2018年2月16日金曜日

スイングアームペイントと黒づかい。


みなさまごきげんよう♪


総剥離してサビや塗膜を除去しましたビラーゴ750のスイングアーム。


下地を整えまして防錆プライマーを入念に吹き付けまして。


防錆プライマーを研いで足付けしましたら、今度はサフェーサー塗装。


サフをまた研いで下地を作り、ベースコートを吹いたら

最後にクリアコートを入れましてようやく塗装完了です。


このスイングアームもフレーム同様に、単なる黒ではなくパールブラックを

フレームより多めのパールで吹いてありまして。


パールとは言っても、見た目には光が強く当たらないと分からないレベルで

通常は普通の黒色にしか見えない程度のものです。

ビラーゴ750の場合、フレームを含めて表面積が非常に大きいですから、

こうした少しの色づかいと言いますか、黒づかいは結構効いてきます。

艶加減以外に、パールやフレークの使いようも中々面白いかなと個人的には思います。

シルバーのスイングアームが黒くなってかなり引き締まると思うと

組むのが楽しみですね♪

この後ペイントの完全硬化を待ちまして、車体の組み上げと外装塗装へ進みます。


それではみなさまごきげんよう!




0 件のコメント:

コメントを投稿