2014年4月1日火曜日

PCVバルブ清掃とタイヤ交換


みなさまごきげんようでございます。

我がハイエース、最初は燃費が街乗りで6km/L、高速でも7km/Lでしたが。

色々と手を入れてから高速で9.5~9.7km/Lまで回復致しました。

これは大変喜ばしいことなのですが、オイル交換から3000kmと少しで・・・・

高速走行中にオイル残量の警告灯が点灯しやがりましたよ。

SAで確認するとディップスティックの先っちょに少し着くくらいしかオイルが残っていない。

出先でよくわからないのでとりあえずオイルを適当に継ぎ足して帰ってきて、

一度オイルを全部抜いてから少しずつオイルを入れていくと、

2L入れたところでディップの先にオイルが付着することがわかった。

約3000kmで1.5Lオイルが消えてる。


それほど激しくオイルが燃えている様子も無いし、調子だって良いのだが。

さてステムシール交換かピストンリング交換かよと思いましたが、初心に帰ってPCVバルブを点検。

まぁご覧の有様でした。

固着しているのをヒートガンで暖めて取り外したのでバルブは動くようになっていたが、

実際にはバルブも固着していた可能性が高い。


清掃したら開度も増えた。

これでオイル消費量が少しはマシになってくれれば嬉しい。


調子も良いし燃費も悪くない。

まぁ、どうしてもオイル減るならオイル継ぎ足しながら乗れば良いかと思う。

ひとまず様子見です。



で、継ぎ足すわけにはいかないのがタイヤですわ。

片減りはともかくとして、


このヒビヒビは怖い。

なによりこないだ伊勢湾岸道で横風に煽られて車が斜め前方に滑った。

当て舵してるのにですぜ?

なので交換する。


ストックの鉄ホイールに組む(手組み)。

ハイエースはウチのジムニー1600と同じPCD139.7の6穴なので、これは有難い。

こういうバセットタイプのホイールは数種類あるけど、このメーカーのが一番好きだ。

ハイエースには定番のホイールですね。


タイヤはミシュランのバンタイヤを。

これはライフも長くて、乗り心地もちょっとだけ良くなる素敵なタイヤです。

大きなギャップなんかで、「よいしょー!ぼよよ~~~~ん」

というのが、「ぽよん♪」くらいになりますw


サイズは純正の195/80R15

車高を下げる気もないし、メーターも狂わないし。

7吋リムでチョイ引っ張りです。


やっぱりハイトのあるタイヤが好きだなぁ。

そしてミシュラン、縦溝と横溝の関係がアドバンレーシングレインみたいじゃないかw


ちなみにこれはオフセット-10の8吋リムに225/70R17でフェンダーから10mm入れてある。


こっちは245を4.5吋リムに詰め込んでフェンダーからはツラに。

サイドウォールの形とホイールの張り出しを考えて決める。

その車両のキャラクターもあるし。


純正セットアップだと電車みたいですから。

(この写真はOM-D。それ以外はTG-1です。)



このくらい踏ん張ってもらわないと。


良くなった。

しかしフロントはちょっとナロードしたいくらいだなぁ。




トーションバー締めて5ミリくらいフロント上げてもいいかな。

あとこのデカい顔を小顔にしようそうしよう。



ってなわけでバイク作るのでバヨナラ!






0 件のコメント:

コメントを投稿