2017年2月24日金曜日

水源。


みなさまごきげんよう♪


2月も終盤にさしかかり、この高砂ベイエリアの景色とももう少しでお別れ・・・・

できるのかどうか、車両製作や修理に追われつつも新天地での作業も並行していきます。


東側の山は杉の木が伐採されてスッキリしていました。


家の方はと言えば崩壊が進んでますが・・・このコンクリートルームには悩まされます。

今日はぶった切ってしまった水道管に蓋をしてひとまず水道が使えるようにしつつ


壮絶な量の草たちを片付けていきます。

100kg分は「ゴミ」として処理しましたが、残りは考え方を変えて土に還していくことにしました。

東側の山の持ち主は前の家主さんですので、草を山に持っていって土に還すという訳です。

当然、草に混じっているビニール手袋や紐、カメムシを入れた瓶とか

自然界に無いもの、土に還れないものは分別していきます。

こうやって分別してみると、刈った草は「ゴミ」という認識の間違いに気付きますね。

そして「ゴミ」の製造元は土に還る事ができるはずの人間であることも。


倉庫兼くつろぎスペース前に積まれていた草や枝類もこれにて綺麗に片付きました。


中も軽く清掃しますがまだ新しいので楽チンです。


壁面は作りかけですが、立派な梁も入っていて雰囲気の良い空間です♪


向かいのコウバ内に置いていた草も片付きました。

ここは新たに床を塗って電気工事の予定です。


とはいえ導入路の片付けはまだまだ続き、山側からなだれ落ちておくる草や葉もまた膨大です。

とにかく山と家の境界をここらでハッキリさせておかないと・・・・

人工物など軽く飲み込まれてしまいます。

これまた草や笹の葉をえっちらおっちら山へ運んでいきますが・・・・


そういえば山から塩ビパイプが突出している事を思い出しました。

仲介してくれた不動産屋の社長さん曰く、前の家主さんが湧き水を引いたのだとか。

雪どけ時などはブシュブシュと音を出していましたが、草を分けて見ますればバルブが出現。


そして草で覆われていてわかりませんでしたが、石垣の間に桶が作ってある。


折れ曲がったパイプを切断すると勢いよく水が流れてきました。


不動産屋さんには山の上の方に水源があるよと言われていたのですが・・・・


よくよく見れば、伐採された杉の木の間に明らかな人工物が。


丁度下見に来てくれていた電気屋さんと共に山に登って確認します。

コンクリートの構造物は水を貯めておくタンク、ドラム缶はオーバーフロー分を他所へ流す役割。

オーバーフロー分はバイク倉庫脇に配管が走っています。


水源は更に上のようですが、配管の横からもどんどん水が湧き出ています。


覆いのトタンが傷んできているので要交換ですが、しっかり作られていますね。


我が家からは結構な高低差がありまして

さらに上方にある水源から水を引いてきて、貯水槽まで作って水を得る。

これは相当な労力、そして何より何が何でも水を引くんだという確固たる決意無くしては成し得ません。

前の家主さんは器用な方で、溶接などもこなすバイタリティ溢れる方だったとお聞きましたが、

本当に頭が下がる思いです。


少し下がったところからの母屋。

水を引く際は目標地点として見られていたのでしょう。


コウバとバイク倉庫。

前の家主さんのお陰で湧き水というひとつのライフラインを得る事ができましたが

もっとほかの、湧き上がる不屈の精神を伝授されたようで感慨深いです。


溢れると言いますればコンクリートルームは漏れっぷりが加速するばかりでして


それでも水源はどうやらこの一箇所のようです。

頭の中で色々と考えていると、あまりにボロくてどうしようかと思い悩んでしまったりするのですが

やっぱり見れば見るほどに、知れば知るほどにこの家が好きです。


電気もつくようになりました。

ほんのちょびっとのことが嬉しかったり楽しかったり

きちんとこの家を引き継いでいかねばなりませんんね。


改めて固く決意した一日でした。

そんなワケでみなさまごきげんよう!




0 件のコメント:

コメントを投稿