2019年2月9日土曜日

HOT ROD CUSTOM SHOW 2018 #36






DAXなワケです。

これは大事な事で、誰がどう見てもDAXであって誰が見てもソレと判る。

大改造されているけど、別物に変えてしまう事はしない。

スイングアームを溶接してリジッドにしてありますが、あまり気になりませんね。

シートをアメリカンダックスっぽい感じにしてあるのも狙っていると思われます。

これ、フレームをセクショニングして真ん中抜いてしまうのも面白いかもしれない。


所謂横置きエンジンですが、これだけ起き上がってくると別なエンジンに見えますね。


ホイールはワンオフ製作物で、突っ込む所がわかっていらっしゃるのは流石ですね( ´∀`)

10インチという小ささなワケですが、

アクスルシャフトが太く見えるくらいにフォークが細いです。


ナローなフロントエンドを細く見せない作りというのがナローなバイクの基本で

そこら辺もしっかり守られていますね。

っつーかクランクケースの幅が広く見えちゃうくらい細いんですが。

もうこのサイズ感になるとグリップすら太過ぎるくらいで、コリャ大変です。

小粒ながらワルいバイクですねぇ。


こちらもサイズ感がどこか違う雰囲気のモンキーで

地味に地道に手を入れられていて、RATさんの真骨頂といったところですね。


エコワンのホイールかな。

私、部品に関して全く無知ですのでマニアックなツッコミは勘弁してくださいね( ´∀`)

それにしてもこのチェーンアジャスターはシンプルで綺麗な形していますねぇ。


で、マニアックな事はよくわかりませんが

なんかゴチャゴチャしたカスタムモンキーなんかより

こっちの方が好きなのは間違いないです( ´∀`)


ターンアウトも凝ってるしウインカーはショックの頭に埋めてある。

うーん、小さいバイクもまた作りたいなぁ。



コアマシンさんとこのトラ。


トラもいいよね〜と眺めておりましたが


その隣がBSAで、正直私はこっちに目が行ってしまいトラの写真が2枚しか無いです。


恐らくBSAのA65で、私はこのエンジンがとても好きです。

A70なのかもしれませんがどっちも好きです。


車両構成はシンプルでというか、未完成なので余計にですが

エンジンがカッコ良いのでこのくらいサラサラ感がある方がステキな気分です。


バナナシート調のシート。


で、キャストホイールで非常に軽快ですね。


トップブリッジのゴツゴツ感もいいな。


クランクケースのヌルリ感と腰上のフィンフィンがタマラン。

コレは本当に最も好きなオートバイ用エンジンのひとつであります。

まぁ見た目だけの話ですが、この排気量のエンジンが気持ち良くないワケないですしね

どこかにベース車転がってないだろうか。。。


やってみたい事なんて、多すぎてキリがありませんね。




1 件のコメント: