2014年10月23日木曜日

外装の組みなおし。


みなさまおはようございます。

塗装が仕上がって生まれ変わった外装。


いよいよ外装を載せる。

しかし外装が無い間にフレームもスイングアームも変わったので、

改めてマウント位置の見直しとマウントの製作を。


アクスルの中身も全部つける。

キャリパーは下に。トルクロッドはロッドエンドを使ってフローティングマウントにする。

プライマリー後ろに空間があるのでそれを埋める意味も・・・・

切削跡がピンピンのサポートはエッジを落として鋳肌加工。


再度ホイールセンターとチェーンラインを確認して・・・・・


フェンダーの位置を出す。


タンクのマウントも作り直す。

塗装が完成してしまっているので、

以前のようにビタビタのクリアランスではなく、とにかくタンクへの当たりをやわらかく。

点付け溶接でも塗装は燃えてしまうので、タンクにマウントをつけたまま金属パテで仮固定する。

点付け後にパテを剥がして本溶接。

直ちに人体に影響がありそうな煙が出るけど、これなら位置もしっかり出るし塗装も燃えない。


一切ダメージなく固定できました。

こういう作業は緊張するなぁ。


お次はシートベースの製作用に型紙を切る。

やりたい事はまだまだあるけれども、

とにかく外注に出さなければならない作業を最優先かつ迅速に。


外装ができる前にも紙を切ってたけど、全然うまくできなかった。


フレイムスも少し見えるように。


もう少しシャープにしたい。

というかシャープにできるなぁ。


まだまだ追い込める。



反省点も多く見えてくるけれども、今は横浜に向けてこのバイクを少しでも良くしていく。


がんばりましょう。







0 件のコメント:

コメントを投稿