎないのではないか。


震災直後の行動にしてもよく現れていて、

たとえば物資を積んでとにかく東北へと自家用車を走らせる。

それは大いに結構な考え方かもしれないが

たいした積載量もない一般車両が大挙して被災地へ向かうことで交通は麻痺し、

現地の燃料は枯渇するし大量の物資を積んだ大型車が被災地へ辿り着けなくなる。


報道を見て、その地域めがけてボランティア活動をしに行く。

そこは本当にボランティアを必要としていただろうか。


報道があるということはそれだけで助けであるわけだから、そうでない地域を探すべきである。

自分はというと、気休め程度に募金していた程度で、

そのカネだって何処へ行ったかわからないし、今思えば自己満足でしかない。

結局支援物資にしても、お金にしても、行き届かない地域があったり別な使われ方をしてしまって、

せっかくのみんなの気持ちが無となってしまう。

そしてその支援が今も続いているかといえば、どうだろうか。




ただとにかく考えるのは、これからどうしてゆけばよいのかということ。




今回の増税にしても、増税前の今がチャンスということだが

果たして本当に今冷蔵庫やエアコンや高額なアナタの欲しいものが絶対必要だろうか。

家にある冷蔵庫やエアコンは壊れているだろうか。

それを廃棄することで起こる環境負荷はどうだろうか。


一昔前に始まって今も続いているエコカー減税やハイブリットカーにしても同じで

確かに燃費的にはエコだかしらないが、それを製造するのに通常以上に化石燃料を燃やし

目方でいえば人間一人分くらい重い車両を常時運行することになる。

タイヤの転がり抵抗に気を遣っている場合ではないだろう。

環境を全面に出すのであれば今あるものを大切に使うのが一番負荷が少ない。



結局は何だかんだと言いながら自分が何かしらの満足を得て喜んでいるに過ぎない。

だれでも簡単に得ることが出来るようなチャンスや利益なんて特別なものじゃなくて単なる罠だ。



事ある毎に我々は踊らされ続けている。

特に国策として踊りに誘ってきている場合においては、踊っている我々はもはや奴隷に近い。

この毒に満たされた狭い国営のダンスホールではあるが

すべての人が踊っている中でたった一人が踊ることを止めても誰も気づかないかもしれない。

しかし踊ることを止めて考える人間が2割を超えてくれば踊りを止める者が急速に増えてくる。

毒が満ちてきて全員が死に至る前に踊りを止める必要がある。

考える人が増えていく必要がある。




既に諸外国から見れば日本人はトランス状態で踊り狂っているようにしか見えないだろう。



大切なのは我々一人一人がよく考えること。



そうして生き残った者やこの国がより良くなっていくことこそが一番の慰霊であると思う。




そろそろ踊りは終いにしてよく考えよう。












0 件のコメント:

コメントを投稿