2014年8月7日木曜日

首周りの再構築




ひとまず予定通り首を組み立てました。

何をやったかよりも、どうなったかが問題。


下のパイプが曲がって見えるのは目の錯覚です。

予め角度や寸法が決まっている部分が多いので自由度が少ないけれど。

エンジンが降ろせるギリギリの隙間を設定したら後はもうなるようにしかならない。

ここから細かく調整してツメていく。




わかりやすい写真があった。


これでもトップチューブの中心線の位置は変わっていない。

首が小さくなったのは良いが少しボリュームを調整してやる必要がありますね。

エンジンが降ろせるか確認しつつ、もう一度パイプの曲げからやり直してみるつもりです。

まだこの段階でもツメれる。


まだまだ。







0 件のコメント:

コメントを投稿