2018年2月21日水曜日

フロントまわりリフレッシュ。


みなさまごきげんよう♪

FXSTリフレッシュ作業フロント編です。


タイヤはリア同様に使用限界。

ハンドルも重たく、フォークもブレーキもブワブワでして。


ステムを含めたベアリング関係もメンテナンスしておきますが

ココが固着しておりまして。。

やんわりと抜き取りましたが、この辺は定期的にバラしておいた方がいいですね。

メッキが乗っていなかったりするので注油も効果的だと思いますが、

キャップのラバーシールがありますので適したものが良いでしょう。


フォークオイルはドレンボルトからではなくバラして全抜き洗浄。

液量ではなく油面で管理するようにします。


ブレーキはキャリパーピストン清掃、揉み出しにパッド交換。

リアと同じくシンタードです。


フロントタイヤもミシュラン・コマンダー2 に。

元のホワイトリボンは径が大きく見える利点はありますが。

ここは黒くビシッと。


そしてポジションがしんどい&ラバーブッシュがヘタってガクガクのハンドルですが。


バシッと交換。

ソリッドマウントに変更し、溶けていたグリップは神戸グリップ2型縦溝に。

クロームが脱皮していたブレーキレバーも交換しまして。


ライザーはオフセット分割ライザーにしてハンドルを少し引きます。

この少しのセットバックが効いてくるんですよねぇ。

メッキの多いバイクに敢えてパーカライズド。

この組み合わせも結構オシャレだと思います♪


パッセンジャー用にシッシーバー立ち上げ。

サイドプレートは純正、アップライトはクロムワークス。


テールランプはご希望の品を。

純正同様にマウント出来るようにブラケットをこさえて取り付けしました。

取り外しもフェンダーを装着したまま可能なようにクリアランスを取ってあります。

こうしておけば飽きたら純正にも戻せますしね♪


以前は低いコブラシートでフォワードコントロールに高いハンドル、上を向いたレバーと

ポジションに無理があり外乱に弱い設定でしたが


シート高が上がりハンドルは低く、手前に来まして

適度に肘が曲がり抑えの効くポジションになりました。


体格にもよりますが、フォワードコントロールですとステップ加重が効きませんので

車体を押さえ込める余裕のあるハンドル、ホールドの良いシートは重要です。


改造した感がどんどん減っていっていますがw

グリップするタイヤ、きちんと効くブレーキに仕事するサス、しっくり来るポジションで

まぁ普通のバイクになっただけなのですが、スタイルも確実に良くなりました。

初のハーレーとはいえ、オーナー様はバイクを良く知っておられる方ですので

試しに跨がって頂きましたところ大変喜んで頂けました。

この後は油脂類の全交換と、キャンプ用キャリアの製作へと進みます。


それではみなさまごきげんよう♪



0 件のコメント:

コメントを投稿