2016年8月29日月曜日

ワンスロートキットと乗車姿勢。


みなさまごきげんよう♪

本日は大阪よりお越しの'06式・・・キャブ最終の883Rさんです♪


どうにも乗り難いとのご相談を頂きまして作業ご依頼頂きました。

前後とも車高が落とされていて、ハンドルは純正ライザーにドラッグバー。


幅もかなり広めにとられていますね。これでは脇が開きすぎてしまいます。


横から見れば全体を低く低くおさえたというところですが・・・

この状態だと肘が伸びきって手は突っ張る形になるので、肩や腰に負担がかかります。

リアは硬いサスで荷重がフロントにかかっているうえに

フロントが柔らかい純正スプリングカットですので常にフワフワしていますから、

落ち着きなく動いているフロントサスの動きを腕で受け続ける事になりますね。

コンビニへのアプローチで腹を擦る事もあるようですのでサスも見直します。


その前に同時にご依頼頂いておりましたキャブカバーの交換。


このキャブサポートとブリーザーホース&フィルターを・・・・


CV用ワンスロートキャブカバーキットに交換です♪

マニホールドのズレも無く、すんなり装着できました。


併せてジェットも変更しセッティングを出させて頂きます。


スッキリ♪


次いでハンドルはZバーに変更。


左右10mmずつ幅を詰めてあります。


グリップは2型縦溝に交換。

コレは横ズレし難くて気に入っています。


グリップ位置がだいぶ上がって手前に来ましたね♪


車格からしても幅詰め過ぎはよくありません。

リアタイヤは端まで使えていないのが写真からもわかります。

まぁ必ずしも端っこまで使う必要があると言うわけではなく・・・フロントと比較してみましょう。


リア対してフロントは端までぎっちり減っていることからも、乗りにくさが伺われます。

見た目的にも雰囲気出てきましたが、

この極端な前乗り状態をさらに改善すべくフロントのサスをいじっていきます♪



それではみなさまごきげんよう♪




0 件のコメント:

コメントを投稿