2016年11月4日金曜日

ショベルFXR二次エアー修理等。


みなさまごきげんよう♪


さてさて丁度一年前にキャブの設定変更をさせて頂きましたショベルFXRくんです。

外装の変更やオイル交換などで定期的に作業させて頂いております。


相変わらずガンガン走られておりますが調子を崩してきているようでして

不具合箇所の修理と細かい改造を承りました。

実際に乗らせて頂いて確認しましたところ


盛大に二次エアを吸っているのでインマニシール交換です。

シールは案の定劣化していますね。

それにしても液体ガスケットで隙間を埋めてありますが


ねちょねちょして気持ち悪いので綺麗にしておきます。


マニホールド内も血しぶきが・・・・


こちらも血痕を除去しまして


シールは左右違うのが入っていました。


CVキャブを取り付ける為のフランジアダプターも切れていましたので


新品部品で液体ガスケットは使わずに組み直して二次エアはあっさり解消です。

ミクスチャーも少し調整しておきました。


そして追加作業のエアダム取り付け。

しっかり位置決めしていきますが


Pクランプとボルトで取り付けるようになっておりますが

ナットを探しても何処にもありません。

入れ忘れかと思い取説を参照したらナット無いのが標準のようですw


ナット無しで固定できるものなのか試しましたが、どうしてもダメなので・・・

ナイロックナットで固定しておきました♪

同時に純正オイルクーラーも装着。

さすが純正だけあって、オイルポンプの能力を考えるとこのくらいのサイズになりますね。

エアダムはFRPではなくABS樹脂製の良い品ですね。

下顎が出っ張ってカウルとよく合ってると思います♪


続いてサイドカバーを開けまして電装系。

FXRはシート下やフェンダー上ではなく、

こんなところにサーキットブレーカーやリレーが収納してあるんですね♪


オイルクーラー装着で行き場を失ったETCをサイドバッグ内に移動しました。


そしてなぜかウインカーモジュールが装備されておりまして、リレー化のご依頼。

スイッチオフにしてもしばらく点滅を続けますので

車線変更時なんかは鬱陶しいですね。


ウインカー関係の配線を確認してモジュールはハーネスごと撤去しまして

安いリレーに置き換えて作業完了です。


さらにフロントブレーキスイッチの取り付け。

配線はいつもどおりの処理です。


リアブレーキスイッチの配線被覆は硬化して割れていましたので修理しておきました。


あとはプッシュロッド調整とハンドルポジションも若干変更しまして

これから寒くなってきますので夜間中心に走り込んで調子を確認後にお渡しです。


部品待ちや他車の塗装作業が絡んでおりましたのでお預かりから1週間と2日ほどかかりましたが


毎回お渡し後は無事にご自宅へ帰り着かれたか心配でなりません。

十分に走り込んでいてもトラブルが出てしまうこともありますし

フィーリングは合うかなとかポジションはどうかなとか

オーナー様に満足して頂けるまでは作業完了とは言えないものです。



今回は無事に調子の戻ったバイクに喜んで頂きけまして一安心です。



ありがとうございました♪




0 件のコメント:

コメントを投稿