2014年6月13日金曜日

AIR HEART


みなさんこんにちは。

今日はSCNの記事をサボってエボスポ製作記。


ブレーキはやっぱりコレかなと思う。

段つきのカラーを製作すれば使える。

今現在、バイクは一旦バラバラにして

昼間はサンダーと溶接機をがんがん使って細かい部品を作る。

夜はパテをこすったりタンク内を洗浄したり、こういうブレーキやらの採寸をしたりしている。

昼間は夜にやることを考えて、

夜は昼間にやることを考えて、

便所で塗装のことを、風呂場で次のバイクのことを考えて布団の中では決まって変な夢を見る。


リアフェンダーの被りを少し深くする。

ここらへんはちょっとした調整で、他の部分と合わせる作業。

33ナローの幅で色々作っていくと、ある一定の大きさでコレ以上はダメだというラインがある。

そのラインにどうしてもそぐわないのがエンジンのデカさなのだけれど、

それはハナから解っていたことだし、エンジンが走ってるみたいな雰囲気でいい。

でもちょっとだけ、調整できるところは最大幅を狙って調整しておく。


5mmかな。

ホイールが出来てきてから切る。

他の部品たちとの駆け引きの世界かと思う。

フェンダーはペラペラだから半自動は大変。


そしてホイールといえばスポーク。

リアは新品のスポークを用意したものの・・・・・


クロームなのはイイとして、元のスポークとは何か雰囲気が違う。


ああ、この段が嫌いだ。

こんなところ、ハブの根本だから殆ど見えはしないのだけど・・・・

しかしこの段は嫌いだ。

嫌いな部品をわざわざ組む必要はなかろう。


なのでギトギトに汚れた元のスポークを一本一本綺麗にして、

さてスプール用スポークと共にメッキ剥がしに出そうと思います。








0 件のコメント:

コメントを投稿